平地歩きの約2倍の負荷をかけた有酸素運動ができる。

  • 19度坂道ウォーカー0
  • 19度坂道ウォーカー1
  • 19度坂道ウォーカー2

大東電機工業

19度坂道ウォーカー

サイズ(約)幅62×奥行86.5×高さ121cm
コード長さ約2m
重さ約19.8kg
素材PP、スチール、NBR、塩化ビニル(ベルト部)
消費電力130W
適応体重100kg未満
定格時間30分
機能時間・距離・カロリー表示
製造国中国

※代金引換、曜日・時間指定配達不可。
※必ずゴム底の運動靴を履いて使用。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
PP、スチール、NBR、塩化ビニルなし塩化ビニルABS段ボール、ポリ袋(PE)

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
130W1日30分、毎日使用すると1年間で183時間9.278kgCO₂641円

 勾配がきつい坂道つきのウォーキングマシンです。当然ハードですが、運動効果は抜群。5分も登ると息が弾んで、汗がダラダラ流れてきます。
 大阪大学小松敏彦名誉教授の指導のもと本機の運動強度を測定したところ、酸素摂取量は平地歩行のおよそ2倍でした(時速4キロ歩行と本機「速度4」との比較・男女59名の平均)。有酸素運動効果は脂肪燃焼効果に直結しますから、巣ごもり太りの運動不足解消におすすめです。
 慣れるまではハンドルを握って「短縮5分コース」、慣れてきたら「30分フルコース」を。坂道ベルトはゆっくり動きますがつま先を上げて歩くので、つまずき予防向けに前脛骨筋も鍛えられます。ただし、勾配がきついので65歳以上の読者にはおすすめできません。
 健康機器で知られる大東電機工業(1956年設立)製。

運動強度の根拠

Medical Graphics社呼吸代謝測定装置(VO2000)を使い、大阪大学・小松俊彦名誉教授指導のもとで被験者59名(男性38名、女性21名、平均年齢47.1歳)の運動強度(Mets)を計測したところ、速度4の平均運動強度は6.4Mets、速度6は8.2Metsだった。この値を平地歩行時(時速4.0km)の運動強度3.0Mets(国立健康・栄養研究所『身体活動のメッツ表2012年版』より)と比較して、運動強度は速度4で約2倍、速度6で約2.7倍と算出した(17年8月2日実施)。(検査機関:大東電機工業品質保証検査室)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください