1杯100ml中に抜群の生命力を誇る乳酸菌がなんと1000億個。「腸に達する生存率95%」が自慢です。

  • 野村乳業の毎日千億0
  • 野村乳業の毎日千億1
  • 野村乳業の毎日千億2
  • 野村乳業の毎日千億3
  • 野村乳業の毎日千億4
  • 野村乳業の毎日千億5
  • 野村乳業の毎日千億6

植物乳酸菌飲料

野村乳業の毎日千億

特許第4346559号
内容量1本(700ml)1週間分×4本1ヵ月分(1日100ml目安)
原材料にんじん(濃縮還元)、セロリ(濃縮還元)、イソマルトオリゴ糖、梨果汁(濃縮還元)、乳、醸造エキス末
アレルギー表示原料
賞味期限製造日より35日
保存方法冷蔵保存(開封後は10日)、冷蔵便
製造責任者奥博貴
製造国日本

※薬との併用は問題ありませんが、「免疫抑制剤」を服用中の方は医師とご相談ください。

原材料と栄養分析値

一次原材料産地
加工地
生産者
製造元
二次原材料産地
加工地
にんじん汁日本日本果実加工
セロリ汁日本ダンフーズ
イソマルトオリゴ糖愛知日本コーンスターチとうもろこしアメリカ
梨果汁(濃縮還元)日本壽高原食品
広島日本酪農協同
醸造エキス末日本公表不可
(編集部確認済み)
醸造副産物日本
デキストリン日本

※原料は天候などの諸事情により、産地を変更する場合があります。

栄養分析値(100mlあたり)
カロリータンパク質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当
40kcal0.4g0.0g9.5g18mg0.07g

環境情報

本体容器の材質梱包材
キャップ・ボトル/PE、ラベル/PET段ボール
本品1杯(100ml)に入っている乳酸菌の数はなんと1000億個。しかもその95%が生きたまま腸に届きます。

 街には両手で数えきれないくらいの乳酸菌飲料が出回っているので、皆さん、選ぶのに苦労されていることと思います。まずは、生きている乳酸菌を選んでください。生きて腸まで届かないことには、「正常な腸内環境」はつくれないからです。

本品の乳酸菌はとても生命力の強い植物乳酸菌なので、生きたまま腸に到着する。

 「SN13T株」と命名された本品の乳酸菌は過酷な自然界で生き抜いてきた植物由来なので、人の胃酸や胆汁に負けない生命力の強さが特長です。
 口から入ったこの乳酸菌の95%は生きたまま腸に届きます。菌の発見者は広島大学の杉山政則教授(大学院医系科学研究科)。
 胃酸や胆汁に強い反面、かんたんには増殖しない「SN13T株」を、杉山教授とともに5年がかりで増殖に導いたのが、広島の老舗乳酸菌メーカー、野村乳業(1897年創業)。この増殖技術で特許を取得しています。「技術的には、死んだ菌なら飲料に1兆個を入れることも可能です。しかし生きた乳酸菌にこだわると、1000億個が限界ギリギリの数。それ以上の数になると酸味が強すぎて、とても飲める味ではありません」(野村乳業専務・野村和弘さん)
 毎日1000億個の95%が腸に届けば安心ということですか。 「いいえ、腸内に棲む善玉菌、悪玉菌、日和見菌の数量は100兆個くらい存在するといいますから、1000億個が届いたとしても微々たる数量。量よりは質、腸に到着した後の悪玉菌を抑える増殖力が問題なんです」
 そう言って野村和弘さんが見せてくれたのが、(画像5枚目の)最新テスト写真。悪玉菌と本品の「SN13T株」を同居培養させて両者の増殖変化を時間を追って観察したテストです。「SN13T株」は10時間で占有率をひろげていき、12時間後には便秘や下痢の原因となる悪玉菌の繁殖を阻止して圧倒的勝利。「SN13T株」のような、口から補給する乳酸菌は「助っ人善玉菌」と呼ばれますが、腸内で生きられるタイムリミットは1日程度だそう。毎日飲み続ける理由、おわかりですね。

本品の増殖技術は国内外で評価されている。。
  • 中小企業優秀新技術新製品賞(08年)
  • 第14回John M.Kinney栄養学部門国際論文賞(米・11年、授賞式はスウェーデン)

※文中の100ml当りの乳酸菌量は(一財)日本食品分析センターで分析。乳酸菌の生存率は(一財)広島県環境保健協会調べ。


これだけは知っておきたい。乳酸菌の知識

「便秘は大腸ガンのリスクを高めます。乳酸菌で悪玉菌を減らし、腸内環境を整えましょう」

後藤利夫先生

常在善玉菌が劣勢のときは助っ人善玉菌の「乳酸菌」が必要です。

 人の腸にはもともと100兆個以上の細菌が存在しており、私たちと共生関係にあることから「常在菌」と呼ばれています。
 腸内の常在菌は大きく3つのグループに分けられます。ビフィズス菌に代表される善玉菌、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、食べ物や体調によってどちらにも傾く日和見菌です。
 これらは日々勢力争いをしており、「腸内環境が良い」とされるのは善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%のバランスです。しかし50歳を過ぎると善玉菌の数は減り、悪玉菌の数が増加して、腸内環境のバランスが崩れ始めます。

 では、悪玉菌が増えて、腸内環境のバランスが崩れると、具体的にどのようなことが起きるのか。その代表が便秘です。
 悪玉菌が増えて便秘になると、便の腐敗が進み、体に害を及ぼすガスを発生させます。おならや便が異臭を放つ、お腹が張るといったことは、このガスが原因です。
 腐敗した便が一番たまりやすく、ガスの影響を受けやすい場所が、直腸部分とS状結腸部分です(上写真)。この2ヵ所、実は大腸がんが最も多く発生する場所。つまり、便秘による腐敗した便が、がんの発生に大きく関わっているということです。

 便秘を防ぎ、腸内環境のバランスを正常にするには、どうすればいいか。劣勢の常在善玉菌(ビフィズス菌)のために、「助っ人善玉菌」として「乳酸菌」を摂ることです。
 ただし、助っ人善玉菌である乳酸菌が、常在善玉菌と同じ働きをするためには、「生きたまま腸に届くこと」が条件です。生きたまま腸に届かないと、悪玉菌を抑制し、善玉菌が活躍できる酸性の環境を生み出す「有機酸」が生成できません。
 また、腸には「腸管免疫」という免疫システムがあり、腸内環境が悪くなると病原菌が体内に侵入しやすくなります。これも乳酸菌で腸内環境を整えることで防ぐことができます。乳酸菌には「IgA抗体」という疫抗体を増やす働きが確認されており、風邪や肺炎などの対策にも役立ちます。
 まさに万能といった乳酸菌ですが、あくまで「助っ人」なので残念ながら常在できず、便とともに排出されてしまいます。乳酸菌は毎日摂り続けることが大切なのです。

ごとう・としお●大隅鹿屋病院内視鏡センター長。無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)など著書多数。

Q:飲み続けているうちに、お腹の変化を実感しにくくなったのですが……。

A:画像の「お腹の変化を実感した」人のうち42%が、1年以上続けている中でまれに変化を実感しにくくなるときがあるとのことです。
 野村乳業の野村和弘さんはこう回答しています。
「脳腸相関という言葉があるほど脳と腸は密接に関係しています。本品を毎日飲んでいても、ちょっとした緊張やストレスで腸内環境が突然乱れることはあります。そういうときは、本品と合せて運動やマッサージをして腸を刺激するのもいいでしょう。1~2日排便がなくても、不快感がなければ便秘ではないので心配することはありません」
 上記の香山リカさんのようにハーブティーなどで心を落ち着かせる、キウイやバナナといった食物繊維が豊富な果物を摂るなどの相乗効果で実感が戻ったとの声もありました。

「飲み始めて1ヵ月で便が安定しました。植物乳酸菌の力、実感しています」

愛用歴6年9ヵ月 岸本葉子さん
(エッセイスト・59歳)

 01年に虫垂がんを患ってから便秘には神経質なほど気をつけています。食事を野菜中心にして、発酵食品である自家製のぬか漬けも欠かしません。それでも日によって軟便気味だったり硬かったりしたので、これを飲み始めました。
 私の場合は穏やかに効いたのか、1ヵ月ほどで痛みや下痢など不快感のない、硬さも健康的な便が出ました。
 最近、乳酸菌は免疫力アップにもいいと聞きますから、お腹と体の調子を整えるためにも飲み続けます。


「乳酸菌は胃酸で死んでしまうはず。そんな僕の知識をこれは裏切った」

愛用歴2年7ヵ月 辰巳琢郎さん
(俳優・61歳)

 もともと腸が過敏で、食べ過ぎるとゆるくなることが多かったんです。舞台公演が近づくと、ストレスや緊張でいつも不安定になっていました。
 僕が聞いた話では、乳酸菌は胃酸で死ぬはず。だから半信半疑だったけど、飲み始めて1ヵ月でお腹が安定してきました。これ、本当に生きて腸まで届いているんですね。
 それからは地方公演のときも必ず持って行っています。1ヵ月の長期公演でも、お腹の不安を感じずにいられるので本当に助かりますね。


「コロナで緊張が増すと、とたんに不調に。心と腸はつながってるんですね」

愛用歴2年10ヵ月 香山リカさん
(精神科医・60歳)

 50代に入ってから、お通じが不定期になってきました。ただサプリの成分や効果には懐疑的だったので、この人参の乳酸菌飲料を申込みました。
 それから2年半、お腹の調子はずっと良かったのですが、今年3月に私の勤務する病院にコロナ外来ができると、緊張感が高まったせいか、お通じが週に2回ほどに。
 これを飲みつつ、カモミールのハーブティーなどを摂って心をリラックスさせると、4月半ばにはまたトイレに行く回数が増えました。


「乳酸菌飲料はいろいろ試しましたが、これが一番お腹を動かしてくれました」

愛用歴2年8ヵ月 玉川美沙さん
(ラジオパーソナリティ・49歳)

 4年前から食生活が9歳の息子中心になりました。食事はハンバーグなどの洋食が多くなり、夕食の時間は5時半。息子が寝た後、深夜12時頃から仕事の準備をすると、つい夜食に手が伸びてしまう。
 そうしているうちに、お腹の快調日が週1日になってしまい、17年11月にこれを申込みました。
 10日経っても変化がないので諦めていましたが、2週間を過ぎた頃からストレスなく、自然にお通じが出るように。以後、ほぼ毎日快調です。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください