カテキンたっぷりの粉末緑茶。湯飲み1杯のカテキン量約125mgは急須で淹れた煎茶の約2倍。

  • カテキン有機粉末緑茶0
  • カテキン有機粉末緑茶1
  • カテキン有機粉末緑茶2
  • カテキン有機粉末緑茶3
内容量1袋40g(約50杯分)
原材料有機煎茶
アレルギー表示原料不使用
賞味期限製造日より1年
保存方法高温多湿を避けて常温保存、常温便
製造責任者鈴木茂元
製造国日本

 静岡で有機栽培された緑茶を微粉末化。

「カテキン」は緑茶に含まれる渋み成分でポリフェノールの一種。近年の研究では「血圧を下げる働き」「細菌やウイルスを抑える働き」「活性酸素を抑制する働き」が報告されている。
 緑茶でカテキンを摂るなら急須のお茶より、茶葉を丸ごと摂れる粉末茶が効率的だ。
 本品は、鈴木猛史さんたち静岡・砂川共同製茶組合が農薬を使わずに栽培した緑茶を微粉末化した「茶葉100%の 粉末茶」である。
 本品1杯(100ml)に含まれるカテキンは、急須で淹れたお茶の約2倍に当る約125mgもある(株・エコプロ・リサーチ調べ。下記参照。)。
 甘みたっぷりの一番茶に、カテキン含有量の多い二番茶の新芽をブレンドしているので飲みやすい。「低温・無酸素」状態で粉末化しているため苦みが少なく、口に含むと新茶のようなまろやかな甘みが味わえる粉末茶である 。
 1袋(40g)で湯飲み約50杯分。

算出条件

●本品のカテキン量(124.8mg/100mlのお湯に本品0.8gを溶かした場合)/株エコプロ・リサーチ調べ(HPCL法で計測)。
●急須で淹れた煎茶のカテキン量(63.63mg/100mlあたり)/『日本食品標準成分表2010』と『紅茶・緑茶・烏龍茶の化学と機能』(弘学出版)のタンニン及びカテキンの数値をもとに算出。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動