足の湿気をどんどん熱に変えて逃さないから、つま先までつねに暖かい。

  • 発熱ソックス1標準タイプ・冷えやすいつま先とカカトはモイスケアの混紡率を高めました。画像を拡大
  • 発熱ソックス25本指タイプ・指の間に汗をかいて汗冷えしやすい人向き。画像を拡大
  • 発熱ソックス3特厚タイプ・極寒のアウトドアや汗をかきにくい人向き。画像を拡大
  • 発熱ソックス4ロングタイプ・ふくらはぎまでモイスケアがたっぷり。画像を拡大
  • 発熱ソックス1
  • 発熱ソックス2
  • 発熱ソックス3
  • 発熱ソックス4

発熱ソックス

ブラック、グレー(ロングタイプはブラックのみ)
サイズ 22~24cm、24~26cm(ロングタイプは22~24cmのみ)
素材 アクリル(ドラロン)、ナイロン、ポリエステル、ウール、合成繊維(モイスケア)、ポリウレタン
※「特厚」のみ綿も使用。
洗濯方法 洗濯機で弱水流洗い。
製造国 日本

男女兼用

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)

頑固な足の冷えに
悩んでいませんか。

足先は心臓からもっとも遠いため血液が十分に送り込まれにくく、もともと冷え
やすい部位です。冷えの悩みで一番多いのが「足先の冷え」というのも当然です。

モイスケア発熱ソックスなら、
発熱繊維がつくった熱を
保温繊維がしっかりため込むから
足先の暖かさが
長時間持続します。

本品ならつま先まで暖かい。
これがモイスケア®の“発熱力”

本品
モイスケア発熱ソックス
「モイスケア」不使用品
「モイスケア」不使用品

室温20℃、湿度90%の条件下、(株)ユニチカガーメンテックにて撮影。

「モイスケア」は我が国を代表する繊維メーカー東洋紡が1993年に開発した、足の湿気(汗)をすばやく熱に変換する発熱繊維の元祖。ウールの約3倍も湿気を吸着して、せっせと熱に変えてくれるすぐれものです。

発熱繊維をベストバランスで配合し、暖かさと履き心地を両立。

標準タイプでは「モイスケア」を足首から下の部分に7%、冷えやすいつま先とかかと部分には11.9%混紡しています。モイスケアをもっと配合したほうが暖かいのではと思うかもしれませんが、これがベストな配合率で、生地の厚さは一般の冬用靴下とほぼ同じです。

蓄熱素材も一級品。
「ドラロンウール」が
暖かさを長持ちさせる。

蓄熱(保温)を担うのは、ドイツ・ドラロン社製の「ドラロンウール」。断熱性の高い特殊アクリルにファインメリノウールを30%混紡した特注の蓄熱繊維です。「モイスケア」がつくった熱をしっかりため込んで、足首からつま先を包み込むじんわりとした暖かさが長時間持続します。

肌側の「モイスケア」がつくった熱を
表側の「ドラロンウール」がため込む

「一度履いたら手放せない」
私たちは「発熱ソックス」のここが気に入っています。

岩井希久子さん

愛用歴1

岩井希久子 さん
(絵画保存修復家・66歳)

 絵画保存の適温は18℃前後なので、作業場のアトリエは1年中ひんやり。冷えによるむくみと下腹の痛みに永年苦しんできましたが、この靴下で作業するようになってだいぶラクになりました。
 汗を熱に変えるから、1枚履くだけで暖かいし、何よりムレない。靴下2枚重ねで冷え対策していた頃よりもずっと快適です。

木村かおりさん

愛用歴15

木村かおり さん
(北海道上川郡・56歳)

 この辺りはマイナス20℃を下回る日もあるので、この靴下でないと太刀打ちできません。これまでに55足も注文しました。
 以前は分厚いスキーソックスに冬用ブーツを履いても15分でつま先が冷えてジンジン痛むほどだったのに、この標準タイプなら足の冷たさを感じないまま、雪かきを1時間半やり通せます。

モイスケア発熱ソックスは
通販生活でしか入手できません。

藤本コーポレーション

モイスケア発熱ソックス

  • 標準タイプ

    標準タイプ・同色3足組

    税込3,990(送料275円別)

  • 5本指タイプ

    5本指タイプ・同色3足組

    税込4,990(送料275円別)

  • 特厚タイプ

    特厚タイプ・同色3足組

    税込6,905(送料385円別)

    6mm厚(他のタイプは2mm)

  • ロングタイプ

    ロングタイプ・2足組

    税込4,920(送料275円別)

    ブラック・22~24cmのみ

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください