胚芽を残した「もちもち国産雑穀100%」のおいしさは「雑穀食わず嫌い」の方にぜひ、食べてほしい。

  • プロ農夢花巻のもちきびご飯0
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯1
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯2
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯3
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯4
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯5
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯6
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯7
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯8
  • プロ農夢花巻のもちきびご飯9

プロ農夢花巻

プロ農夢花巻のもちきびご飯

内容量1袋(450g)1ヵ月分(1日15g目安)
原材料もちきび、ひえ、黒米、赤米、うるち玄米、もち玄米、たかきび、もちあわ、もち麦、丸麦(大麦)、割麦(大麦)、はと麦
※原料は天候などの諸事情により、産地を変更する場合があります。
胚芽精米担当者工藤慎太郎
製造責任者伊藤満(JAグリーンサービス花巻)
賞味期限製造日より1年
保存方法常温保存、常温便
製造国日本

※表示義務添加物:不使用
※アレルギー表示原料:不使用

原材料と栄養分析値

表示義務添加物:不使用
製造国:日本/製造責任者:伊藤満(JAグリーンサービス花巻)

アレルギー表示原料:不使用

一次原材料産地・加工地生産者・製造元二次原材料産地・加工地
もちきび岩手・北海道桐田敏子、他
ひえ岩手・北海道高橋真樹、他
黒米岩手・北海道齋藤俊伸、他
赤米岩手・北海道安藤香、他
うるち玄米岩手・北海道齋藤清彦、他
もち玄米岩手・北海道藤原さつき、他
たかきび岩手・北海道畠山拓也、他
もちあわ岩手・北海道高橋善勝、他
もち麦佐賀木須栄作、他
丸粒岩手及川光孝、他
挽割岩手及川雄太、他
はと麦岩手中島忠成、他

環境情報

栄養分析値(100gあたり)
熱量たんぱく質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当量
349kcal9.2g3.3g72.5g1.2mg0.003g
本体容器の材質梱包材
袋/PA・PE段ボール

 もちきびご飯「大さじ1(15g)」を加えて炊いた白米1合は、(算出条件は下記参照)。

  • 腸内環境を整える食物繊維………………58%増加
  • 骨の形成を助けるマグネシウム…………34%増加
  • 元気をサポートするビタミンB1…………30%増加
  • 血液中で酸素の運搬に役立つ鉄分………11%増加

この雑穀ミックスの生みの親は、岩手県の生産者グループ「プロ農夢(のうむ)花巻」の高橋一矢さん。わが国有数の雑穀の産地、岩手県で20種以上の雑穀を栽培し、10年以上かけて栄養と味の配合バランスを試行錯誤して、ようやく完成させた12種類の雑穀ミックスです。

国産100%の雑穀ミックスは希少価値。

 雑穀はパサパサでまずいと思い込んでいる人はぜひ、本品を食べて驚いてください。最近は「そこそこ旨い雑穀」も出回っていますが、本品はそのさらに上をいく「甘味とコクが旨い雑穀」です。
 競合品の多くは「きび」「あわ」「はと麦」「大豆」が主体の雑穀ミックスが主流ですが、本品は、「甘さとコクが強いもちきび」を20%も配合しているのでおいしさが違います。
「栄養価を増やすだけなら、黒豆(大豆)や小豆などの豆類を多めに入れればいい。でも豆類は味が濃いので白米の旨みを邪魔してしまいます。毎日食べ続けていくためには、おいしさが大事なのでもちきび20%配合にいきつきました。こんな雑穀ミックスはほかには例がないと思います」(高橋一矢さん)
 もう一つ、競合品には見られない本品だけの特長が、12種類の雑穀すべて、胚芽を残してあるところ。ご存じの通り、胚芽は穀物の栄養の宝庫です。表皮を取り除くときに胚芽を残して精白してあります。
 6ヵ月頒布会の「第1回め」は25%割引なので、まず召し上がってみてお口に合わないときは翌月すぐにキャンセルしてくださってけっこうです。

栄養比較【白米1合(165g)と「本品大さじ1(15g)+白米150g」を比較】

【条件】日本食品標準成分表(2015年版)より、こめ[水稲穀粒]精白米うるち米165g(1合相当)当り食物繊維0.825g、カルシウム8.25mg、鉄1.32mg、ビタミンB1 0.132mgをそれぞれ1とし、同こめ150gと本品15g(一財・日本食品分析センターで分析)の食物繊維0.56g、カルシウム1.86mg、鉄0.26mg、ビタミンB1 0.051mgを加えて編集部で求めた値。

効果を実感もちきびご飯を続けている理由をうかがいました。

「炊き立ての香りが甘いのはもちきびのお手柄。雑穀が苦手な人でもこれはおいしいと思う」

愛用歴3年 小林まさるさん(料理研究家)

 戦中、戦後に育っているので、少しのお米に雑穀をたくさん入れたご飯をよく食べていました。雑穀の食文化が豊かだった岩手出身のおふくろが、エンバク、もちきび、押し麦、コーリャンを入れて炊いてくれたものだけど、もちきびは甘みがあって好きだった。
 3年前にこのもちきびご飯を申込んだのは、「もちきびはおいしい」という記憶が刷り込まれていたから。もちきびが20%も入っていたら、そりゃ旨いに決まっている。
 炊飯器のフタを開けたときの甘い香り、炊き立てをほおばるとほのかな甘みともち米のようなモチモチ感はもちきびのお手柄ですね。
 炊飯器で炊くときに、塩をひとつまみ入れると、甘さが際立ちます。とっておきは、「もちきびご飯」でつくるスープです。体調がわるいと便秘になりやすいのですが、そんなときにこのスープを食べると調子がいい。便秘薬にはあまり頼らなくなりました。

こばやし・まさる●1933年生まれ。70歳から料理研究家の道へ。YouTube「小林まさる88チャンネル」を配信中。


「お通じの悩みから食べ始めましたけど、3年も続いているのはおいしいから」

愛用歴3年 江上栄子さん(料理研究家)

 一度の食事であまり量が食べられなくなり、お通じの悩みも出てくる私たちの世代にとって、栄養もあって食物繊維がたっぷり摂れる雑穀はぴったりの食材です。しかもすべて国産なんて、貴重です。白米だけでは摂れないミネラルやフラボノイドも摂れるので、毎食食べるようにしています。
 炊きあがったときに甘いきびの香りが漂ってくるのは、もちきびが多いからですね。噛むごとにきびの甘みとプチプチした食感が楽しめます。口にジワッと広がるコクと甘みがなんともおいしい。アントシアニンが豊富な黒米と赤米のコリコリした歯ごたえもいい。雑穀を敬遠している人も、これなら続けられますよ。
 このもちきびごはんは噛めば噛むほど旨みと香ばしさを感じられるから、自然と咀嚼の回数が増えるのもいいですね。噛むことで脳も刺激されるし、顔の筋肉も鍛えられて表情も豊かになるからいいことだらけ(笑)。

えがみ・えいこ●1935年生まれ。江上料理学院院長。テレビ、ラジオ、新聞など多くのメディアで活躍。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください