薩摩の伝統製法が進化!にんにくと卵黄に白ごまが加わり、あなたの元気、さらに永持ちするはず。

  • げんのもん0
  • げんのもん1
  • げんのもん2
  • げんのもん3
  • げんのもん4
  • げんのもん5
  • げんのもん6
  • げんのもん7

薩摩にんにく卵黄

げんのもん (ごま入り)

内容量1袋:約240粒(17g)
原材料にんにく、卵黄、白ごま
賞味期限製造日より1年
保存方法常温保存、常温便
アレルギー表示原料卵、ごま
製造責任者大野睦美
製造国日本

アレルギー表示原料:卵・ごま

原材料と栄養分析値

一次原材料産地・加工地生産者・製造元二次原材料産地・加工地
にんにく鹿児島オキス
卵黄九州フカベエッグ鶏卵九州
白ごま九州契約栽培ではないので特定不可
栄養分析値(1日分目安0.57gあたり)
カロリーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
2.4kcal0.1g0.07g0.3g0.0003g
「げんのもん」に含まれる「にんにく成分」0.57g・約8粒あたり
アリシン4㎍アホエン1㎍S—アリルシステイン54㎍シクロアリイン35㎍メチイン46㎍

環境情報

本体容器の材質梱包材
袋/PE・アルミ段ボール
飲んだ直後でも口に匂いが残らない。

伝統は守り続けないとダメ? いいえ、そんなことはありません。伝統は革新の連続でつくられるのです。今回の革新のポイントは白ごま。にんにくの匂い成分アリシンと、白ごまのビタミンB1が結びついて元気持続物質アリチアミンが生まれます。

栄養
アリチアミンはビタミンB1の力を高め、「元気を永持ち」させてくれる。

 これまでにんにくと卵黄だけを混ぜてつくっていた本品ですが、今年から白ごま入りに進化しました。ごまはご存知の通り、栄養豊富な食材。中でもビタミンB1を多く含んでいます。
 ビタミンB1は体内でエネルギーを生み出す栄養素です。さらににんにくの匂い成分アリシンと結びつくと、元気持続物質アリチアミンに生まれ変ります。
 にんにくと卵黄に白ごまが加わることで、体内で元気をつくるだけでなく、その元気を「より一層永持ちさせることができる」ということです。
「水分をとばして固めただけ」の伝統製法は従来通り。にんにくを蒸して卵黄を入れるときに、白ごまを合せて混ぜます。あとはひたすら水分をとばしてとばして固く丸めただけです。
 気になるアリシンの匂いはというと、水分を徹底的にとばし、乾煎りして固めることで、手のひらに乗せたときにほんの少し香ばしさを感じる程度。19年5月〜20年10月の購入者123人に、ご家族や友人に匂いを指摘されたことがあるか聞いたところ(20年10月実施)、

  • 指摘されたことはない……121人
  • 指摘されたことがある……2人

 という結果になりました。
 食用油や添加物は一切加えていません。

つくり手
江戸時代からの丸玉製法を受け継ぐ、地元鹿児島のメーカー、オキス。

 薩摩伝統の丸玉製法を伝承する上原靖子さんに、つくり方を伝授されたのは地元の農産物加工メーカー、オキス(2006年創業)。試行錯誤のうえ、白ごま入りを実現しました。
「黒ごまは国内の産地が限られていて、供給量が安定しません。にんにくと卵黄と同じく国産にこだわりたかったので、白ごまを採用しました。
 次にこの白ごまをどのようにして入れるか。いりごまは形が残るのでうまく丸まらず、形が均一になりません。練りごまはペースト状にするときに熱を加えるため、ビタミンB1が損なわれてしまいます。うまく丸まり、ビタミンB1をはじめとする栄養素もそっくり摂れる、すりごまにたどり着きました」(製造責任者・大野睦美さん)


これだけは知っておきたい。にんにくの知識

「元気をつくり、永持ちさせる――アリシンとビタミンB1は最良の組合せです」

村上祥子先生

むらかみ・さちこ●公立大学法人福岡女子大学客員教授、管理栄養士、料理研究家。『にんにくスーパーレシピ』(JTBパブリッシング)など著書多数。

 わが国最古の医学書『医心方』(984年)に、にんにくは疲労回復食材の定番として早くも登場しています。疲れやだるさを軽減してくれるにんにくのパワーを生み出しているのは、にんにく特有のにおい成分「アリシン」です。アリシンには血液の循環を促す働きがあります。血液の循環がよくなれば、栄養や酸素が全身に行き渡り、疲れやだるさの軽減につながります。
 アリシンのパワーは疲労回復だけにとどまりません。「ビタミンB1」の吸収力を高める働きもあります。ビタミンB1は、白米などから摂取した糖質を体を動かすエネルギーに変えてくれる、元気の素です。しかし、水溶性ビタミンなので熱や水に弱く、体内に入っても尿として排出されやすいという弱点があります。
 そこで再びアリシンが活躍します。アリシンはビタミンB1と結合すると「アリチアミン」という活性持続型物質に生まれ変ります。

 アリチアミンは、ビタミンB1の弱点(尿として排出されやすい)を補ってくれる頼もしい成分です。脂溶性なので熱や水に強く、体内での吸収率も優れています。その吸収率はビタミンB1だけを摂取したときの約10倍とも言われています。吸収されたあとも血液の中に蓄積されるので、長時間にわたって糖質をエネルギーに変換し、元気を持続させてくれます。
 アリチアミンをつくるために、ぜひアリシンとビタミンB1を一緒に摂ることを心がけてください。にんにくを食べるときは、ビタミンB1が豊富な豚肉、うなぎ、豆腐、ごまなどを合せて食べることをおすすめします。

「2日間これを飲み忘れたら、目覚めが悪くなりました。この8粒が元気を支えてくれていたんですね」

愛用歴2年7ヵ月 安藤和津さん
(エッセイスト・72歳)

 これを飲み始めたのは2年半前、2人の娘(長女・映画監督の安藤桃子さん、次女・女優の安藤サクラさん)の子どもたちの“孫シッター”をしたのがきっかけでした。
 家や公園で動き回る孫を追いかけていると夕方にはもうクタクタ。朝の目覚めも悪くなりました。
 毎日8粒を1ヵ月続けたころかしら、孫シッターをした次の日でも、ベッドからラクに起き上がれる。疲れがたまっていないことがわかりました。
 一度、長女の家で2泊したときにこれを持って行くのを忘れたら、3日めの朝には体がダルくなって。自宅に帰ってまた飲み始めたら、数日で朝スッキリ目が覚めるようになりました。


「絵を6時間以上描き続けてぐったりしても、これを飲めば翌日にはエネルギー満タンになっています」

愛用歴3年5ヵ月 A・Kさん
(絵本作家・65歳)

 絵本はキャラクター描写をはじめ、構図決めや色選び、色の重ね方など、とても神経を使います。1日描くと、ガス欠した車みたいにパタッと動けなくなる時もある。
 でもこれを飲んで1ヵ月ほど経つと、6〜7時間描いてヘトヘトになっても、翌朝起きると「今日もやるぞ!」とエネルギー満タンになっています。以前飲んでいたにんにくエキスのカプセルは、効果を実感できずにやめてしまったので、うれしい驚きでした。
 17年に制作を始めた宮沢賢治の『よだかの星』は、今年(20年)10月にようやく完成しました。私にとってエベレストを登るような大仕事でしたが、『げんのもん』が気力も体力も支えてくれました。


「『げんのもん』は毎日の活力源。不整脈の治療後も、毎朝1時間のウォーキングを続けています」

愛用歴3年2ヵ月 S・Yさん
(神奈川県・74歳)

 農家の生まれで子どものころから有機野菜を食べていたから、いまでも食品に含まれている農薬や添加物が気になってね。これはにんにくと卵黄だけで、余計なものが入ってないのがいい。
 手に8粒出したときは香ばしい匂いがするのに、飲み込むと不思議と口からは匂わない。妻と会話していて文句を言われたことはないので、朝から安心して飲んでいるよ(笑)。
 飲み始めて3年以上経って、いまでは『げんのもん』が毎日の活力源。今年(20年)3月に不整脈の治療で5日間入院したけど、退院後もそれまでと変らずに毎朝5時に起きて、1時間のウォーキングができるのはこれのおかげかな。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください