涼しい日傘ならこれ。業界トップレベルの遮熱率90.9%「ナノフロント」が、熱線から夏の命を守る。

  • 日蔭だまり0
  • 日蔭だまり1
  • 日蔭だまり2
  • 日蔭だまり3
  • 日蔭だまり4
  • 日蔭だまり5
  • 日蔭だまり6
  • 日蔭だまり7
  • 日蔭だまり8
  • 日蔭だまり9

通販生活の遮熱ナノ日傘

日蔭だまり®

ライトグレー、ダークネイビー
UVカット率A波:99.9%、B波:99.9%
折り畳み傘全長57.5(収納時34)×直径86cm、握り手長さ5cm、重さ約260g
※収納袋つき。
長傘全長65×直径86cm、握り手長さ12.5cm、重さ約300g
素材傘地:ポリエステル/中棒:アルミ
傘骨:グラスファイバー/握り手:カエデ(中国・自然林)
製造国中国

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
調査対象外×ポリ袋(PP)

 熱中症の重症化リスクが高くなる60代以上の方は、日傘をぜひ「猛烈な暑さから頭部を守れるかどうか」で選んでください。
 涼しい日傘なら本品です。(一財)日本繊維製品品質技術センターに本品と競合品3点を持ち込んで遮熱率を測定したところ、本品は90.9%だったのに対して、競合品は88.9%〜87.0%でした。
 この涼しさの差は、生地の薄さです。一般的な日傘は厚い生地で熱線を防ぐため、生地そのものが熱を溜めこんでしまい傘の下の温度も高くなります。
 一方の本品は、わずか0.2ミリの極薄4層遮熱生地です。熱線を防ぐのは2層めの帝人フロンティアが開発した「ナノフロント®」。直径700ナノメートルの超極細糸を隙間なく織った層が熱線と光を乱反射してハネ返してくれます。4層でも生地は極薄で熱を溜め込みにくいから涼しいのです。
 1層めは急な雨をしのげる撥水加工済み。ただし刺繍からは雨が浸み込むので、長時間の雨には不向きです。

※UVカット率、遮熱率テストは(一財)日本繊維製品品質技術センター調べ。
※UVカット率の波長域は「A波320〜400nm」「B波280〜320nm」で測定。

山形由美さん(フルート奏者)

 10年ほど前にテレビの山歩きロケで熱中症になって以来、日傘は遮熱力で選んでいます。涼しいと評判の遮熱日傘を5本は試しましたが、私のナンバーワンはこれ。炎天下の野外コンサートのリハで1時間ほど差しても頭の上は涼しいまま。傘から熱気が伝わってこないんです。


荒田美知世さん(尼崎市・72歳)

 最近の猛暑は尋常じゃない。買い物に出ただけで目がチカチカして体がドッと重くなることがありますが、この蔭が濃い日傘を差すと頭がジリジリしてこなくて涼しい。日蔭がない道も怖くありません。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください