5本の指をグンと広げて地面をつかむ解放感は、ほかの靴では味わえない。

  • ヤコフォーム0
  • ヤコフォーム1
  • ヤコフォーム2
  • ヤコフォーム3
  • ヤコフォーム4
  • ヤコフォーム5

独・ビオライン社

ヤコフォーム

ブラック、ブラウン
※スタンダード、ショートブーツ共通。
サイズ22.0~28.0cm(ワイズ3E相当・男女兼用)
※スタンダード、ショートブーツ共通。
重さスタンダード:約290g(23.0cm、片足)
ショートブーツ:
ファスナー/約300g(23.0cm、片足)
面テープ/約300g(23.0cm、片足)
素材スタンダード:牛革(ソールはポリウレタン)
ショートブーツ:ヘラ鹿革(ソールはポリウレタン)
製造国チュニジア

環境チェック情報

主要材料原皮原産国生産国保護条例梱包材
スタンダード牛革ドイツなし厚紙、紙
ショートブーツヘラ革鹿フィンランド、スウェーデンなし厚紙、紙

 幅広の健康靴の競合品は何種も出回っていますが、本品と比べたらほとんどが「足指ゆったり」ではなくて「ゆったり気味」。足指が内側のどこにも当らない革靴なんて、本品以外にはめったに見当らないはずです。
足指をグッと開いて、はだしで芝生や砂浜を歩くような気持ちよさをぜひ、味わってください。

5本の指を広げて歩く解放感は、ほかの靴では味わえない。

 たいていの靴はつま先に向かうほど幅が狭くなっていきますが、ここであなたの足の形を見てください。つま先のほうが広くなっているはずです。靴を履くと窮屈感を感じてきたのは当然です。
 本品はつま先に向かうほど幅が広がっている足先ゆったり靴です。5本の指を靴の中でグッと広げながら歩けるので、地面をしっかりと掴むような感覚で歩けます。
「かぎりなくはだしに近い履き心地」を目指してコペンハーゲン体育大学のヨルゲン・ケラー教授(当時)が本品を設計し、ドイツで発売されたのは1977年。超がつくロングセラーです。

着地の衝撃は厚さ2cmのドイツ製ポリウレタンソールが吸収。

 素材は牛革で、柔らかくなめしてあるソフトな革を丈夫なモカシン縫いにしてあります。
 中敷は土踏まず部分が大きく盛り上がっていて、足裏アーチを支えてくれます。
 ソールは厚さが2センチもあるポリウレタンソールで、着地の衝撃をしっかり吸収してくれるので、長時間歩いても疲労が蓄積しにくくなっています。
 さらに柔らかいヘラ鹿革のブーツタイプもあります。面テープ式なので履き脱ぎはラクです。

ソール交換は12,100円で承ります(税込・商品返送料含む)。

古いソールを剥がして整形し直したうえで、新しいソールを接着。革をクリームでお手入れし、3〜4週間で返送します。まずは小社「商品ご相談課(0120-701-567)」にお電話ください。

「幅広で扁平な僕の足にヤコは抜群に相性がいい。初めて履いたときから靴擦れなし。」

愛用歴4年 夢枕獏さん(作家)

 こんなラクな革靴があったのかと驚きました。それ以来、散歩に旅行にさんざん履いたけど、足場のわるい場所ほどラクに歩けるところがすごい。革靴でって驚くかもしれないけど、趣味の川釣りに行くときに、釣れるポイントを探して川原を2時間も3時間も歩くことがある。思い切り足指を開いて踏ん張れるから、足場がわるくても足が前に出せる。


「かかとがすり減ってきたので修理に出したら、新品同様になって戻ってきました。」

愛用歴7年 大平一枝さん(作家)

 7年前に取材用としてこれを履き始めたら、すっかり手放せなくなりました。変形性股関節症の持病があるので、ヒールは厳禁。でもスニーカーでは取材相手に失礼なこともあるので、どの取材もヤコフォームばかりになってしまいました。足指を大きく開いて歩けるのと、かかとが分厚いせいか、ずんずん歩いても股関節にひびきません。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください