腹巻と3分丈スパッツが合体した「腹巻スパッツ」。お腹からお尻、太ももまで包んで暖める。

  • 通販生活の発熱腹巻スパッツ0
  • 通販生活の発熱腹巻スパッツ1
  • 通販生活の発熱腹巻スパッツ2
  • 通販生活の発熱腹巻スパッツ3
  • 通販生活の発熱腹巻スパッツ4

藤本コーポレーション

通販生活の発熱腹巻スパッツ

グレーのみ
サイズM〜L、L〜LL
重さ約108g(M〜L)
素材アクリル(ドライノヴァ)・ポリエステル・ウール・合成繊維(モイスケア)・PUR
洗濯方法手洗い
製造国日本
サイズ適応ウエスト適応ヒップ
M〜L64〜77cm87〜100cm
L〜LL69〜85cm92〜105cm

環境情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下〇(手洗い)ポリ袋(PP)

 『発熱ソックス』と同じ、吸湿発熱繊維「モイスケア®」を約9%混紡しています。生れた熱をドラロンウールが溜め込むのも、靴下と同じ仕組みです。
 生地の厚みは約1ミリ。ウエストと脚ぐりはリブ編みでよく伸びるから、締めつけずにフィットします。縫い目がないホールガーメント®でゴロつきません。
 今年からL〜LLサイズが登場。 製品化は藤本コーポレーション。
※「ホールガーメント®」は株式会社島精機製作所の登録商標です。

発熱テスト

室温20℃・湿度40%の環境室で本品・比較品をマネキンに着せたのち、室温20℃・湿度90%の環境室にマネキンごと運んで、サーモグラフィで撮影した(21年8月25日〜9月17日実施)。(検査機関:ユニチカガーメンテック(株))

「暖房なしの紙漉き場でも、お腹が冷えない。腰までホカホカしてきます」

岩野麻貴子さん(越前和紙・紙漉き職人・53歳)

 昔から「紙は寒漉き」と言われ、12月から3月は一番忙しいシーズンです。大正15年に建てられた漉き場はすき間風が入り、午前中はマイナス5℃まで冷える日もあります。水温が上がると紙の質が落ちるので、暖房はつけられません。
 手も冷たいですが、私は子どもの頃から胃腸が弱くて、お腹の冷えが一番つらい。キリキリ痛むお腹に気を取られて紙が歪んでしまい、深く反省。去年の12月からこの腹巻スパッツをはき始めました。
 厚みはそれまではいていたウールのスパッツと変わらないのに、お腹に手を当てられているみたいに暖かい。水の中に入れた漉き桁けたをゆすると水しぶきが飛んで、濡れた床から冷気が立ち上ってきますが、お腹周りは暖かいままです。
 胸の下に届くこの長さもよくて、腰までホカホカしてくるのがありがたい。中腰で漉き桁を振るい続けていると冷えた筋肉がこわばって腰がズキッと痛むことがありましたが、痛みがだいぶ減りました。
 作業を終えて事務所へ戻ったあとも腰が軽い感じ。漉き場ほどではありませんが、ヒーターをつけても22℃くらいにしか暖まらないのでブランケットを腰に巻いていましたが、いらなくなりました。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください