窓から入り込む太陽熱を53%もハネ返してくれるメッシュ遮熱シート。

  • クールアップ・プラス 2枚組0
  • クールアップ・プラス 2枚組1
  • クールアップ・プラス 2枚組2
  • クールアップ・プラス 2枚組3
  • クールアップ・プラス 2枚組4
  • クールアップ・プラス 2枚組5
  • クールアップ・プラス 2枚組6
  • クールアップ・プラス 2枚組7
  • クールアップ・プラス 2枚組8

積水ナノコートテクノロジー

クールアップ・プラス 2枚組

サイズ幅100×長さ200cm
重さ328g(2枚)
材質ポリエステル100%(片面ステンレスコーティング)
付属品面ファスナー24枚
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下段ボール、ポリ袋(PP)

 世界で初めてスパッタリング加工(生地に金属をコーティングする技術)を開発した積水ナノコートテクノロジーがつくった窓用の遮熱シートです。1ミリの100万分の1というナノ単位の超微細なステンレス粒子をポリエステルのメッシュ生地にコーティングすることで、メッシュの柔らかさを損なわずに太陽熱を53%もハネ返してくれます(一財・建材試験センターでテスト)。
 可視光線は一定量通すので、画像4枚目のように室内が暗くなる心配はありません。
 従来の窓用の遮熱シートの多くは、窓ガラスの全面に粘着剤で直接接着するシールタイプだったので、一度貼ったらきれいにはがせないという難点もありました。
 それに対してメッシュの本品は、窓枠に貼りつけた面テープに固定して使います。シーズンオフにはかんたんに取り外せて、翌年また使えます。
 2枚組で1枚がタテ200×ヨコ100センチ。窓枠のサイズに合せてハサミやカッターで切って使うので、遮熱カーテンが使えない小型窓や変形窓、ブラインドをつけている窓も遮熱できます。
 平面ガラスであれば窓の外側にも室内側にもつけられますが、「金属膜コーティングガラス(Low-Eガラス)」は屋外側のみ。 (ご注意)網入りガラス、凹凸ガラス、木製窓枠、塗料を塗った窓枠には取りつけられません。
 100×200センチの2枚組。最初にお宅の窓に合せてカットして貼ってください。

取りつけられる窓の条件

取りつけ可能な場所

「窓ガラス」「窓サッシ枠」「網戸サッシ枠」に取りつけられます。ステンレスコーティング面(シルバー面)が外側にくるように設置してください。

取りつけられるサッシ枠の条件

  • 屋外側から取りつける場合…「窓サッシ枠」(ガラスの種類は問わず)と「網戸サッシ枠」
  • 室内側から取りつける場合…Low-Eガラス、網入ガラスをのぞく「窓サッシ枠」と「網戸サッシ枠」

※木製サッシ、塗料を塗ったサッシには取りつけ不可。

取りつけられる窓ガラスの条件

ガラスの種類屋外側室内側
単層ガラス
複層ガラス
Low-Eガラス×
網入りガラス××
凹凸ガラス(網なし・平らな面)
凹凸ガラス(網なし・凹凸面)××

※日射熱カット率のテスト条件…50×50ミリの生地を試験片とし、JISの定める試験法に準じ、光学性能を測定。日射透過率、日射反射率、日射吸収率を算出。
一財・建材試験センター調べ

「すだれより断然涼しい。西日が差してきてもクーラーの温度を下げずに過ごせます」

五十嵐 昇さん(喜多方市)

去年この遮熱シートを窓の外につけて、永年悩まされてきた西日の暑さからようやく解放されました。レースの遮熱カーテンは掛けていたのですが、西日の暑さって強烈ですからね。3時を過ぎると部屋が火であぶられているみたいに急激に暑くなって、クーラーの温度を下げないと部屋に居られなかったけれど、これをつけてからはだいぶラク。部屋に入ったときのモワッとした熱気も弱まりました。
 部屋が明るいのもいい。以前はすだれを掛けたりゴーヤを植えたりして、日差しを二重、三重に遮っていたのですが、いまはこれとカーテンだけだから明るい。すぐに追加注文して、南側の部屋にもつけています。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください