野菜不足を補いながら、知的ポリフェノールでもの忘れの進行を遅らせる――一石二鳥の青汁です。

白澤卓二のポリフェノール青汁

内容量1箱:1袋(4g)×60袋1ヵ月分(1日2袋を目安)
賞味期限製造日より1年6ヵ月※常温保存
原材料大麦若葉末、緑茶末、大豆末、ターミナリアベリリカエキス末、ケール末、みかん末、ウコン末、ボタンボウフウ(長命草)末、モロヘイヤ末、タマネギ外皮エキス末
アレルギー表示原料大豆(乳成分を含む製品と同じ工場で製造)
使用上のご注意※本品はビタミンKを含みます。血栓症で血液凝固阻止薬、特にワルファリンカリウム(ワーファリン)を服用中の方は、医師にご相談ください。
表示義務添加物不使用
製造責任者有馬孝一(東洋新薬)
製造国日本

原材料と栄養分析値

一次原材料産地
加工地
生産者
製造元
二次原材料産地
加工地
大麦若葉末日本東洋新薬大麦若葉熊本・宮崎
緑茶末日本東洋新薬、他福岡・三重
大豆末日本向井珍味堂大豆熊本・三重
ターミナリアベリリカエキス末インド東洋新薬ターミナリアベリリカインド
ケール末日本東洋新薬、他ケール熊本・宮崎、他
みかん末日本日本粉末薬品みかん福岡・和歌山、他
ウコン末沖縄金秀バイオウコン沖縄
ボタンボウフウ(長命草)末日本東洋新薬、他ボタンボウフウ(長命草)熊本・鹿児島、他
モロヘイヤ末日本セイシン企業、他モロヘイヤ島根
タマネギ外皮エキス末日本太邦タマネギ外皮北海道・兵庫
栄養分析値(1袋4gあたり)
カロリータンパク質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当
13kcal0.9g0.3g2.4g1mg0.003g

環境情報

本体容器の材質梱包材
個包装/PET・PE・アルミ・PE、外箱/紙段ボール

 画像をごらんください。青汁なのに青くありません。この「渋色」が頭と体にいいポリフェノールの色です。青汁は数多くありますが、認知機能の維持に役立つ9種の知的ポリフェノールが摂れる青汁は他に見当りません。

白澤卓二先生が選んだ9種の知的ポリフェノールが、1日分(2袋)で253mgも摂れる。

 本品は、抗加齢医学研究の第一人者、白澤卓二先生が野菜と果物を指定、配合してくださった青汁です。
 青汁の定番である「葉菜」に加えて、本品には競合品では見かけない5種の「果菜、根菜、茎菜」が含まれています。その理由を白澤先生はこうおっしゃいます。
「青汁を開発するにあたり、私がもっとも入れたかった成分が、認知機能の維持に役立つ“知的ポリフェノール”です。私が評価している知的ポリフェノールは、学術論文で確認されている6種(ページ下部参照)と、私の調査研究による3種の合計9種。その9種が豊富に含まれているという点から、大豆やウコン、みかんなど、一般的な青汁では見かけない野菜や果物を配合しました。これまでの青汁と違って渋色になっているのはそのためです」
 1種の知的ポリフェノールをたくさん摂るのではなく、9種から摂る理由は?
「認知症の原因は一つではないので、認知機能に対してさまざまな働きがある知的ポリフェノールをバランスよく摂ることが大切です。大豆イソフラボン、大麦若葉とケールに含まれるフェルラ酸は、アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβを抑える働きがあります。また、みかんのヘスペリジン、ボタンボウフウのルチンには血流改善の働きがあり、脳血管性認知症対策に役立ちます。9種それぞれに役割があるのです。
 ポリフェノールは体内に長時間とどまらないので、毎日続けて摂ることが大切です。毎日続けるために、ポリフェノールを青汁化することはとても理に適っています」

1日分(2袋)で約81gの野菜と果物が摂れるから、野菜不足をかんたんに補える。

 厚生労働省が推奨する1日当りの野菜摂取量の目標は350g(※1)。それに対して、成人(20歳以上)の摂取量の平均は288.2g。1日当り61.8gも不足しています(※2)。
 本品の1日分(2袋)は約81gの野菜、果物でつくられていますから、野菜不足をかんたんに補えます。
 合成ビタミンなどの添加物は一切なし。糖分も加えていないので、血糖値が気になる人にもおすすめです。
※1 「健康日本21第二次」(平成24年)厚生労働省
※2 「国民健康・栄養調査」(平成29年)厚生労働省
6つの学術論文の出典
学術論文1 Takashi Mori,et al. DOI:10.1371/Journal.pone. 0055774.Feb8,2013
学術論文2 Shrikant Mishra,et al. Annals of Indian Academy of Neurology.2008 Jan-Mar
学術論文3 Caroline Henry-Vitrac et al. Food Research International 43(2010)2176-2178
学術論文4 Angélica Maria Sabogal Guáqueta, et al. Neurophamacology 2015Jun;93:134-45
学術論文5 Natasa Dragicevic,et al. Journal ofAlzheimer’s Disease:JAD26(3): 507-21,June2011
学術論文6 Wang D,et al.Cel Mol Neurobiol:2014 Nov;34(8):1209-21.


これだけは知っておきたい。ポリフェノールの知識

「加齢とともに抗酸化力は低下します。ポリフェノールで、頭と体の老化対策をしましょう」

今野裕之先生

こんの・ひろゆき●ブレインケアクリニック医院長・医学博士。日本初のアルツハイマー認知症治療「リコード法」認定医。著書に『ボケない人の最強の食事術』(青春出版社)。

ポリフェノールは体の老化対策だけでなく、認知症対策にも役立ちます。

あなたの脳、大丈夫ですか?

 人間は呼吸によって酸素を取り込み、体内の糖類や脂質などの栄養素をエネルギーに変換して生きています。酸素と栄養素が化学反応を起こす際、副産物として生み出されるのが「活性酸素」です。
 活性酸素には強力な酸化力があります。酸化は例えるなら「サビつき」です。鉄がサビるともろくなるように、体の中が酸化すると細胞の働きが低下し、老化が始まります。活性酸素が過剰に増加すれば、体内で酸化が進み、がん、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こす原因になります。
 活性酸素の過剰な増加を防ぐために、私たちの体はつねに新しい「酵素」をつくり出し、活性酸素を分解しています。つまり「抗酸化」しているのです。
 しかし、加齢とともに酵素をつくる働きは低下し、抗酸化力も衰えます。60代になると、30代の半分以下の働きになるという研究報告もあります(※)。

 体内で衰えていく抗酸化力を補うためには、抗酸化物質を食事から摂ることが大切です。抗酸化物質にはさまざまな種類がありますが、特に注目されているのが「ポリフェノール」です。
 ポリフェノールは、植物が過酷な環境で生き延びるためにつくり出した色素や苦味成分です。主に野菜や果物の皮、種に含まれていて、その数は4000種類を超えます。細胞の老化の速度を抑えたり、免疫力を上げたりと、働きはさまざまですが、近年の研究で認知症対策に役立つポリフェノールがあることがわかってきました。緑茶のカテキンや、ウコンのクルクミン、米ぬかのフェルラ酸などです。
 アルツハイマー型認知症は、「アミロイドβ」「タウ」という異常なたんぱく質が脳に蓄積して、脳細胞に障害を起こし、記憶を司る海馬が縮むことで発症します(右上写真)。カテキン、クルクミン、フェルラ酸は、アミロイドβの蓄積を抑制し、さらにカテキンにはタウの蓄積も防ぐ働きが報告されています。
 ポリフェノールのほとんどは水溶性で体内にとどまることができません。毎日何回かに分けて摂ることをおすすめします。

※Y Niwa , K Ishimoto , T Kanoh. Blood (1990) 76 (4): 835–841.

「取材先の出来事を思い出しながら原稿を書く僕には、記憶力は何よりも大事」

愛用歴2年9ヵ月 椎名 誠さん
(作家・76歳)

 僕は取材ノートをほとんど書かない。記憶力には自信があるから、原稿を書く時に、アラスカで撮った写真を見ながら「ホテルの入口に、手袋は2セット持ちましょうと書いてあったな」と思い出せる。
 でも70歳を過ぎて漢字がすぐに浮かばなくなった。旅が多いから野菜不足も気になるし、これに頼ることにした。
 最初は「渋すぎるな」と感じたけど、だんだんその渋味がクセになってきた。いまの取材スタイルを守るためにも、飲み続けようと思っているよ。


「20種類の青汁を試した私がたどり着いたのがこれ。この渋味が体にいい証拠ね」

愛用歴4年6ヵ月 里中満智子さん
(マンガ家・72歳)

 昔、健康法の本(『里中満智子の健康法の女王』)を書いたことがあるほど、いろいろな食べ物健康法をやってきましたが、特に青汁は冷凍や顆粒など20種類は試しました。
 ポリフェノールが含まれている青汁を飲んだのは、これが初めてです。漫画は絵も物語も一人で考えるでしょ。頭の柔らかさを現状維持したいと思って続けています。
 私は甘くしてある青汁が苦手なので、この渋味がちょうどいい。「野菜を飲んでいる!」って実感できます。


「知力の維持は団塊世代には切実な問題。これはその一助になっていると思う」

愛用歴4年6ヵ月 ねじめ正一さん
(詩人、作家・72歳)

 我々もの書きは、書くのが日常だからね。脳の同じところしか使わないせいで新しい刺激があまりないんだ。だから、もの忘れの不安はもちろんありますよ。覚えているはずの小林一茶の俳句が急に出てこなかったりね。
 この渋味がポリフェノールの味なんだね。渋いからさすがに一気に飲むのは無理だけど、ひと口ずつ味わうように飲んでいると、いろいろな素材が入っているのがわかる。苦味があるから、なんとなく体に効いている感じがするよ。


「甘くないから続けられる。記憶力を維持している感じ、あるよ」

愛用歴2年9ヵ月 池田清彦さん
(評論家、早稲田大学・山梨大学名誉教授・73歳)

 5年前からメールマガジンを始めてパソコンを使うようになったら、手書きの原稿が書けなくなった。加齢で脳細胞は徐々に減るから、現状維持のためにこのポリフェノール青汁は理に適っていると思う。野菜不足も補えるしね。
 ポリフェノールは体内に蓄積されにくいから、飲み続けることが大事。味は飲み続けるための大切な要素だけど、これは甘くないので僕に合う。青汁の中には糖質が入った甘いタイプが多いので、これまでは続けられなかったんだよ。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください