暖房が発達した現代の住宅では、真冬でもダニが繁殖している。

  • ダニ捕りマット「これが元祖だ®」0
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ®」1
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ®」2
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ®」3
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ®」4

日革研究所

ダニ捕りマット「これが元祖だ®」

サイズ29.5×21cm/小12×10cm
重さ約61g/小10g
材質綿、食品フレーバー、セラミック、香料
使用目安2〜3畳で1枚/小:収納ケース1段につき1つ
有効期間開封後3ヵ月
製造国日本

※「2枚セット」「3枚セット」は代金引換、曜日・時間帯指定配達不可。
※小サイズは有効範囲は0.5㎡のため、タンス、衣装箱、布団圧縮袋など比較的狭い場所でご使用ください。

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
調査対象外製品×ポリ袋(PE)

 競合品が出ては消えていく「ダニ駆除道具」の世界で、本品は今年で20年目のロングセラー。わが国有数のダニ研究者、渡邊秀夫さん(日革研究所会長)が辿りついた「ダニが好む食品エサ」とは....。


専門家に聞く。

坂本龍雄先生

医学博士、中京大学スポーツ科学部教授、認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク理事長。

「ダニは生きたまま大量捕獲することをおすすめします。」

 ダニの死骸は微細片(ダニアレルゲン)になり、家中を舞うからです。生きたまま捕獲してしまうのが正解です。
 ダニ発生のピークは夏ですが、年間を通じて生存・繁殖を続けているので、ダニアレルギーは冬でも注意が必要な通年性アレルギーの代表と言われています。
 とくにチリダニは「室温25℃」「湿度60%以上」「エサ=人間のフケや垢」が揃うと、爆発的に繁殖します。冬でもこの3つが揃う場所と言ったら、寝具です。こまめに掃除機をかけるなど、真冬でもダニ対策をしっかり行ってください。

 「納得1」殺虫剤を使わずにダニを捕獲して、室内のアレルゲンを減らすすぐれ物。
 「納得2」捕まえたダニは、マットごと「燃えるゴミ」で捨てられる。
 ダニの好物である17種の食品粉末、ビール酵母、食品添加物の香料、セラミックが綿のマットの中にまぶしてある。食欲をそそる香りに誘われて、ダニたちはいそいそとマットの中にもぐり込んでエサを食べる。すると、エサにまぶしてある吸湿セラミック微粉によって体液を奪われて、数日で干からびてしまう。
 本品は3ヵ月の有効期間がすぎたら、そのまま「燃えるゴミ」として捨てられるので、フンも死骸もマットに閉じ込めたまま処理できる。室内のアレルゲンを確実に減らせるのだ。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください