老眼世代に人気の理由は、大きく開く「見晴らしのいい小銭入れ」。小銭が見わけやすくてすぐつまめる。

  • マルチパーパス・アクア0画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア1硬貨がたっぷり入って、見やすくて、取り出しやすいチリトリ型の小銭入れ画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア2上:仕切りがあるのでレシートと分けても収納できる。
    下:カードが両脇に6枚、まん中に6枚入る設計。
    画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア3画像を拡大
  • マルチパーパス・アクア0
  • マルチパーパス・アクア1
  • マルチパーパス・アクア2
  • マルチパーパス・アクア3

山藤

マルチパーパス・アクア

ワイン、オリーブ、イエロー、シャンパンゴールド
サイズ(約)幅11.5cm、高さ10cm、マチ幅3cm
重さ約100g
素材牛革(裏地はレーヨン)
ポケット紙幣用2、硬貨用1、カード用12、多目的用1
製造国日本

環境チェック情報

主要材料原皮原産国生産国保護条例梱包材
牛革アメリカなし不織布(PA)、厚紙

 ご紹介して今年で16年め。ここまで小銭入れががばっと大きく開く2つ折り財布はいまだによそでは見当りません。
 写真をごらんください。小銭入れを開くと新書よりも大きい約タテ11×ヨコ18センチの広々空間があらわれます。いってみれば小銭専用のステージ。チリトリのように3辺が革の壁で囲まれていて軽く揺らすと小銭が散って見やすくなりますから、老眼の人もレジでサッと支払えます。本年版から端に「かえし」がついたので、勢いよく小銭をならして落とす心配もありません。
 高級感のあるなめらかな革も人気です。明治32年創業の革小物の老舗、山藤のこだわりで、丹念になめして柔らかくした北米産の牛革を使っています。小銭入れの底まで革なので、小銭をつまみ上げるときの指当りもソフトです。
 カード入れは小銭入れのすぐ横にたっぷり12枚分。お札入れは2部屋。畳んだときの厚みは3センチとコンパクトです。留め具はボタン式で、中の量に合せて2段階に変えて留められます。

 老眼が進んでがま口財布でも硬貨が見分けにくくなっていましたが、これなら小銭が平面で見わたせるので一目瞭然。50円玉と5円玉を間違えることもなくなりました。

(佐藤昌子さん・73歳・藤沢市)


 この柔らかい革が好き。手になじんで滑りにくいので、小銭入れを大きく広げてお支払いできます。薄い1円玉もつまみやすいですよ。

(大類むつみさん・69歳・さいたま市)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください