まろやかで甘みのある奥会津の天然微炭酸の名水を毎月お届けします。

  • 奥会津金山「天然炭酸の水」0
  • 奥会津金山「天然炭酸の水」1
  • 奥会津金山「天然炭酸の水」2

ハーベス

奥会津金山「天然炭酸の水」 12ヵ月頒布会

内容量ペットボトル入り1本350㎖×30本
炭酸ガス含有量2000㎎以上/ℓ
硬度45㎎/ℓ(軟水)
アレルギー表示原料不使用
製造責任者堀清人(ハーベス)
賞味期限製造日より9ヵ月
保存方法常温保存

原材料と栄養分析値

一次原材料産地・加工地生産者・製造元二次原材料産地・加工地
炭酸水(鉱水)福島ハーベス
栄養分析値(100mlあたり)
カロリーたんぱく質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当量
0kcal0.0g0.0g0.0g1.3mg0.003g

環境情報

本体容器の材質梱包材
容器/PET、フィルムPS、キャップ/PP段ボール

 スーパーやコンビニでよく見かける炭酸水。その多くが純水に炭酸ガスを加えた人工炭酸水ですが、本品は違います。飲用としては国内でたった2ヵ所でしか採れない、自然に炭酸ガスを含んで湧き出た“天然炭酸の水”です。
 採水地は、森に囲まれた水の里、福島県奥会津金山町。
 第一の特長はキメの細かい泡です。シャンパンと見間違うような繊細な泡が溶け込んだ“微炭酸”なので、口当りは柔らか。人工炭酸水のようなピリピリした刺激は感じません。
 第二の特長は“軟水”であること。日本で手に入る海外産の天然炭酸の水はほとんどが硬水ですから(2020年6月、編集部調べ)、軟水の本品がいかに希少かおわかりでしょう。まろやかで飲みやすく、日本人の味覚と相性抜群です。
 わが国を代表する名水として、2016年の伊勢志摩サミット、2019年の大阪サミットの「卓上水」にも選ばれました。
 1本(350㎖)当り約166円。一流レストランで本品を注文すると330㎖で500〜600円はするはずです。

「この微炭酸は食材の個性をまったく邪魔しない。こんなに日本料理向きの炭酸水は他にはないでしょう」

野﨑洋光さん
(東京南麻布 日本料理分とく山 総料理長)


「初めてこれを注文されたお客様はほぼ例外なく、柔らかい炭酸の口当りに驚かれます」

髙松紘子さん
(京王プラザホテル鉄板焼やまなみ 店長)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください