熟練職人が手づくりする吸湿性抜群の涼しい敷物。

  • 沖縄ビーグ敷き0
  • 沖縄ビーグ敷き1
  • 沖縄ビーグ敷き2
  • 沖縄ビーグ敷き3
  • 沖縄ビーグ敷き4
  • 沖縄ビーグ敷き5
  • 沖縄ビーグ敷き6

外間元定・照屋守和

沖縄ビーグ敷き

サイズ2枚はぎ:220×176cm
3枚はぎ:250×192cm
1畳タイプ:176×88cm
重さ2枚はぎ:約9kg
3枚はぎ:約11kg
1畳タイプ:約3.6kg
素材ビーグ、い草
畳縁/綿85%、麻15%
裏地/ポリエステル
製造国日本

※代金引換、曜日・時間帯指定配達不可。

環境チェック情報

主要材料梱包材
い草段ボール
SDGs(持続可能な開発目標)とは、なんてむずかしく考えなくたって、本品を敷けば「いいものを永く使う暮し」が自然と実践できます。並みのござとはまるで違う、沖縄伝統の名品です。

「涼しくて丈夫」が毎夏人気を呼んでいる、一石二鳥の敷物です。
 沖縄ビーグは、太さがふつうのい草の2倍以上ある特別ない草。150年以上前に本土から伝わったい草が、沖縄の亜熱帯気候に合せて進化したといわれています。太いぶんだけ吸湿性が高くて、汗も熱気もぐんぐん逃がすから、寝転がると体がひんやり。汗でベタつくことはまずないはずです。
 つくっているのは熟練職人の外間元定さん(国頭村)と照屋守和さん(うるま市)。手間ひまのかかる無農薬・有機栽培で太いビーグを育て、麻引き織という伝統技法で1枚ずつ織り上げた、大量生産ができない希少品です。
 もともと丈夫なビーグをお二人が絶妙な手加減で織っているので、永く使ってもささくれたりほつれたりしにくいのが特長。取材では多くの読者が5年以上、最も長いケースでは15年愛用してくださっている読者もいました。
 表地はビーグ、中地2枚は熊本県八代産と福岡県筑後産のい草、裏地はポリエステルフェルトの4枚重ねです(写真)。フカフカの感触だから、長時間座ってもお尻が痛くなりません。
 4枚を合せて縁を丁寧に縫い合せる工程は、明治19年創業の老舗、イケヒコが担当しています。

「涼しくてフカフカで、わが家で一番落ち着く場所です」

大日向雅美さん(恵泉女学園大学学長)

 冷房なしでは夏を越せないほど暑さと湿気が苦手な私には、このひんやり感がぴったりでした。読書や執筆の合間にここで休むと、涼しさとビーグの清々しい香りで心底リラックスできます。
 今年8歳と6歳になる孫たちも、この気持ちよさがよくわかるみたい。3年前にこれを敷いて以来、遊びにくるとここで昼寝をするのがお決まりです。汗っかきの子どもが2人並んで寝たあとでも、表面がサラサラだから感心します。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください