「濃いサングラス」をやめませんか。「人工メラニン入りの薄いサングラス」に変えませんか。

  • セイコーメラニーナ0
  • セイコーメラニーナ1
  • セイコーメラニーナ2
  • セイコーメラニーナ3
  • セイコーメラニーナ4
  • セイコーメラニーナ5
  • セイコーメラニーナ6

超薄色サングラス

セイコーメラニーナ

スポーツ幅14cm、レンズ径4×6.8cm、つる長さ12.5cm
重さ:約15.5g
材質:レンズ/NXT、フレーム・つる/TR90、TPE
ラウンド幅13.3cm、レンズ径3.3×5.1cm、つる長さ13.5cm
重さ:約14.5g
材質:レンズ/CR39、フレーム・つる/βチタン、CP
オーバル幅14.1cm、レンズ径3.7×5.5cm、つる長さ13.5cm
重さ:約31g
材質:レンズ/CR39、フレーム・つる/アセテート
クリップオン幅14.5cm、レンズ径4.1×6.5cm
重さ:約16g
材質:レンズ/CR39、フレーム/ニッケル合金
付属品専用ケース
製造国日本
性能紫外線カット率・・・99.9%
青色光線カット率・・・42.1%
可視光線透過率・・・82.4%
青色光線カット率は、日本医用光学機器工業会の青色光カットに関するガイドラインに基づく数値

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
【ラウンドタイプ】CR39、CP、βチタン
【スポーツタイプ】NXT、TR90、TPE
【エアリーオン】CR39、ニッケル合金
【オーバルタイプ】CR39、アセテート
なし厚紙、ポリ袋(PE)
白内障が気になる人、手術した人に売れている人工メラニン入りの薄色レンズ。

 本品は、加齢によるメラニン不足で紫外線と青色光線をふせぎ切れなくなった50代以上の人たちのために開発された人工メラニン入りサングラスである。
 体内で生成されるメラニンと同じ働きをする色素が練り込まれた「人工メラニンレンズ」の開発に成功したのは、イタリアのサングラス専門企業インテルカスト社(1975年創業)。
 紫外線や青色光線から目を保護してくれる大切な色素がメラニンである。網膜内や黒目部分の虹彩に蓄積されていて、目の水晶体や黄斑部を守ってくれている。
 ところが、加齢によってメラニン不足になってくると、水晶体内のタンパク質を変性させる紫外線をふせぎ切れなくなって、目が濁る白内障になりやすくなる。しかし、白内障手術が済んだ人にも、メラニンは欠かせない。それまで水晶体に守られてきた網膜が紫外線に直撃されてしまうからだ。太陽の青色光線は、風景が歪んで見える加齢黄斑変性を発症させることもあるから、青色光線をふせいでくれる点でも、メラニンは大切な存在だ。
 本品のレンズは人工メラニン入りなので、薄色にもかかわらず、白内障の一因となる紫外線を99.9%、加齢黄斑変性の一因となる青色光線も42.1%カットしてくれる。
 薄色レンズなので当然、視界は明るい。足元の段差も駅の時刻表もよく見えるから、いちいちサングラスをはずす必要はない。
 ツルに柔軟性があるため、男女どなたの顔にもフィットしやすい。
※医療機器ではありません。

クリップオンタイプの適応サイズの測り方

クリップオンタイプはお手持ちの眼鏡に本品のクリップを挟んで留めて使用します。

「とにかく視界が明るいところがいい。薄暗い山道を虫捕りに歩くことが多いけど、これだと足元がくっきり見えるもの」

池田清彦さん(早稲田大学名誉教授)

 趣味の虫捕りや標本づくりに集中できなくなったら困るからね、白内障対策をするために、8年前から外出するときは必ずこのサングラスを掛けている。さいわい、白内障の兆候はまだ出ていない。
 これはとにかく視界が明るいのが気に入っている。前に使っていた偏光サングラスはレンズの色が濃くて、信号や案内板が見えづらかった。虫捕りに山へ出かけたら、暗がりでつまずいて転んだこともあったな。
 その点、これは薄暗い山道もこわくない。高尾山には絶好の虫捕りポイントがあって、日影沢から道なき道を行かないとたどり着けないんだけど、地面の凹凸やぬかるみ、足元を這う木の根もはっきり見えるからズンズン歩ける。
 今年(19年)の7月に昭和記念公園を散策していたら、関東ではめったに見かけないチョウトンボを見つけてね。いい写真を撮ろうと半日も右往左往した(笑)。足腰はへとへとになったけど、これを掛けていたおかげで目のショボショボ感はほとんどなし。あらためて目がラクなんだなと実感した。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください