「直接地震の被害がない地域でも、停電は起こります。明かりは命綱です」(国崎さん)

  • いつでもランプ「tsuita」0画像を拡大
  • いつでもランプ「tsuita」1照明器具から外して、スイッチ付きソケットを装着すると、手持ちの懐中電灯代わりに。画像を拡大
  • いつでもランプ「tsuita」2写真のような照明は、全ての電球を本品にしてください。本品と別種の電球の併用はできません。画像を拡大
  • いつでもランプ「tsuita」3写真のような照明は、全ての電球を本品にしてください。本品と別種の電球の併用はできません。画像を拡大
  • いつでもランプ「tsuita」4お使いの電球のソケット口金がE26型であることをご確認ください。画像を拡大
  • いつでもランプ「tsuita」0
  • いつでもランプ「tsuita」1
  • いつでもランプ「tsuita」2
  • いつでもランプ「tsuita」3
  • いつでもランプ「tsuita」4

日本防災スキーム

いつでもランプ「tsuita」

サイズ(約)直径6×11.7cm
重さ約100g
昼白色、電球色
材質ポリカーボネート、PA
消費電力6W(100V・50/60Hz専用)電気代目安44.6円/月
差込口E26
明るさ50W相当(AC660lm)停電時DC200lmで約6時間点灯
バッテリー2,600mAh
付属品スイッチ付きソケットつき
製造国中国製

環境情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
PCなしなしなし

CO2排出量

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
6W1日8時間使用すると1年間で2920時間6.8KgCO₂543円

地震が起きたあと、避難所で生活する人はそれほど多くありません。 多くの人は自宅で生活する「在宅避難」を余儀なくされます。 そのときに必要な道具を、危機管理アドバイザーの国崎信江さんに聞きました。


 地震の被害が少なかった地域でも、遠く離れた発電所や送電施設が被災して停電することがあります。
 ご自宅が停電したときを想像してください。玄関が真っ暗だと靴も探せないし、リビングに割れた食器の破片が落ちていても見えません。2階建てなら階段を踏み外して転げ落ちるかも。懐中電灯や非常用の電灯、乾電池式のランタンが必要です。

【取り付けられない照明器具】

・調光機能付き照明
・リモコン機能つき照明
・センサー式照明
・シーリングファンつき照明
・洗面所の曇り止め機能つきライト
・浴室灯
・風呂の換気扇連動ライト
・スマートスピーカー(アレクサなど)対応照明
・誘導灯、非常用照明器具
・交流100V、周波数50/60Hz以外の電源
※レールライトなど複数の電球がつく照明は、全ての電球を本品にしてください。本品と別種の電球の併用はできません。

【編集部のおすすめ】

 一見、普通の電球に見えるが、本品は防災用。ふだん部屋の照明として使用している間に内蔵バッテリーに電気を溜め、停電後も6時間点灯し続ける(消灯中に停電した場合は、照明器具のスイッチを入れてください)。
 避難する際に必ず通る玄関や、寝室のスタンドライトを本品に替えておく。2階建てなら階段に付けておくのもおすすめだ。
 防災用品専門の日本防災スキーム(2022年創業)製。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください