国内で水揚げされたマグロだけから抽出した天然DHA、EPAたっぷりのマグロオイル。

  • マグロのあたま0
  • マグロのあたま1
  • マグロのあたま2
  • マグロのあたま3

天然DHA・EPAオイル

マグロのあたま

内容量1袋:70.8g(1粒あたりマグロ油400mg)
原材料マグロ油、グリセリン、ゼラチン
アレルギー表示原料ゼラチン
表示義務添加物グリセリン、ゼラチン
賞味期限製造日より2年 ※高温多湿、直射日光を避けて保存
製造責任者伊東芳則
製造国日本

 魚の油に含まれるDHA、EPAが頭の老化対策にいいことは今や世界の常識。いろいろなメーカーがDHA、EPA食品づくりに参加するようになってきています。
 そこで「DHA、EPAを豊富に含む魚油」を選ぶときの心得。その1は、魚の種類、部位、そして産地をたしかめること。いろいろな魚を一緒くたにかき集めて絞った出自不明の魚油ではないことを確認してください。
 本品の原料は、静岡の清水港、和歌山の那智勝浦港に水揚げされたマグロ(ビンチョウ、キハダ、メバチなど)だけ。
 部位はマグロの頭部だけを使っています。マグロの眼窩には上質のDHA、EPAをたっぷり含んだ魚油が蓄えられているからです。
 次に、DHA、EPAを抽出する「精油法」をたしかめましょう。魚から絞った魚油には、当然ですが魚油以外の不純物が含まれています。本品は、わが国における魚油製油技術開発の第一人者、伊東芳則さんによる「非酸化製油法」(特許)で、一切薬品を使わずに不純物を処理しています。中低温による抽出なので栄養素が壊れにくく、高温抽出に比べて「トランス脂肪酸」の発生を抑えます。トランス脂肪酸は血管疾患のリスクを高めますから、これは少ないに越したことはありません。
 もちろん、よく目につく合成ビタミンEなどの酸化防止剤も使っていません。本品は効率の高い高温絞りを排して、「低中温でゆっくり絞っていく」ので、魚油の中に酸化を防ぐ天然ビタミンEが健在なのです(一財・食品環境検査協会調べ)。
 ピュアなマグロ油を新鮮な状態で飲むために、カプセル(原料はゼラチン、グリセリンだけ)に詰め込んであります。
 4粒(魚油1600mg)でDHAとEPAが555mg摂取できます。

「マグロのDHAやEPAが頭の老化対策にいいことは知っていたから、産地が明確なこれを飲み始めました」

高見澤たか子さん(作家・82歳)

 取材で見聞きしたことや出会った人の特徴を思い出しながら原稿をまとめるので、記憶力の維持は人一倍大事。頭の老化対策として新聞で紹介されているDHA、EPAはもちろん知っていました。
 18年の通販生活の春号に『マグロのあたま』が出ていて、使う部分は「マグロの頭部に限定」、産地は「静岡や和歌山の港に水揚げされたものだけ」とあったので、飲み始めることにしました。
 今はこの『マグロのあたま』と11年前に始めた太極拳が私の健康の友です。

「いつもお会いしている生徒さんの名前がたまに出てこなくてヒヤッ…このマグロでせめて"現状維持"できれば」

太田治子さん(作家・71歳)

 昨年(18年)これを飲み始めたのは、長年講師を務めているカルチャー教室の生徒さんの名前がふいに出てこなかったことがきっかけです。同じ年代の生徒さんが多いとはいえ、失礼ですものね。
 私は添加物にはうるさいので、カプセル用のゼラチンとグリセリンしか使っていないこの『マグロのあたま』は安心して飲めます。今のところ、はっきりと実感できるような自覚はありませんが、「今のままでいければありがたい」くらいの気持ちで飲み続けています

カート画面に移動

お気に入りリストに移動