良質なオメガ3脂肪酸(DHA、EPA)を、毎日摂りませんか?

天然DHA・EPAオイル

通販生活のマグロのあたま

内容量1袋240粒(1日8粒を目安)
原材料マグロ油(那智勝浦港と清水港に水揚げされたマグロ)、ゼラチン、グリセリン
アレルギー表示原料ゼラチン
表示義務添加物グリセリン、ゼラチン
賞味期限製造日より2年 ※高温多湿、直射日光を避けて保存
製造責任者伊東芳則
製造国日本

原材料と栄養分析値

一次原材料産地
加工地
生産者
製造元
二次原材料産地
加工地
マグロ油静岡伊東魚油製造場マグロ静岡・和歌山
グリセリン日本公表不可
(編集部確認済み)
ヤシフィリピン・インドネシア・マレーシア・タイ・ドイツ・フランス・スロバキア・チェコ
菜種
パーム油
ひまわり油
ゼラチン日本公表不可
(編集部確認済み)
魚鱗・魚皮中国・タイ、他
栄養分析値(8粒2.64gあたり)
カロリータンパク質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当
18.1kcal0.8g1.6g0.12g0.0mg0.0g

環境情報

本体容器の材質梱包材
袋/PE・アルミ・PET段ボール

 DHA、EPAへの関心が急速に高まってきて、今はあちこちで製造されるようになりましたが、通販生活でも『マグロのあたま』が多くの読者たちから支持されています。
なぜならば、読者からの次の質問にすべて明快に答えられる高品質食品だからです。

問1「齢をとってきたら青魚を食べなきゃ、と言われますが?」

 知的栄養成分として知られるDHA、EPAは人の体内ではつくりにくく、青魚の魚油に多く含まれているからです。
 日本人は昔から魚をたくさん食べることでそのDHA、EPAを摂り入れてきましたが、食生活が肉食中心になってきたことから、厚生労働省はDHA、EPA、αリノレン酸などオメガ3系脂肪酸の摂取目安量を「1日当たり1.6〜2.4g」と定めています。通常の食事と合わせて、ぜひ本品を摂っていただきたいゆえんです。

問2「なぜ、高級魚のマグロの油にこだわるのですか?」

 私たち(カタログハウスと伊東魚油製造場)は、和歌山県那智勝浦港と静岡県清水港の両湾に水揚げされるマグロの頭部だけを使っています。マグロの眼窩(目の裏側)にはDHA、EPAをたっぷり含んだ魚油が蓄えられているからです。
 市販の「DHA、EPA含有魚油」の中には産地どころか魚の種類も全く明記されていないケースが多いことから、「いろいろな種類の魚片をかき集めて搾っているのでは?」という消費者の不安を生み出しています。だから私たちは「高品質の油が多く摂れるマグロの頭部のみ」にこだわっています。
 本品のオイルの色をごらんください。マグロの油だけを低中温でゆっくり精油すると、こんなに透明で美しい魚油になるのです。着色の必要は全くないのです。

問3「防腐材として合成ビタミンを入れるのが常識と聞いていましたが、添加物一切なしの魚油で酸化しないのですか?」

  • 魚油の中で残したい成分は、DHA、EPA、各種ビタミン類。
  • 残したくない成分は、リン脂質、遊離脂肪酸、有臭物質などの不純物。
 本品は「非酸化製油法」とよばれる伊東魚油製造場の特許製法で精油されています。
 魚油を精油(クリーン化)する場合、効率化を考えるメーカーはいきなり100℃以上の高温から始めますが、大量生産を志向しない本品は違います。
 40℃の低温からスタートしてゆっくり時間をかけて100℃までの中温で搾っていくので、魚油の中のビタミン類はほとんど壊れません。酸化をふせぐビタミンEはしっかり存在しているので、合成ビタミンEなどの酸化防止剤は一切不要なのです。
 本品の添加物はカプセル材料のゼラチン(魚由来)とグリセリン(植物由来の油脂)だけ。高品質主義を標榜する通販生活の食品を代表する逸品です。
 なお、本品の精油を担当してくださっている伊東魚油製造場(清水市)の伊東芳則代表(1946年生れ)は東京水産大学(現・東京海洋大学)出身で、永年、アルゼンチンの水産資源を研究してきた魚油搾りのプロフェッショナル。「何も足さない、何も引かない」をモットーとする今どき貴重な職人肌のメーカーさんです。

「今は『マグロのあたま』と12年前から始めた太極拳が私の健康の友です」

高見澤たか子さん(ノンフィクション作家・83歳)

 若い頃から記憶力には自信があったけど、さすがに年齢かな、以前から付けている「食事日記」(その日に食べたものを全て記録している日記)に翌日、内容を書こうとすると「昨日の朝食はどんな献立を何品食べたかしら?」と思い出すのに2、3分かかってしまうようになりました。自分の携帯電話でも最初の3ケタのあとの8ケタの番号がスラスラ出てこないときがあります。
 それで、18年9月に『マグロのあたま』を申込みました。通販生活の記事で「げっぷをしたら魚のにおいがした」というコメントがあったけど、私はその経験がないので、早く体験して魚油を飲んでいる実感を味わいたい(笑)。


「息子二人がまだ中学生だから、これからも飲みつづけないとね」

高橋源一郎さん(作家・69歳)

 僕には中学生の息子が二人いて、まだまだ元気に働きつづけないといけないので『マグロのあたま』を申込みました。血液がガソリン、そこに『マグロのあたま』というオイルを加えると「血液が身体のすみずみまで巡りわたって、大切な栄養を脳や心臓へ届けてくれる」。そんなイメージで飲んでいます。
 そもそも、『マグロのあたま』を飲み始めたのは16年の秋だったでしょ。ほらね、しっかり覚えているから大丈夫(笑)。


「いつもお会いしている生徒さんの名前がたまに出てこなくてヒヤッ…これで“現状維持”できれば」

太田治子さん(作家・72歳)

 『マグロのあたま』を飲み始めたのは、4年前からお引き受けしているカルチャーセンターの生徒さんの名前が出てこなかったことがきっかけでした。これは「DHA」を飲まなくっちゃ。
 でも、サプリメントは添加物が気になる。当然、この『マグロのあたま』しか選択肢はありませんでした。毎日、今のままでいけばありがたい、くらいの気持ちで気軽に飲んでいます。


「ヘルパーの訪問先や時間帯を覚えておきたいので毎朝の食後に飲むのが日課です」

三木トヨ子さん(81歳・大阪市)

 お茶を淹れようと台所に行ったのに、水回りやコンロの汚れが気になって掃除をしているうちに「あれ、何しに来たんだっけ…」が増えました。マグロの産地がはっきりしているのも、これを申込んだ理由です。
 81歳のいまも介護ヘルパーの仕事をしています。急に予定外のお宅への訪問依頼が来ても、手帳を見ずに「午後1時から3時以外なら大丈夫です」と答えられるのは、これのおかげもあると思います。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください