もしかして、あなた、1万匹以上のダニがゾロゾロ蠢いている上でボーッと眠っていたりして。

  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」0
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」1
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」2
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」3
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」4
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」5
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」6

ダニ捕りマット「これが元祖だ」

特許第3205736号
サイズ29.5×21cm/小12×10cm
重さ約61g/小10g
材質綿、食品フレーバー、セラミック、香料
使用目安2〜3畳で1枚
有効期間開封後3ヵ月
製造国日本

※「2枚セット」「3枚セット」は代金引換、曜日・時間帯指定配達不可。

捕獲力の高さは毎夏の読者モニターテストで証明ずみ。特許の天然由来エサだから安心して使える。

ダニアレルゲンを減らす鉄則その1は「生きているダニ」を「生け捕り」にすること。ダニは死ぬと乾燥して粉々にくだけ散り、アレルゲン化してフワフワと室内に浮遊してしまうからです。 その2は「安全な後始末」。本品なら、マットに仕込んだエサの香りでおびきよせ、乾燥させたあと、マットごと燃えるゴミとしてポイ捨てできます。
 本品をダニ捕り器のピカイチと考える理由は、次の通りです。

  1. 生きているダニを大量に捕獲して乾燥させます。毎年、『読者モニター宅の捕獲数』を専門機関で調査してもらい、発表しています。本品のように、最新の実績(捕獲数)を毎年発表している競合品は他に見当らないはず。

  2. ぜんそくをひきおこすアレルゲンとなるダニの死骸片やフンもマットにとじ込めたまま「燃えるゴミ」で捨てられるので、室内に舞い上がる心配はありません。粉々になった死骸片や微細なフン(1〜5マイクロメートル)が空中に舞ったら、それこそアレルゲンをまき散らすようなものですから。
  3. ダニを誘うエサは天然由来で殺虫剤の類は一切入っていません。ダニの好物である17種の食品粉末(特許)、ビール酵母、食品添加物の香料3種、そして吸湿セラミック。これがマットの中に仕込んである天然由来のエサです。

 食欲をそそる香りに誘われてダニたちはいそいそとマットの表面からもぐり込んできます。ところがエサには5〜10マイクロメートルに粉砕された吸湿セラミックが混ざっているので、ダニの体は水分が奪われて、数日後には乾燥して干からびてしまいます。
 くり返しますが、もぐり込んできたら最後、ダニの死骸片やフンが室内に舞って吸ってしまう心配はありません。
 開封後のマット内のエサの有効期間は3ヵ月。3ヵ月を過ぎると香りが弱まるのでゴミ箱へ。死骸やフンまでマット内できちんと処理できて、ここまで大量捕獲できるマットは他にないと通販生活は信じています。
 本品の開発者は日革研究所の渡邊秀夫さん。NPO法人・応用生物科学研究所のダニ部会に所属し、湿度とダニ繁殖の関係を研究してきたプロフェッショナルです。
 ダニをゼロ化することは不可能なので、家族のぜんそくが気にかかる方には年間通して使用することをおすすめします。

『ダニ捕りマット』定点観測モニター18年夏の検査結果

※ダニの捕獲数は(株)ビアブル調べ。

被験者枚数18年夏 捕獲数(使用歴)1年目 捕獲数(開始年)
N・Kさん(高松市)23,320匹(11年め)435匹(08年)
H・Hさん(市原市)33,653匹(11年め)679匹(08年)
T・Yさん(神戸市)31,372匹(11年め)1,206匹(08年)
Y・Aさん(広島市)5382匹(11年め)640匹(08年)
K・Mさん(東京都)31,166匹(9年め)18,988匹(10年)
K・Kさん(臼杵市)32,251匹(7年め)840匹(12年)
T・Yさん(武蔵野市)42,310匹(7年め)8,712匹(12年)
M・Kさん(高松市)21,163匹(7年め)1,492匹(12年)
Y・Tさん(神戸市)2690匹(7年め)1,498匹(12年)
M・Rさん(寒河江市)1297匹(7年め)368匹(12年)
I・Kさん(東京都)5561匹(6年め)1,560匹(13年)
N・Cさん(吹田市)412,455匹(5年め)9,577匹(14年)
I・Nさん(秋田市)519,565匹(5年め)19,552匹(14年)
S・Mさん(羽曳野市)2875匹(5年め)129,753匹(14年)
M・Rさん(東京都)31,558匹(5年め)3,217匹(14年)
S・Yさん(西東京市)44,758匹(5年め)10,316匹(14年)
H・Tさん(宝塚市)32,580匹(5年め)6,418匹(14年)
O・Mさん(東京都)42,057匹(5年め)7,450匹(14年)
T・Mさん(宮崎市)23,165匹(5年め)5,874匹(14年)
S・Mさん(可児市)42,069匹(5年め)5,325匹(14年)
H・Kさん(岐阜市)52,526匹(5年め)13,989匹(14年)
O・Hさん(広島県)413,818匹(4年め)17,202匹(15年)
Y・Yさん(東京都)315,728匹(4年め)6,259匹(15年)
T・Tさん(東京都)33,905匹(4年め)10,977匹(15年)
S・Nさん(東京都)42,219匹(4年め)3,661匹(15年)
I・Mさん(八王子市)26,963匹(4年め)2,218匹(15年)
Y・Fさん(東京都)417,680匹(4年め)1,871匹(15年)
Y・Aさん(東京都)44,020匹(4年め)12,125匹(15年)
K・Rさん(千葉県)5477匹(2年め)449匹(17年)
T・Rさん(福岡市)23,435匹(1年め)
W・Rさん(埼玉県)410,579匹(1年め)
I・Yさん(東京都)32,383匹(1年め)
F・Yさん(千葉県)317,217匹(1年め)

「あれだけ掃除を頑張ってもダニが増えるなんて。大人のぜんそくになった4年前からこのマットが頼りです。」

小山田浩子さん(作家・愛用歴4年)

6年前に子どもが生まれてから週に1度だった掃除を2回に増やしました。ところが15年の春、私のほうにダニアレルギーの陽性反応が出てしまいました。大人ぜんそくと診断されて朝晩ステロイドを吸引しても症状は改善せず、5月には咳のせいで右のあばらに小さな疲労骨折のヒビが……。
 やっぱりダニをどうにかしないといけないのかなあと思ってこのマットを使い始めたのが6月中旬。3ヵ月後に編集部からダニの捕獲数を数えたいと言われて使用済みのマットを4枚提出したら、合計で1万7202匹もダニが捕れていたと聞いてゾッとしました。 
 以来、定期購入をして「親子で寝るベッドマットレスの下に2枚」、「クローゼットに1枚」、「客用の座布団入れの下に1枚」をつづけていますが、いや、ダニはしぶとい。一昨年から布団クリーナーでマットレスの掃除を始めたら、やっと9422匹まで減少。ところが去年は1万3818匹に逆戻りです。子どもがあまり汚さなくなって、敷マットをクリーニングに出さなくなったせいかも。
 さいわい私のアレルギーは徐々にステロイド剤も必要なくなりました。とはいえ、アレルギーはある日突然発症しますからね。子どものためにも掃除とマットをつづけていきます。

18年の夏、こんなに捕れた
マットレス1の下5,702匹
マットレス2の下8,034匹
座布団の下37匹
クローゼットの下45匹
4枚合計13,818匹

※ダニの捕獲数は(株)ビアブル調べ。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動