国内で水揚げされたマグロだけから抽出した天然DHA、EPAたっぷりのマグロオイル。

  • マグロのあたま0マグロの頭にはDHA、EPAが豊富に含まれている。画像を拡大
  • マグロのあたま11日4粒でDHA442mg、EPA113mgが摂れる。画像を拡大
  • マグロのあたま2原料は国内で水揚げされたマグロのみを使用。
    (写真は和歌山県那智勝浦港)
    画像を拡大
  • マグロのあたま31袋、3袋、お得な定期お届けもあります。画像を拡大
  • マグロのあたま0
  • マグロのあたま1
  • マグロのあたま2
  • マグロのあたま3
内容量1袋:120粒(70.8g)
原材料マグロ油、グリセリン、ゼラチン
アレルギー表示原料ゼラチン
表示義務添加物グリセリン、ゼラチン
賞味期限製造日より2年 ※高温多湿、直射日光を避けて保存
製造責任者伊東芳則
製造国日本

 青魚に含まれているDHAとEPA。「考える力」をサポートするとともに、「サラサラ成分」としても知られる知的栄養成分です。
 その大事なDHAとEPAを豊富に含んでいる食品が「青魚の魚油」です。なかでも魚油がたっぷり含まれているマグロの頭部から添加物を加えずに絞ったのが本品です。
 本品の開発者は、わが国における魚油製油技術開発の第一人者、伊東芳則さん。
「身元(産地)のはっきりしたマグロから、化学薬品を一切使わずに抽出した100%天然のDHAとEPA」です。和歌山の那智勝浦港と静岡の清水港に水揚げされたマグロ(主にビンチョウ、キハダ、メバチ)の頭部だけを使っています。
 それを伊東さんが開発した「非酸化製油法」(特許)で絞って精油しています。酸化防止剤も不純物を除去するための薬品も一切使っていません。
 「非酸化製油法」は、中低温による抽出なので栄養素が壊れにくく、酸化防止用の合成ビタミンEなどを使わなくても酸化の心配がありません。また、高温抽出に比べて「トランス脂肪酸」の発生を抑えます。トランス脂肪酸は血管疾患のリスクを高めますから、これは少ないに越したことはありません。
 こうして抽出した魚油をカプセル(原料はゼラチンとグリセリン)に詰めています。
 4粒(魚油1600mg)でDHAとEPAが555mg摂取できます。

「つぎつぎ増える生命保険の種類や特約をしっかり覚えておきたいので“毎朝4粒”が私の日課です」

藤内千代子さん(千葉市・85歳)

 85歳のいまも生命保険の外交員を続けています。保険の新商品はつぎつぎ出ますし、疾病や入院など特約もいろいろ。お客様にベストの提案をするため、すべて頭に入れます。
 去年(17年)5月にこの『マグロのあたま』の毎月お届けコースを申し込んだのは、転ばぬ先の杖として。記憶力が衰えればお客様の質問にさっと答えられなくなるので、DHAとEPAがたっぷり入っていて、マグロの産地がはっきりしているこれを選びました。
 朝食後に4粒を飲み始めて1年半くらいになりますが、頭をシャキッと保てているのは、これのおかげもあるのかもしれません。本当はDHAとEPAが豊富な青魚を毎日食べるといいんでしょうけど、仕事で食事が不規則になりがちなのでちょっと無理。でもこれだとパッとひと飲みでDHAもEPAも摂れるので、忙しい朝でも手軽に飲める。いまの仕事が大好きで、できるだけ長く続けたいので、これを飲み続けようと思っています。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動