• スタンダードタイプ、ブラック。男女兼用。
  • スタンダードタイプ、ブラウン。男女兼用。
  • ショートブーツ:ファスナータイプ、ブラウン。男女兼用。
  • ショートブーツ:ファスナータイプ、ブラック。男女兼用。
  • ショートブーツ:面テープタイプ、ブラウン。男女兼用。
  • ショートブーツ:面テープタイプ、ブラック。男女兼用。

指が広がるとこんなにラク。つま先ゆったり靴の先駆的存在。

5本の指が靴の中でのびのび動く。はだしのように歩けるこの解放感、ふつうの靴では味わえないはず。

ただの幅広靴なら街でも見かけます。本品は、つま先がすばらしく広い「限りなくはだしに近づけた」靴です。

開発者はコペンハーゲン体育大学の故J・ケラー教授。77年からドイツで販売されている超ロングセラーです。先端をつま先に合わせて扇状に広げてあるので、足指を思いっきり開いて大地をギュッとつかむ.……そんな人間本来の健康的な歩き方ができます。

ソールは厚みが約2cmもあるポリウレタン製で、着地の衝撃を吸収してくれます。中敷きは足裏にやさしくフィットするフェルトパッド入り。中央部がアーチ状に盛り上がっているので、土踏まずを支えてくれます。ラクな履き心地なのでスニーカーのように軽快です。

独・ビオライン社の職人さんが丈夫なモカシン縫いで一足ずつ丁寧に仕上げています。

スタンダードとショートブーツ(ファスナー式と面テープ式)があります。ショートブーツの面テープ式は甲の高さに合わせて調整できます。

足先がすぼまないからしっかり5本指で地面をつかんで踏み出せる。

ソールは衝撃を吸収するポリウレタンフォーム。中敷きの土踏まず部分は盛り上がっているのでアーチを支えてくれる。

「おい一琴、なんだその靴?」窮屈ぎらいの小三治師匠、
“つま先広々”に注目…いまや師弟そろって愛用歴25年。

小三治ヤコと俺たち、もう25年のつき合いか。

一琴私は50歳なので、人生の半分をヤコと歩んできたわけですね。はじめて買ったときはまだ前座。3万円もする靴を買うのはドキドキしたなぁ。

小三治安いもんじゃないからね。しかしそこまで思い切ったってことは、一琴も靴に悩んでたんだな。

一琴そうなんです。足の幅が広いもので、ふつうの靴だと親指と小指が擦れてアイタタタ……。

小三治俺も幅広足は昔っから悩みの種で、靴を履くと窮屈でいけない。押し込められた指がギュッとくっついて、靴とおんなじ三角になっちまう。

一琴よく「足に合う靴がない」とおっしゃってましたよね。だから私のヤコにすかさず反応を?

小三治とんがりのない妙な靴だったからな。まぁ、見た目はともかく、ドイツ製ってんで機能はよさそうだったから取り寄せたんだよ。そうしたらお前、中で指が開くじゃねぇか。いつでも足で掴みかかれる。これはいいと手放せなくなった。

一琴入門して30年、師匠に唯一褒められたのがヤコを紹介したことです(笑)。

小三治こんなに役に立った弟子はいないな。

一琴以来、師匠も私もヤコひと筋――

小三治いや、はじめの頃は浮気した。

一琴エッ。

小三治おかげで靴と女房はキツイと困るってのを思い知った。ほかの靴は幅広に見えても「俺の言うことを聞け、この野郎」と小指をギリギリ締めつけてくる。ところがヤコは無骨な見た目のくせして、足を入れると「好きにしていいのよ」と何ともやさしい。素足で廊下を歩くような解放感、ほかじゃ味わえなかったねぇ。

一琴私もヤコしか履けなくなりました。毎日酷使しているのでソールの消耗が激しい(笑)。

小三治そりゃお前、がに股のせいだろ。俺だって365日履いてるが持ちはいい。万全を期して常に3足は新品をストックしてるけどね。おろしたてでも、スッと足になじむから助かる。存在を忘れるくらい足そのものになるってのかな。

一琴私はソールだけ交換して、こなれて柔らかくなった革の履き心地を引き継ぐのが気に入っています。見た目はちょっとボロですけど(笑)。

小三治へぇ、試してみようかな。しかし一琴、今日のヤコはやけにピッカピカじゃねぇか。

一琴撮影のために磨き込んできましたから。

小三治わかってないねぇ。ヤコの美学は“自然体”だろ。足と靴はありのまんまがいいんだよ。

やなぎやこさんじ/1939年、東京都生まれ。59年五代目小さんに入門。69年、十代目小三治を襲名。14年には人間国宝(重要無形文化保持者)に認定。オートバイやオーディオ、俳句などどれも玄人はだしの趣味人としても知られる。

やなぎやいっきん/1967年、京都府生まれ。88年入門、前座名は柳家桂助。92年二つ目昇進、三代目横目家助平を襲名。94年、若手花形演芸会金賞受賞。01年真打昇進し一琴に改名。

本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品