冷え性治療の権威、高木嘉子先生が考案。お腹もお尻もホカホカパイルで包んで、冷えによる刺激をやわらげるショーツ。

  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組0
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組1
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組2
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組3
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組4
  • 高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組5

旭化成アドバンス

高木嘉子先生の発熱ショーツ3枚組

ライトベージュ、ピンク
サイズ:適応ヒップM〜L:87〜100cm
L〜LL:92〜105cm
LL〜3L:97〜110cm
重さ約45g(M〜L)
素材綿29%、ナイロン28%、アクリル25%、
キュプラ17%、ポリウレタン1%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国中国

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PP)

 冷え性治療の第一人者、高木嘉子先生(ヨシコクリニック院長)が考案したショーツです。下腹が冷えると膀胱が刺激されて、トイレが近くなりやすい……そこで本品には、汗を吸って発熱する吸湿発熱糸が表側全体に編み込まれています。さらに肌側は綿パイルになっていて、熱をしっかりため込むつくり。腹巻きでは覆い切れないお尻やクロッチ(股)までホカホカに暖めます。
 同厚のレーヨン混パイル地と比べて、保温力は約1.3倍(一財・カケンテストセンター調べ)。
「女性は子宮と卵巣が冷えやすいので、重点的に暖めるべき」という高木先生の理論に基づいて、「丹田(おへその下3〜5センチ)」と「腰」はパイル地の毛足を長くして保温力を高めてあります。
 生地は約1.9ミリと薄手。お腹はよく伸びるリブ編みなのでラクです。クロッチにパイルがあるので吸水パッドは貼りつきません。

発熱テスト

室温20℃・湿度40%の環境室で本品・比較品をマネキンに着せたのち、室温20℃・湿度90%の環境室にマネキンごと運んで、サーモグラフィで撮影した(21年8月25日〜9月17日実施)。(検査機関:ユニチカガーメンテック(株))

谷あゆみさん(帯広市・55歳)愛用歴3年

 競走馬の調教師という仕事柄、毎朝4時には馬を連れて屋外運動場に出ますが、マイナス 10℃の朝でもこれをはいているとお腹が冷えない。調教中に下腹がブルッとなってトイレへ駆け込むことがなくなりました。夜も当然これで寝ますが、お腹がポカポカだからトイレに起きることなくぐっすり眠れます。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください