「もちきび」が主役の雑穀ミックスは他に見当りません。甘み、コク、香り…ああ、おいしい。

  • もちきびご飯0
  • もちきびご飯1
  • もちきびご飯2
  • もちきびご飯3
  • もちきびご飯4
  • もちきびご飯5
  • もちきびご飯6

プロ農夢花巻

もちきびご飯

内容量1袋(450g)1ヵ月分(1日15g目安)
原材料岩手・北海道:もちきび、ひえ、もちあわ
岩手・長野:たかきび
佐賀:もち麦
岩手:黒米、赤米、うるち玄米、もち玄米、丸麦(大麦)、割麦(大麦)、はと麦
※原料は天候などの諸事情により、産地を変更する場合があります。
製造責任者伊藤満(JAグリーンサービス花巻)
賞味期限製造日より1年
保存方法常温保存、常温便
製造国日本

※表示義務添加物:不使用
※アレルギー表示原料:不使用

原材料と栄養分析値

表示義務添加物:不使用
製造国:日本/製造責任者:伊藤満(JAグリーンサービス花巻)

アレルギー表示原料:不使用

一次原材料産地・加工地生産者・製造元二次原材料産地・加工地
もちきび岩手・北海道桐田敏子、他
ひえ岩手・北海道高橋真樹、他
黒米岩手・北海道齋藤俊伸、他
赤米岩手・北海道安藤香、他
うるち玄米岩手・北海道齋藤清彦、他
もち玄米岩手・北海道藤原さつき、他
たかきび岩手・北海道畠山拓也、他
もちあわ岩手・北海道高橋善勝、他
もち麦佐賀木須栄作、他
丸粒岩手及川光孝、他
挽割岩手及川雄太、他
はと麦岩手中島忠成、他

環境情報

栄養分析値(15gあたり)
熱量たんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
52.4kcal1.4g0.5g11g0.00045g
本体容器の材質梱包材
袋/PA・PE段ボール

 甘みのある雑穀として評価されている「もちきび」をふんだんに使った雑穀ミックスです。もちきびは希少なために価格は競合品より1割ほど高くなります。そう、本品は雑穀ミックスを栄養面と美味の両面からつきつめた一品です。

希少な「もちきび」を贅沢に使い、白米に甘みと食感をプラス。

 本品は高名な料亭でも愛用されています。農林水産省の“料理マスターズ・ブロンズ賞”を2016年に受賞している『日本料理 たかむら』(秋田市)です。
「もちきびが多いから、炊き上がるとふわっと甘い香りがします。ほんのりした甘みは白米ともよく合うし、プチプチした食感はおかずに負けないので、コース料理の締めのご飯として使わせていただいています」
 店主の髙村宏樹さんはそうおっしゃいます(くわしくは下記)。
 写真をごらんください。鮮やかな黄金色の粒々が「もちきび」です。もちきびの特長は、甘さともっちりとした食感。白米よりも甘みがあり、卵のようなコクがあります。
 その甘さゆえに、作付しても多くが収穫前に鳥や虫に食べられてしまう希少で高価な雑穀。競合品の多くがもちきびを少量しか使っていないのはそのためです。本品は12種の雑穀から成りますが、もちきびが約2割といちばん多く配合されています。いかに贅沢かおわかりでしょう。

胚芽つきだから白米と比べて食物繊維が58%も増える。

 もちきびの割合を多くしておいしさを担保するだけでなく、12種すべての雑穀が「胚芽つき精白」です。胚芽は言うまでもなく、鉄、マグネシウム、カルシウム、カリウム、亜鉛といった、体に重要な栄養がつまっている貴重な芽。「高度な精白技術」と「粒の大きさがそろっている」という二つの条件が合致して初めて、胚芽つきが可能になります。
 白米1合につき「胚芽つき本品」ひとさじを混ぜて炊くだけで、白米のみの場合と比べて、左のように栄養価が増加します(算出条件は下記参照)。

  • 便通の改善を促す食物繊維……………………58%増加
  • 骨や歯の形成に必要なマグネシウム…………34%増加
  • 疲労を軽減するビタミンB1……………………30%増加
  • 体内で酸素を運ぶ鉄分…………………………11%増加

 本品12種の雑穀は、岩手県、北海道、長野県、佐賀県産と、すべて国産です。胚芽つき精白は「プロ農夢花巻」(岩手県花巻市)が担当しています。
  雑穀は精白すると酸化が進んでしまうため、頒布会では発送前に精白した搗きたてを毎月1回1袋(450グラム)お届けします。


これだけは知っておきたい。食物繊維の知識

「食物繊維の不足分を補うには、主食を白米から雑穀米に変えることが一番の近道です」

青江誠一郎先生

あおえ・せいいちろう●大妻女子大学家政学部食物学科教授。農学博士。日本食物繊維学会理事長。著書に『最強! 毒出しごはん』(河出書房新社)。

食物繊維は腸内細菌を元気にし、生活習慣病を防いでくれます。

 まずは上のグラフをごらんください。食物繊維の摂取量は、穀物の摂取不足に伴い、年々減少傾向にあります。その一方、厚生労働省は1995年以降、食物繊維を「積極的な摂取が生活習慣病の予防に重要」として、摂取基準を定めるほど評価するようになりました。
 その理由をご説明しましょう。
 食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があります。
 水溶性食物繊維は、糖質や脂質の吸収を抑えて、血糖値を上げにくくします。さらには、腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を整える働きもあります。雑穀に入っている大麦(押し麦やもち麦)や果物、海藻類などに豊富です。
 不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して便のかさを増やし、排便を促します。また、腸を刺激してぜん動運動を助け、便通を改善する役割もあります。雑穀全般やきのこ類、甲殻類などに豊富です。
 厚生労働省は、食物繊維の1日当りの目標摂取量を男性21g、女性18gに定めていますが(※1)、実際の1日の平均摂取量は男性14.9g、女性14.2gと、だいぶ不足しています。私はこの不足分を、食物繊維が豊富な雑穀を白米に混ぜた、雑穀米で補給することをおすすめします。
 現在の日本人が食物繊維を最も多く摂っているのは「白米」です(※2)。ところが、白米に含まれる食物繊維は野菜や豆類ほど多くありません。それにもかかわらず、白米からの食物繊維の摂取量がいちばん多い理由は、私たちが主食として毎日食べているからです。雑穀を白米に混ぜて雑穀米として食べれば、いま以上に食物繊維が摂れ、不足分を補えるのです。
 ただし、いくら食物繊維がたくさん摂れるからといっても、おいしくなければ毎日続けられません。最近は味や食感を楽しむ雑穀も増えています。もちきびは甘くてコクのあることで知られ、もちあわはとろみが強くもっちりした食感があります。ご自分に合った雑穀を選んで、ぜひ主食として毎日食べてください。

※1 「日本人の食事摂取基準」2020年版 18~64歳の目標摂取量。65歳以上は1g減。
※2 平成25年国民健康・栄養調査

「もちきびの甘さとコクが白米の味を高めてくれる。自信を持って店で出せます」

愛用歴5ヵ月 髙村宏樹さん
(日本料理たかむら店主・49歳)

 店を構えて20年を過ぎますが、雑穀をお客さんに出したのはこれが初めてです。
 これまで食べた雑穀と違うのは白米との相性の良さ。白米の旨みにもちきびの甘さとコクが加わり、噛むほどに麦の香ばしさも感じられます。
 歯ごたえがしっかりしているのもこの雑穀の魅力です。いま(3月下旬)はコース料理の締めで、これに『桜の花のあんかけ』をかけて出しています。食通のお客さんからも「プチプチした食感がクセになる」と評判がいいですよ。


「香りから甘さが漂う雑穀は初めて。もちきびが多いってこういうことなのね」

愛用歴3ヵ月 こぐれひでこさん
(イラストレーター・73歳)

 食事は「健康よりおいしいを優先する派」です。だから知人に「この雑穀、おいしいですよ」と渡された時は「本当かな」って半信半疑でした。
 というのも、以前18種類の雑穀ミックスや押し麦などを食べましたが、味が素朴すぎて長続きしなかったんです。
 でもこれは香りから違いました。炊飯器を開けると甘い香りが漂ってきて食欲がわいてくる。炊き立てに塩昆布を乗せるととてもおいしい! 甘さと塩気が相まって、お箸がどんどん進みます。


「白米よりおいしいから、わが家はこれが主食。不定期だったお通じも快調です」

愛用歴9ヵ月 W・Mさん
(石川県・85歳)

 2年前、腸に病気が見つかり、主治医から食物繊維を摂るように指導されました。
 それを機に好きな白米から五穀米や玄米に変えたのですが、スーパーで買う雑穀はどれも味気なくてボソボソして毎日は続けられず……。
 白米よりおいしくなる雑穀なんてあるんですね。噛むたびに甘みがジワっと出てきて、すぐに好きになりました。
 以前は便通が乱れて2〜3日出ないことがよくありましたが、食べ始めて1ヵ月経ってからは、ほぼ毎日快調です。


「12種類すべてが国産で産地が明らかなのはめずらしい。安心して食べられます」

愛用歴9ヵ月 H・Yさん
(東京都・47歳)

 もち麦や大麦、黒豆や小豆を混ぜたものなど、雑穀はこれまでいくつも試しましたが、おいしくても中国、ミャンマー、北米産など、いろいろな産地のものがブレンドしてあって不安だったんです。
 その点、これは12種類すべての産地がわかって安心だし、胚芽つきなのもめずらしい。
 週2回程度だったお通じが1日おきに出るようになったのもうれしかったです。ぬか漬けなど発酵食品も意識して食べていますが、これの食物繊維のおかげだと思います。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください