ふかもみ 慢性的なコリの原因になる深層筋のこわばりまで「ふかもみ」周波がグイグイ揉みほぐしてくれる。

  • ふかもみ0
  • ふかもみ1
  • ふかもみ2
  • ふかもみ3
  • ふかもみ4

低周波治療器

ふかもみ

医療機器認証番号229AKBZX00050000
使用目的または効果肩こりの緩和、麻痺した筋肉の萎縮の予防及びマッサージ効果。
パッドサイズ直径4.4×厚さ1.3cm、ワイヤー長さ42.5cm
重さ25g、充電式(約500回まで)
リモコン縦10.5×幅6.2×厚さ1.7cm、重さ76g
材質ABS、シリコン
付属品単4アルカリ電池2本(リモコン用)、ゲルシート2枚(約300回分)
製造国中国

※充電時の電気代目安は0.12円(3.5時間)。
※充電池、充電ケーブル、ACアダブター、ゲルシートは無料修理の対象外。

 深層筋(深い部分の筋肉)まで届く「ふかもみ」周波は、これまで大型の据え置きタイプでしかつくれませんでした。本器は高い周波数と低い周波数を組合せる画期的なピカイチ技術によって、「ふかもみ」を可能にしました。
 「小型の低周波治療器は物足りなくて」という不満は、本器を使って吹き飛ばしてください。
 おすすめは「ふかもみ」モード。頑固な肩コリの原因になる肩甲挙筋や棘上筋、しんどい腰痛の原因になる脊柱起立筋や下後鋸筋といった深層筋のこわばりまで入念に揉みほぐしてくれます。この「ふかもみ」ができる小型の低周波治療器は、いまのところ本器だけです。
 使い方はかんたん。

  1. パッドの電源を入れて、肩や腰などこっている部位に貼る。
  2. リモコンで「ふかもみ」「首/肩」「腰/背中」「腕/足」の4つから好きなモードを選ぶ。
  3. ボリューム(強さ・15段階)を調節してスタート。
  4. 1回の使用時間は15分。15分に達すると自動的に止まる。

 使い勝手もいいです。小型の低周波治療器はパッドとリモコンが有線でつながっているものが多いけれど、本器は無線方式です。キッチンで料理しながらの「ふかもみ」も、職場でパソコンに向かいながらの「ふかもみ」もできます。
 肩や腰がこっている方にぜひ使っていただきたいから、〈使用後返品OKマーク〉をつけてあります。10日間使ってみて「ふかもみを体感できない」と思ったら返品してください(返送料のみご負担ください)。
 パッドにつけるゲルシートは約300回使用できる(50回ごとに水洗いする)。
 小型の低周波治療器で初の「ふかもみ」を実現したメーカーは、『のどミスト』をはじめ、超音波や低周波の精密医療機器づくりで定評のある日光精器(1965年創業)。

「ふかもみモードで揉まれると、病院の電気治療に近いスッキリ感。肩もひざも確実にラクになる」

崔 洋一さん(映画監督・69歳・使用歴1年)

 肩痛と腰痛には30代半ばから悩まされています。おかげで家庭用の小型低周波治療器は、この20年で5、6台は使ってきました。
 でもね、月2回通院していた整形外科の電気治療器と比べると、どれもマッサージの力はいまひとつ……。家庭用だから仕方ないと思っていたら、「小型のコードレスで強力なのができた」と通販生活から自信満々に言われたのが17年8月。「本当?」と思いながらもモニターを引き受けました。
 疑っていたものの、結局、モニターが終わったあとも1年半、ほぼ毎日使っています。揉まれる感触はそれまでの小型とあまり違わないのに、終わった後のスッキリ感は病院の電気治療みたいで、確実に肩が軽く感じられる。これがふかもみ効果なんだろうね。夜、風呂上りに使うことが多いかな。「ふかもみ」モードで強さは10〜15がちょうどいい。
 最近は痛み出した膝の裏に使うことも多いよ。理学療法士にマッサージをしてもらうのと同じくらい筋肉がほぐれて、歩くのがかなりラクになる。僕は街をぶらぶらすることで映画のアイデアを思いついたりするから助けられています。

さい・よういち●『十階のモスキート』(83年)で監督デビュー。『月はどっちに出ている』(93年)では報知映画賞など53の映画賞を総なめにした。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください