飲むなら、名店のプロが唸った天然微炭酸の水。

  • 奥会津金山「天然炭酸の水」 頒布会0
  • 奥会津金山「天然炭酸の水」 頒布会1
  • 奥会津金山「天然炭酸の水」 頒布会2

奥会津金山「天然炭酸の水」 頒布会

内容量ペットボトル入り1本350㎖×30本
炭酸ガス含有量2000㎎以上/ℓ
硬度45㎎/ℓ(軟水)
アレルギー表示原料不使用
製造責任者堀清人(ハーベス)
賞味期限製造日より9ヵ月
保存方法常温保存

原材料と栄養分析値

一次原材料産地・加工地生産者・製造元二次原材料産地・加工地
炭酸水(鉱水)福島ハーベス
栄養分析値(100mlあたり)
カロリーたんぱく質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当量
0kcal0.0g0.0g0.0g1.3mg0.003g

環境情報

本体容器の材質梱包材
容器/PET、フィルムPS、キャップ/PP段ボール
血流を活性化すると言われる炭酸水を毎日の習慣に。

 炭酸水に含まれる炭酸ガスには、血管を拡張して血流を活性化する働きがあると言われています。今、血行不良が引き起こす不調対策として、炭酸水を毎日の生活に取り入れる人が増えています。
 本品は、飲用としては国内でたった2ヵ所しか採れない「天然炭酸の水」。採水地は、森に囲まれた水の郷、福島県奥会津金山町です。
 シャンパンと見間違うような繊細な泡が溶け込んだ「微炭酸」なので、口当りは柔らか。ピリピリした強い刺激は感じません。
 日本で手に入る海外産の天然炭酸の水はほとんどが硬水ですが(20年11月編集部調べ)、本品は日本人の味覚に合う「軟水」。まろやかで飲みやすく、食事にも合せやすいのが特長です。
 わが国を代表する名水として、16年の伊勢志摩サミット、19年の大阪サミットの「卓上水」にも選ばれました。
 1本(350ml)当り約166円。一流店で注文すれば、330mlで600円前後するはずです。

「この微炭酸は食材の個性をまったく邪魔しない。こんなに日本料理向きの炭酸水は他にはないでしょう」

野﨑洋光さん
(東京南麻布 日本料理分とく山 総料理長)


「初めてこれを注文されたお客様はほぼ例外なく、炭酸の柔らかい口当りに驚かれます」

髙松紘子さん
(京王プラザホテル鉄板焼やまなみ 店長)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください