ガバッと開く大人気のチリトリ型。老眼世代でも小銭をすぐに拾い出せます。

  • マルチパーパス・アクア0小ぶりでもたっぷり入る。しかも見やすく取り出しやすい。
    硬貨25枚、紙幣15枚、カード12枚、レシート10枚
    (編集部調べ)
    画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア1画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア2上:仕切りがあるのでレシートと分けても収納できる。
    下:カードが両脇に6枚、まん中に6枚入る設計。
    画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア3畳むと10×11.5センチとコンパクト。画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア0
  • マルチパーパス・アクア1
  • マルチパーパス・アクア2
  • マルチパーパス・アクア3

山藤

マルチパーパス・アクア

ワイン、オリーブ、イエロー、シャンパンゴールド
サイズ(約)幅11.5cm、高さ10cm、マチ幅3cm
重さ約100g
素材牛革(裏地はレーヨン)
ポケット紙幣用2、硬貨用1、カード用12、多目的用1
製造国日本

環境チェック情報

主要材料原皮原産国生産国保護条例梱包材
牛革アメリカなし不織布(PA)、厚紙

 これだけ小銭を取り出しやすい二つ折り財布はまず見当りません。老眼読者、指先の細かい動きが苦手になってきた読者からの支持を集めているロングセラーです。画像1枚目をごらんになれば、本品の「小銭の取り出しやすさ」はすぐおわかりになりますね。この“チリトリ”、片手がすっぽり入るほど大きいから、ガバッと開いて軽くゆすれば小銭は取り放題。

小銭がすぐに払えるから、スーパーのレジでまごまごしない。

 いちど本品を使って、小銭の取り出しやすさに感動した人の多くが、2個め、3個めと色違いを追加申込みしてくださいます。いわく、「もう、ほかの財布は使う気になれない」。
 それもそのはずで、小銭入れを開いたら、5本の指を滑らせて、必要な小銭をつまみ出すだけ。スーパーのレジで、後ろに並んでいる人を待たせることもなくなります。小銭から使っていく習慣がつくので、財布が小銭でパンパンになる心配もありません。
 編集部で「ここまで入れてもパンパンに膨らまない」収納量を調べたところ、「硬貨25枚」「紙幣15枚」「カード12枚」「レシート10枚」を入れてもまだ余裕がありました。畳むと10×11.5センチと小ぶりです。

高級感のある上質な牛革はとても柔らかくて手になじむ。

 革小物ブランド「アクア」で知られる老舗、山藤(1899年創業)の職人さんたちが、1個ずつ丁寧に縫い上げています。
 革は上質な北米産の牛革。丹念ななめしによってとても柔らかく仕上げてあって、手で触ると吸いつくようになじみます。この革、小銭入れの底にまで貼っているぜいたく仕様。
 札入れは仕切りつきで2室に分かれているので、レシートを整理するのもラクです。キャッシュレス時代に増え続けるカードは12枚分の収納ポケットに整理できます。
 留め具は片手で開閉ができるボタン式。折り畳んだときのマチ幅は薄めの3センチ。
 ワイン、オリーブ、シャンパンゴールド、イエローの4色。

「指先が熊手になったように小銭をかき出せるから、他の財布を使う気になれません。」

愛用歴13年 岸本葉子さん(エッセイスト)

 このチリトリ型はすぐれ物だと思います。エッセイ(『買おうかどうか』双葉社)にもたっぷり書きましたが、こんなに「ガバッ」と大きく開く小銭入れは見たことがありません。不本意ながら老眼が進んでしまいましたが、一円玉も五円玉もすぐ拾い上げて、すぐ支払える。スーパーのレジでずっと感じていたストレスが消えてなくなりました。


「『ハイ、689円』…小銭をサッと取り出したら横にいた友人の目がまんまるになりました。」

愛用歴6年 冨田喜美子さん(横浜市)

 友人たちもみんな同世代ですから、通販生活で買えるわよって教えてあげました。私自身、このイエローが2個め。これ以外のお財布は使う気になりませんから、次もこれにすると思います。ご近所の喫茶店やパン屋さんのように現金のみのところも多いですから、この財布は一目で小銭を見渡して、いの一番に払えるので小銭もたまらなくなりました。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください