昔なつかし「鳥もち」をヒントにした空気清浄機。空気中のウイルスや細菌を捕獲して2時間で99.9%分解してしまう。

  • 空気清浄機「アースプラス」0
  • 空気清浄機「アースプラス」1
  • 空気清浄機「アースプラス」2
  • 空気清浄機「アースプラス」3

信州セラミックス

アースプラス

サイズ幅37×奥行18.5×高さ48.5cm、コード長さ1.8m
重さ5.4kg
適用床面積18畳以内
消費電力3.5W〜41W 電気代目安1.11円/時(ターボ)
材質ABS
製造国日本

5年間無料修理はフィルター・コード除く

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
ABSなし塩化ビニル塩化ビニル段ボール、ポリ袋(PE)、発泡スチロール

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
3.5W(静音)・9W(中)・41W(ターボ)静音で1日24時間、1年間使用すると8760時間11.96kgCO₂828円

昭和生れならご存知でしょう。棒の先にねばねばの「鳥もち」をつけて虫や鳥を捕まえたように、本機はフィルターに塗ってある粘着力の強い抗ウイルス成分「アースプラス」が空気中のウイルスを捕まえてくれるのです。

いま、このウイルス捕獲力が評価されて、全国の医療機関でぞくぞく採用されています。

 一般の空気清浄機のHEPAフィルターは、「直径0.3㎛の網目フィルター」。新型コロナウイルスやインフルエンザは直径0.1㎛ほどなので、せっかく空気清浄機で吸い込んでも取り逃がしてしまうことがあります。
 一方、本機のHEPAフィルターには強い粘着力を持つアースプラス、そう、「鳥もち」が網目の隙間をカバーするように塗ってあります。この鳥もちによって、すり抜けようとするウイルスたちはあえなく捕まってしまうのです。
 ウイルスを捕まえて一件落着、ではありません。アパタイト、銀、酸化チタンでできているアースプラスは、たんぱく質を分解する力があります。ウイルスはたんぱく質でできているので、捕まったら2〜3時間後には分解されてしまいます。
 花粉、黄砂、カビ胞子、PM2.5などはウイルスより大きいので、さらに簡単に捕まえられます。
 この「鳥もちフィルター・アースプラス」は、信州セラミックス(1984年創業)の特許技術。
 鳥もちフィルターの寿命目安は約2年半(静音モード)で、交換用はこちら
※本機は医療機器ではありません。

テスト条件

インフルエンザウイルス残存テスト……アースプラスHEPAフィルターとアースプラス加工なしのHEPAフィルターに季節性インフルエンザウイルス(A型インフルエンザウイルスH3N2)を付着させて、2時間後のインフルエンザウイルス残存率を測定した(15年8月6日〜9月9日実施)。また、メーカーのウイルス細菌研究室で同条件の評価テストを行ない、その結果を撮影した(15年6月2日〜5日実施)。(検査機関:(一財)日本繊維製品品質技術センター)

スギ花粉アレルゲン分解テスト……アースプラスHEPAフィルターとアースプラス加工なしのHEPAフィルターにスギ花粉アレルゲン溶液を添加し、3時間後の溶液のアレルゲン濃度をELISA法にて測定した。未加工HEPAフィルターのアレルゲン低減率30.3%に対し、アースプラスHEPAフィルターは93.3%低減した(17年8月28日〜30日実施)。(検査機関:東京環境アレルギー研究所)

豚コロナウイルス残存テスト……アースプラスHEPAフィルターとアースプラス加工なしのHEPAフィルターに豚コロナウイルス(ブタ流行性下痢ウイルス)を付着させ、2時間後の豚コロナウイルス残存率を測定(21年3月22日実施)。(検査機関:(株)信州セラミックスウイルス細菌検査室)

「ウイルスに対するフィルターの効果が明確に示されているので、9年前から採用しています」

小児科医 平林淳朗さん(平林医院院長・長野県安曇野市)

 うちは内科・皮膚科・小児科が専門で、患者さんの多くは免疫力の低い乳幼児と高齢者です。コロナ禍で、診察室ではシールドを設け、お互い距離を取りマスクをしていますが、飛沫感染には敏感になります。かといって一日中窓を開けっ放しにすることもできないので、6台採用しているこの『アースプラス』が安心材料の一つになっています。
 毎度感心するのはセンサーの感度の高さです。診察室に患者さんが入ってくると「ブーン」といって、すぐにターボ運転を始める。空気中に舞ったホコリや飛沫を感知しているんでしょうけど、ウイルスはホコリや飛沫にくっついて移動するから、この敏感さは頼りになる。これを採用してから、私を含めて職員はコロナはもちろん、インフルエンザにもかかっていません。


「クリニック新設に併せて3台導入しました。がん研をはじめ多くの病院が採用しているのが導入の決め手です」

大沼圭さん(曙橋よつばファミリークリニック院長・東京都新宿区)

 昨年(21年)、曙橋に内科・小児科を専門としたクリニックを開設しました。コロナ禍真っ只中ということもあり、飛沫感染対策として天井に大学病院で採用されている高性能の空調機を設置しました。
 肝心の診療室に置く空気清浄機は、何社か比較検討し、最終的にこれに決めました。国立がん研究センターをはじめ数多くの病院がこれを採用し続けているのは、確かな性能があってこそ。ウイルスを捕獲、分解するフィルターのエビデンスがここまで明確に示してある空気清浄機は、私が知る限り見当りません。
 こまめに換気をしたいのですが、会話が待合室に聞こえないよう出入り口のドアを開けっ放しにはできないので、これの空気清浄力が頼りです。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください