座る、うつ伏せ、ごろ寝。どんな姿勢になっても背中と腰に密着して支えてくれる腰痛対策クッション。

  • ビーズクッション「座・気まま」0画像を拡大
  • ビーズクッション「座・気まま」1画像を拡大
  • ビーズクッション「座・気まま」25000回の疑似座りテストでは従来品と比較してヘタリ量が約半分だった。画像を拡大
  • ビーズクッション「座・気まま」3中には75Lもの大小を混ぜてヘタりにくくした特注ビーズ。ヘタったら追加できる。画像を拡大
  • ビーズクッション「座・気まま」4重さ1.4kgだから、片手でラクに持ち上げられる。画像を拡大
  • ビーズクッション「座・気まま」5有名旅館でも座椅子としてぞくぞく採用中(写真は旧タイプ)。画像を拡大
  • ビーズクッション「座・気まま」0
  • ビーズクッション「座・気まま」1
  • ビーズクッション「座・気まま」2
  • ビーズクッション「座・気まま」3
  • ビーズクッション「座・気まま」4
  • ビーズクッション「座・気まま」5

通販生活のクッション座椅子

座・気まま

山吹色、紅色、紺色
サイズ(約)幅68×長さ90×高さ62cm
重さ約1.4kg
素材側生地/綿100%
中材/発泡ポリスチレン・ポリエチレン・発泡ポリエチレン
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下〇(カバーのみ)段ボール、ポリ袋(PE)
本品の長所を一言で言うなら、「背中と腰にフィットする抜群の座り心地」。筋金入りの腰痛読者から支持されて、発売から16年経ってもなお人気が衰えない変形自在クッション。

 本品の内部には、画像3枚目のような2種類のビーズ(ポリスチレンとポリエチレン樹脂)がたっぷり75リットルも詰まっている。
 座ると体重で押されたビーズが三角形のてっぺんのすき間に移動して、背中からお尻までのカーブに合せた「あなた専用の背もたれ」をつくってくれる。
 思い切り体重をかけても、ビーズが腰と背中をしっかりホールドするから腰が沈み込みにくい。どんなに姿勢を変えても、ビーズは自在に変形して、あなたの体にフィットし続けてくれる。
 もうひとつの長所は「耐久性」。ポリスチレンのビーズは使っているとヘタってカサが減りやすいが、本品は2種の形の違うビーズを組合せることで、メーカー従来品と比べてヘタリ率(体積の減少率)を約50%に抑えている(テスト条件は下記をご覧ください)。
 重さは1.4キロ。握力の弱まった高齢女性でも片手でひょいっと持ち上げられる。掃除のときにもストレスにならない。
 1925年創業の寝具の老舗、大東寝具工業の看板商品。

形が違う2種類のビーズがヘタリにくさをつくる。

5000回の疑似座りテストでは従来品と比較してヘタリ率が約半分だった(テスト詳細は下記をご覧ください)。
 カバーは外して手洗いを。
●『座・気まま』の「替カバー」と、ヘタってきたときに充填する「追加用ビーズ」の詳細はこちら

テスト条件

へたり量テスト……本品と従来品の上に板を置き、60kgの砂袋を5000回落下させて厚みの減少幅(へたり量)を測定。本品は30mm、従来品は55mmだった(2014年7月29日、9月16日実施)。(検査機関:(一財)日本繊維製品品質技術センター)

 

「この座り心地、サイコー。僕の腰の状態に合せてベストな形をつくってくれる」

田口トモロヲさん(俳優)

 どっしり腰を落として体重を預けたり、こうやってうつ伏せになって床に脚本を置いて読んだり、「中庭のデッキが気持ちよさそうだな」ってひょいって移動させて座ったり。場所や体勢をど変えながら脚本を覚えるタイプの僕には、このクッション座椅子の自由自在性は本当に都合がいい。
 これがうちに来て6年になるけど、今年(23年)ほど活躍した年もないと思う。『千と千尋の神隠し』と『リムジン』、長丁場の舞台の仕事が重なっていつもより腰が痛むことが多かった。本番中も腰サポーターが手放せなかったぐらいだから、家に帰ってこれに座るとホッとした。その日の僕の腰の状態に合せてベストな形をつくってくれるから、腰の緊張がほぐれてリラックスできるんです。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください