料亭が一番だしに使う「鹿児島産本枯節」を惜しみなく使用。食塩無添加なのに旨みだけでしっかり味がつく。

  • 本枯節の無加塩だし0
  • 本枯節の無加塩だし1
  • 本枯節の無加塩だし2
  • 本枯節の無加塩だし3
  • 本枯節の無加塩だし4
  • 本枯節の無加塩だし5
内容量1箱:4g×60袋
原材料風味原料(かつお本枯節粉末、かつお節粉末、宗田節粉末、
昆布粉末、椎茸粉末)、マルトオリゴ糖、酵母エキス、澱粉
食塩相当量0.12g(1包)
※原材料中のナトリウムに由来
アレルギー表示原料不使用
表示義務添加物なし
賞味期限製造日より1年6ヵ月
保存方法直射日光を避けて常温保存
製造責任者田耕邦子
製造国日本
 半年以上熟成させて旨み成分・グルタミン酸をたっぷり蓄えた本枯節をはじめ、贅沢素材を集めてつくった本格だしです。食塩をまったく加えていないので、血圧が気になる人も味噌汁や煮物の味つけ、洋食の隠し味に安心して使えます。
 だしが手軽にとれる「顆粒だし」はいまや毎日の食事づくりに欠かせませんが、多くの市販品には塩が使われています。
 「日本食品標準成分表」(2015年版)によると、一般的な顆粒和風だしに含まれている塩分(食塩相当量)の割合は40.6%。それに対して本品はわずか3%。この3%は、原材料がもともと持っている塩分(ナトリウム)が含まれているためで、塩分は1袋4gにつき0.12gしかありません。
 塩に頼らずにしっかりした旨みを出せるのは、味覚の相乗効果にあります。
 本品の主役はカビつけをして半年以上ムロで熟成させた鹿児島産の「本枯節」。旨味のもとであるイノシン酸やグルタミン酸がたっぷり含まれています。
 そして、香り出しに欠かせない「荒節」、蕎麦屋さんでよくコク出しに使われる「宗田節」、さらに「真昆布」のグルタミン酸、「干し椎茸」のグアニル酸と、複数の素材を合わせることで旨味が飛躍的に強くなりますから、食塩入りのだしに勝るとも劣らない深みのある味をつくっています。
 原料粉末を顆粒化するのは、ジャガイモの「でんぷん」と「マルトオリゴ糖(タピオカのでんぷんからつくった自然素材)」。旨味のまとめ役はパン酵母由来の「酵母エキス」。
 すべて自然素材だけを使っています。
 1包は味噌汁4人分(600ml)にちょうどいい4g。
 国産の材料にこだわる自然食品メーカー、TAC21の製品。
※原材料は天候不順などで産地が変わる場合があります。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動