• スポーツタイプ
  • チタンタイプ
  • スクエアタイプ
  • オーバルタイプ ※女性用のみ。
  • クリップオンタイプ

白内障と黄斑変性になりたくない50代以上へ。この夏からサングラスは「薄色」を使ってください。

瞳孔が開かない薄色レンズなのに、有害な紫外線を99.9%、青色光線を45.9%カット。

「サングラスは色が濃くなくっちゃ」は大いなる誤解。本品のレンズの色は真夏のまぶしさを確実にカットできるギリギリの薄色です。サングラスを掛けている自分を忘れるくらい、山歩きでも街歩きでも足元が自然に見える。でも、まぶしくない!

サングラスは、なぜ薄色がいいのでしょうか。

レンズの色が濃くなるほど、瞳孔が開いて紫外線を呼び込みやすくなるからです。色が濃いとそのぶん見えにくくなるから、ついつい瞳孔が開いちゃう→紫外線が入りやすい→白内障になりやすい。

ゆえに、サングラスは「瞳孔がそんなに開かない、でも紫外線はしっかりカットしてくれる薄色」がいいのです。その薄さのギリギリが本品なのです。色が自然で掛けやすいから、白内障の術後のまぶしさ対策にもぴったりです。

もうひとつ、本品の超薄色は加齢黄斑変性の一因と言われている青色光線もカットしてくれます。ふつう色が薄いと青色光線はカットしにくいのですが、本品のレンズは人工メラニン色素を練り込むことで「青色光線カット率45.9%」を実現している特注品です。

製品化は光学機器総合メーカーのセイコーアイウェア。掛け心地抜群のフレームも自慢です。

フレームのデザインは計4種類で、「オーバルタイプ」以外は男女兼用です。お手持ちのメガネに掛けて使う「クリップオンタイプ」もあります。全タイプとも世界的な眼鏡の生産地、福井県鯖江市で仕上げています。
※本品は医療機器ではありません。

薄色レンズ

薄色のレンズは風景が見やすい。瞳孔を広げないから、そのぶん紫外線が入りにくい。

濃色レンズ

濃色のレンズは風景が見えにくい。それを見ようと瞳孔が広がるために紫外線を呼び込みやすい。

【全タイプ共通】

紫外線カット率……99.9%
青色光線カット率…45.9%
可視光線透過率……82.4%

(一財)日本眼鏡普及光学器検査協会調べ。
※青色光線は欧州規格で測定。

ー「薄色レンズ」の効果は一年中実感できます。ー

大桃美代子さん(52歳)

タレント・女優

右目の白内障手術をしてからこれが手放せません。色が薄いから視界は明るいのに目はとてもラク。道路標識や信号の色ははっきり見えるのに、目にズッシリこたえる眩しさをスッと抑えてくれます。

奥田瑛二さん(68歳)

俳優

掛けたままでも文字がくっきり見えるし、太陽の眩しさも気にならない。散歩しながらセリフを覚えるとき目がすごくラクになりました。掛け心地の軽さにも驚きました。

I.C.メラニーナは通販生活でしか入手できません。
本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品

I.C.メラニーナ

税込 9,936 円~ 送料 378円別~