ウイルスまじりの飛沫が顔面に・・・・・・大丈夫、マスク表面に塗ってある「ダチョウ抗体液」が約60秒で感染力を不活化する。

  • ダチョウ抗体マスク0
  • ダチョウ抗体マスク1
  • ダチョウ抗体マスク2
  • ダチョウ抗体マスク3
  • ダチョウ抗体マスク4
  • ダチョウ抗体マスク5
  • ダチョウ抗体マスク6

クロシード

ダチョウ抗体マスク

サイズ【普通サイズ】縦9.5cm 横17.5cm
【小さめサイズ】縦9cm横16cm
材質不織布(PP、PE、レーヨン)
使用期限目安未開封5年備蓄OK
製造国日本
1日1枚使い切り25枚組

※開封後の返品はお受けできません。

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下×紙、袋(アルミ・PP)
新型コロナウイルス対策用のマスクなら、ピカイチは本品だろう。ごらんのように不織布4層構造だ。「不織布は布やウレタンよりも飛沫を遮断(ブロック)する割合が高い」と言われている。さらに、本品はマスク表面の不織布に「ダチョウ抗体液」を染み込ませてあるのだ。

「抗体」とは、ウイルスや細菌が生物内に侵入したとき、それらを撃退するために体内でつくられる物質のこと。これまでのウイルス抗体はもっぱらマウスやウサギなどのホ乳類からつくられていたが、塚本康浩・京都府立大学学長が注目したのはダチョウの卵だった。
 ダチョウは免疫力が高くて、寿命は60年。卵の大きさはニワトリの30倍もあるので、1個の卵黄から採取できる抗体は2〜4グラム、マスク用フィルター約8万枚にもなる(イラスト参照)。
 塚本先生の開発したダチョウ抗体は、すでに季節性インフルエンザ99%、鳥インフルエンザ99%という驚異的な感染抑制率をつくってきたが、「新型コロナウイルスの変異株(デルタ株、アルファ株など)に対しても96%の感染抑制率をつくっている」ことがアメリカの試験で確認されている。
 ちなみにこのマスクは、文科省・科学技術振興機構のプロジェクト研究成果を基に産学官の連携開発によって実現した製品である。
 製品化したのは衛生用品メーカーのクロシード。社長の辻政和さんは、永年、「抗体の長期保存」を研究してきた技術者だ。
 本品は5枚ずつアルミ袋に密封包装されている。 「企業秘密の加工技術を使うことで、アルミ包装が未開封であれば5年間、開封後でも5ヵ月は抗体の効力が持続します」(辻社長) 【ご注意】本品の抗体はダチョウの卵から抽出したものですが、重篤な卵アレルギーのある人は念のため、使わないでください。

開発者、塚本康浩先生から読者へ。

つかもと・やすひろ●京都府立大学学長・獣医学博士。著書に『ダチョウの卵で、人類を救います』(小学館)、『ダチョウはアホだが役に立つ』(幻冬舎)ほか。

 新型コロナウイルスに対してこのマスクのフィルター上で、わずか60秒で96.0%の感染抑制性があることを確認しました(20年2月〜21年7月実施)。猛威をふるっているデルタ株、それにアルファ株とベータ株といった変異株に対しても同等に反応することを確認しています。
 ダチョウ抗体は、新型コロナウイルスのスパイクタンパクに結合します。スパイクタンパクはウイルスが人に感染するときに不可欠な分子ですから、ダチョウ抗体が結合することでその感染力は大きく不活化します。
 このマスクに使っているダチョウ抗体は「ポリクローナル抗体」という、さまざまな種類のダチョウ抗体分子を含むカクテルのようなものです。変異を起こしたウイルスに対して、それぞれの抗体分子がそれぞれの性質によってスパイクタンパクの異なる部分に結合します。結果、スパイクタンパク全域がダチョウ抗体に覆われる――これが変異株に対して、ダチョウ抗体が有効である理由です。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください