冷え性治療歴40年以上の高木先生が開発した下腹を暖めて膀胱を刺激しないショーツ。

  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組0
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組1
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組2
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組3
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組4
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組5

高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組

ライトベージュ、ピンク
サイズ:適応ヒップM〜L:87〜100cm
L〜LL:92〜105cm
LL〜3L:97〜110cm
重さ約45g(M〜L)
素材綿29%、ナイロン28%、アクリル25%、
キュプラ17%、ポリウレタン1%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国中国

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)

 冷え性治療の第一人者、高木嘉子先生(ヨシコクリニック・三鷹市)によると、頻尿の一因は「下腹が冷えることで膀胱が刺激されてしまうから」。
 そこで本品は、生地の表側全体に旭化成の吸湿発熱糸「サーモギア」を編み込んであります。同厚のレーヨン混パイル地と比べて、保温力は約1.3倍(一財・カケンテストセンター調べ)。腹巻では暖められないお尻や腿のつけ根までホカホカの生地で包むので、冷えが膀胱に伝わらないのです。
 肌側は熱をしっかりため込むふかふかの綿パイル。高木先生がとくに冷えやすいと指摘する「丹田(おへその下3〜5センチ)」と腰は、パイルの毛足を長くしてありますからいっそうポカポカです。
 パンツスタイルにも響きにくい約1.9ミリの薄手生地。ウエスト部分はゴムを使わないリブ編みなので、お腹もラクです。
 色はライトベージュとピンクの2色。3枚組で、色とサイズは自由に選べます

発熱・保温テスト

室温20℃・湿度40%の環境室で裏返しにした本品・比較品をプラスチック製のマネキンに着せてセットし、室温20℃・湿度90%の環境室にマネキンごと移動させ、それぞれの温度がもっとも高い時点のサーモ写真を撮影した(15年8月7日実施)。(検査機関:ユニチカガーメンテック(株))

「駅に着いたらまずトイレだったのに、これをはいてから頻尿が気になりません」

阿佐美裕子さん(高崎市・52歳)

 3年前からこの発熱ショーツが手放せません。夏もお腹が冷えるたちなので1年中これ。一番の変化は頻尿から抜け出せたことです。以前は自宅から職場のヨガ教室へ自転車で15分ほど走っただけで下腹が冷えてきて尿意が迫り上がり、教室に着くとトイレへ駆け込んでいましたが、いまは先にレッスンの準備ができるほど余裕があります。
 そこまで厚地じゃないのに、はくと3分くらいでヌクヌクしてくるのが不思議。お腹だけ熱くなるカイロと違って、トイレのときに触るとお腹もお尻もポカポカしています。だから膀胱が冷えないんでしょうね。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください