もしかして、あなた、1万匹以上のダニがゾロゾロ蠢いている上でボーッと眠っていたりして。

  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」0
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」1
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」2
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」3
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」4
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」5
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」6
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」7
  • ダニ捕りマット「これが元祖だ」8

ダニ捕りマット「これが元祖だ」

サイズ29.5×21cm/小12×10cm
重さ約61g/小10g
材質綿、食品フレーバー、セラミック、香料
使用目安2〜3畳で1枚/小:収納ケース1段につき1つ
有効期間開封後3ヵ月
製造国日本

※「2枚セット」「3枚セット」は代金引換、曜日・時間帯指定配達不可。
※小サイズは有効範囲は0.5㎡のため、タンス、衣装箱、布団圧縮袋など比較的狭い場所でご使用ください。

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
調査対象外製品×ポリ袋(PP)
化学物質も殺虫剤も一切不使用。「22種の天然由来のエサ」がダニを誘い込んで大量捕獲してくれる。

 競合品が出ては消えていくなかで、日革研究所の『ダニ捕りマット これが元祖だ』は、通販生活で19年のロングセラーを誇ります。本品はダニには抗えない香りで惹きつけて、乾燥させてしまうのです。
 マットの内部に、ダニの好物である17種の食品粉末、ビール酵母、食品添加物の香料3種、それに吸湿セラミックがまぶしてあります。殺虫剤、化学物質の類は一切入っていません。
 本品のエサがダニにどのくらいアピールするかは、写真○枚めのテスト写真でごらんの通り。「本品エサ」と「ダニが好むと言われているお好み焼き粉」を入れたシャーレにダニ5000匹ずつを放して40分後、こんなに人気の差がついていました。
 本品エサの食欲をそそる香りに誘われてダニたちはいそいそとマットにもぐり込んできますが、エサに喰らいついたが最後、エサにまぶした吸湿セラミック粉末に水分を奪われて脱水症状を起こし、マット内部で干からびてしまうのです。
 5月から室内のダニは大量発生が始まります。アレルギー性鼻炎の人、小児ぜん息のお子さんをお持ちの人、ペットを室内で飼っている人はぜひ、本品を試してください。

19年夏の定点観測モニターテスト結果発表

5月〜8月の間の3ヵ月、モニターの皆さんに使っていただいた使用済みマットを編集部で回収して、専門機関の(株)ビアブルで目視測定しました。

被験者枚数19年夏 捕獲数(使用歴)1年目 捕獲数(開始年)
N・Kさん(高松市)25,023匹(12年め)435匹(08年)
Y・Aさん(広島市)5313匹(12年め)640匹(08年)
K・Mさん(東京都)32,055匹(10年め)18,988匹(10年)
I・Kさん(東京都)5534匹(7年め)1,560匹(13年)
高橋和さん(女流棋士)413,163匹(8年め)8,712匹(12年)
M・Kさん(高松市)21,265匹(8年め)1,492匹(12年)
N・Cさん(吹田市)41,708匹(6年め)9,577匹(14年)
I・Nさん(秋田市)54,341匹(6年め)19,552匹(14年)
S・Mさん(羽曳野市)2657匹(6年め)129,753匹(14年)
M・Rさん(東京都)31,440匹(6年め)3,217匹(14年)
S・Yさん(西東京市)4450匹(6年め)10,316匹(14年)
H・Tさん(宝塚市)3595匹(6年め)6,418匹(14年)
O・Mさん(東京都)4661匹(6年め)7,450匹(14年)
T・Mさん(宮崎市)22,654匹(6年め)5,874匹(14年)
S・Mさん(可児市)42,920匹(6年め)5,325匹(14年)
H・Kさん(岐阜市)51,196匹(6年め)13,989匹(14年)
O・Hさん(広島県)47,744匹(5年め)17,202匹(15年)
Y・Yさん(東京都)35,858匹(5年め)6,259匹(15年)
T・Tさん(東京都)33,749匹(5年め)10,977匹(15年)
S・Nさん(東京都)42,948匹(5年め)3,661匹(15年)
I・Mさん(八王子市)22,327匹(5年め)2,218匹(15年)
Y・Fさん(東京都)53,004匹(5年め)1,871匹(15年)
Y・Aさん(東京都)41,843匹(5年め)12,125匹(15年)
K・Rさん(千葉県)51,151匹(3年め)449匹(17年)
T・Rさん(福岡市)27,561匹(2年め)3,435匹(18年)
和田竜さん(小説家)44,089匹(2年め)10,579匹(18年)
I・Yさん(東京都)3656匹(2年め)2,383匹(18年)
深緑野分さん(小説家)480匹(1年め)(19年初)
H・Kさん(東京都)54,405匹(1年め)(19年初)
M・Mさん(東京都)31,362匹(1年め)(19年初)

「19年は子ども部屋のダニが7分の1に減っていたのでホッとしました」

和田竜さん(小説家)

 ウチはこまめに掃除するほうじゃないから、18年夏に『ダニ捕りマット』のモニターを引き受けたときに、千匹はいるだろうと覚悟していた。ところが結果は、4枚で1万579匹……さすがに驚いた。
 妻と3歳の息子と3人で寝ているマットレスの2枚だけで、なんと9787匹も捕れた。妻と息子は夜寝て朝起きる。ぼくは昔から夜型で夜中に執筆や調べものをして、2人が起きる朝7時ごろ布団に入る。つまり、つねに誰かが寝ている状態だし、おまけにぼくは汗っかき。長時間湿気たっぷりの布団は、ダニにとっては繁殖しやすい環境だものね。
 この"1万匹超えショック"を受けてから、掃除機がけは週1回から2回に、わが家としてはこまめにするようになった。そのおかげで19年の結果は4089匹。だいぶ減らせた。
 子ども部屋のダニを減らせたのもホッとした。いまのところ息子にアレルギーは出ていないけど、ダニは目に見えないから油断できない。息子のために掃除とダニ捕りマットはつづけないとね。

場所18年捕獲数19年捕獲数
寝室マットレス9,787匹3,805匹
子ども部屋736匹116匹
仕事部屋56匹168匹

※ダニの捕獲数は(株)ビアブル調べ。


「和室に5888匹もいたのは、犬のミリィのベッドを移したのが原因だと思います。週に2回は掃除機をかけていたのですけど、まだかけ足りなかったんですね」

高橋和さん(女流棋士)


「ベッドで何度かダニにさされたことがあったので心配していましたが、27匹しかいなかったのでホッとしました。2日に1回の掃除機がけ、3日に1回の布団干しを継続していた成果でしょう。でも油断禁物ですから、このマットを使い続けます」

深緑野分さん(小説家)


「一昨年まで、数えてもらうたびに毎年1万匹を超えていたのでもう減らないものだとあきらめていましたが、去年はついに1708匹に。マットレスを裏まで拭き掃除した効果だと思う。」

N・Cさん(吹田市)


「6年前に初めて数えてもらったときは、ベッドと寝室のカーペットに6万匹ずついて衝撃でした。昨年ついに657匹になったのは、2日に1回の掃除機がけを徹底したからでしょう。」

S・Mさん(羽曳野市)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください