• 折り畳み・ネイビー
  • 長傘・アイボリー
  • 縁どりの刺繍は、大小の花柄をあしらった優美なシェブロン・ストライプ。
  • 折り畳み傘と長傘の2タイプ。折り畳み傘には収納袋が付属します。

今や日傘は「猛暑対策道具」。選ぶなら遮熱率96.6%の本品。もちろん紫外線も99.9%カット。

4層構造の遮熱生地がつくる「木蔭の涼しさ」。

昨今の猛暑を考えると、日傘には暑さ対策も求められるようになってきているといっていいでしょう。

本品は、紫外線カット率99.9%はもちろん、遮熱率も96.6%。

真似できない性能をつくり出すのは、化学繊維メーカーの大手、帝人フロンティアの「遮熱ナノ」。通販生活が特注した遮熱生地です。

たった0.2mmの薄さながら4層構造になっていて、2層目の「ナノフロント®」が紫外線も熱もはね返します。

1層めと3層めは、生地の強度をつくるためのポリエステル。4層めは光を遮るポリウレタンフィルムです。

炎天下で差すと、頭上にパッと木蔭ができたような涼しさをつくってくれるはずです。

デザインを手がけているのは岡田圭子さん。欧米のハイブランドのオリジナル傘も担当する、わが国では数少ない傘専門のデザイナーです。

傘を縁どる刺繍はシェブロン・ストライプと呼ばれるジグザグの縞柄で、大小の小花とシンプルステッチの3種で線の太さが描き分けられています。無機質に見えがちな幾何学柄が、こんなに優美な印象になるとは新鮮ですね。ワンピースにもジーンズにもよく合います。

撥水加工済みなので小雨程度の雨ならしのげますが、水がしみる場合もあるので雨傘としては使用しないでください。折り畳み傘には持ち手のある収納袋が付属します。

折り畳み傘と長傘の2タイプ。色はネイビーとアイボリーの2色。

※UVカット率と遮熱率は(一財)日本繊維製品品質技術センターで測定。

帝人フロンティアの「ナノフロント」が熱も紫外線もはね返す。

本品は赤色の高温部分が少なく、涼しい差し心地(2015年3月18日、ユニチカガーメンテックにて人工太陽ランプを使用して室内撮影)。

「差した瞬間、屋根の下に入ったような涼しさ。娘の乗馬に4時間つき添ったあとも頬は白いままでした」

川合郁子さん(ヴァイオリニスト)

コンサートでは襟ぐりの開いたステージ衣装を着ますから日焼けはご法度。それに暑さで体力を消耗すると演奏に支障が出てしまうので、屋外コンサートの待機中も娘と公園で遊ぶときも、百貨店で買った5000円くらいの日傘で身を守っていました。

ただ、差していてもつむじのあたりがどうも熱くて。不安になってもう少し高価な日傘に買い替えましたが、やっぱりまだ熱い。目元のシミも年々濃くなっている気がするし……。

そんなとき通販生活の17年夏号で目にとまったのが「アンチ光老化日傘」という言葉。4層生地で太陽の光も熱もしっかり遮ってくれるというので、これならと思って申込みました。

さっそく外で広げてみたら、わ、傘の中が暗い。日差しがピタリと分断されるようで、まるで屋根みたいに重い蔭なんです。いままでの日傘はうっすら日差しが透けていましたけど、これは傘越しに空を見上げても太陽がどこにあるかわからない。気がかりだったつむじのジリジリ熱をまったく感じません。

8月の小田原旅行でもこの〝小さな屋根〞に助けられました。海辺を散策したり娘の乗馬を見守ったりと連日4〜5時間は外で過ごしましたが、頭も頬も火照り知らず。30℃超えの炎天下とは思えない涼しさでした。

かわいいくこ/香川県出身。国内外の主要オーケストラとの共演多数。クラシックからポップスまで、舞台や映像作品までジャンルを問わず活躍。大阪芸術大学演奏学科教授も務める。

本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品