白内障と黄斑変性になりたくない50代以上へ。サングラスを選ぶなら「薄色」を使ってください。

  • I.C.メラニーナ0
  • I.C.メラニーナ1
  • I.C.メラニーナ2
  • I.C.メラニーナ3
  • I.C.メラニーナ4
  • I.C.メラニーナ5
  • I.C.メラニーナ6
  • I.C.メラニーナ7
オーバルタイプ幅14.1cm、レンズ径3.7×5.5cm、つる長さ13.5cm、重さ約31g
材質:レンズ/CR39、フレーム・つる/アセテート
スポーツタイプ幅14cm、レンズ径4×7cm、つる長さ12.2cm、重さ約13.5g
材質:レンズ/NXT、フレーム・つる/TR90、TPE
スクエアタイプ幅13.7cm、レンズ径3.2×5.7cm、つる長さ13.2cm、約22.6g
材質:レンズ/CR39、フレーム・つる/ナイロン
チタンタイプ幅13.8cm、レンズ径3.7×6.1cm、つる長さ12.6cm、重さ約7.7g
材質:レンズ/NXT、フレーム・つる/チタン
クリップオンタイプM:幅14cm、レンズ径3.9×6.2cm、重さ約15g
L:幅14.5cm、レンズ径4.1×6.5cm、重さ約16g
材質:レンズ/CR39、フレーム/ニッケル合金
製造国日本
 「サングラスは色が濃くなくっちゃ」は大いなる誤解。本品のレンズの色は真夏のまぶしさを確実にカットできるギリギリの薄色です。サングラスを掛けている自分を忘れるくらい、山歩きでも街歩きでも足元が自然に見える。でも、まぶしくない!
 サングラスは、なぜ薄色がいいのでしょうか。
 レンズの色が濃くなるほど、瞳孔が開いて紫外線を呼び込みやすくなるからです。色が濃いとそのぶん見えにくくなるから、ついつい瞳孔が開いちゃう→紫外線が入りやすい→白内障になりやすい。
 ゆえに、サングラスは「瞳孔がそんなに開かない、でも紫外線はしっかりカットしてくれる薄色」がいいのです。その薄さのギリギリが本品なのです。色が自然で掛けやすいから、白内障の術後のまぶしさ対策にもぴったりです。
 もうひとつ、本品の超薄色は加齢黄斑変性の一因と言われている青色光線もカットしてくれます。ふつう色が薄いと青色光線はカットしにくいのですが、本品のレンズは人工メラニン色素を練り込むことで「青色光線カット率45.9%」を実現している特注品です。
 製品化は光学機器総合メーカーのセイコーアイウェア。掛け心地抜群のフレームも自慢です。
 フレームのデザインは計4種類で、「オーバルタイプ」以外は男女兼用です。お手持ちのメガネに掛けて使う「クリップオンタイプ」もあります。全タイプとも世界的な眼鏡の生産地、福井県鯖江市で仕上げています。
※本品は医療機器ではありません。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動