ドッと汗が出てもすぐにさらり…綿のやさしい肌触りはそのまま、3.5倍もサラサラ感がアップ。

  • さらあみコットンインナー0
  • さらあみコットンインナー1
  • さらあみコットンインナー0
  • さらあみコットンインナー1
  • さらあみコットンインナー2
  • さらあみコットンインナー3

第一紡績

さらあみコットンインナー(2枚組)

ベージュ、ライトグレー
サイズM、L、LL
重さ約48g(タンクトップM)、約56g(フレンチM)
素材綿100%
洗濯方法洗濯機でネット洗い。
製造国ベトナム
サイズ(適応身長)(適応バスト)着丈
M(154cm~162cm)(79cm~87cm)60cm
L(154cm~162cm)(86cm~94cm)61cm
LL(154cm~162cm)(93cm~101cm)64cm
本当は一年じゅう綿の肌着を着たいけれど、汗をかくとジメジメするから夏は化繊でガマンしていたコットン派の方へ。もうガマンの必要ありません。綿100%で化繊なみのサラサラ肌着、完成です。

 サラサラ感が売りの肌着は、どうして化繊ばかりなのか。
 化繊は種類も性質もいろいろだから、組合せてサラッとさせるのがかんたんなのです。天然繊維の綿はそれがむずかしい……この難題を突破したというのが、繊維の老舗、第一紡績(1947年創業)がつくった本品。さっそく試してみます。
5月27日、東京、32℃。
 外を歩くと5分で額や首が汗ばんできましたが、同じく汗をかいているはずの脇や背中は湿ってきません。汗をスッと吸う感触はたしかに綿なのに、30分歩いても肌触りはさわやか。化繊なみにカラッとしています。第一紡績の坂田さん、これ大発明じゃないですか。
「汗をよく吸うすべすべの綿糸と、乾きの早い凸凹の綿糸、2種類の糸を開発して交互に編み合せることで、綿100%で吸水速乾性を出すことに成功しました。太さも伸縮率も違う2種類の糸を交互に編み上げるのは、ふつうの綿生地の倍以上、時間も手間もかかります。編み機の調整も糸をセットするのも職人技ですから、よそではまずできないでしょうね」
 結果、一般的な綿肌着と比べて、
●肌離れ性(濡れた時の貼りつきにくさ=サラサラ感)…約3.5倍
●通気性…約2.2倍
●速乾性…約1.6倍(一財・日本繊維製品品質技術センター調べ)
 筒状に編んであるので、サイドに縫い目がないところも二重マル。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください