あなたの布団に蓄積した「ダニアレルゲン」量、調べてみませんか。

  • ダニアレルゲン検査キット0パンフレット、検査の手順書、検体採取セット(チャック袋、集塵袋)、返送用封筒のセット。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット1手順1.掃除機のノズルに集塵袋をセットしてください。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット2手順2.敷布団・掛布団に掃除機をかけてください。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット3手順3.集塵袋を取り外し、チャック袋に戻してください。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット4手順4.あとは返送用封筒に入れ、ポストに投函するだけです。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット5検査結果はウェブサイトで確認できます。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット6布団以外から採取したハウスダストも検査が可能です。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット7布団以外から採取したハウスダストも検査が可能です。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット8寝具以外から採取したハウスダストも検査が可能です。画像を拡大
  • ダニアレルゲン検査キット0
  • ダニアレルゲン検査キット1
  • ダニアレルゲン検査キット2
  • ダニアレルゲン検査キット3
  • ダニアレルゲン検査キット4
  • ダニアレルゲン検査キット5
  • ダニアレルゲン検査キット6
  • ダニアレルゲン検査キット7
  • ダニアレルゲン検査キット8

株式会社ヘルスケアシステムズ

ダニアレルゲン検査キット

セット内容パンフレット、検査の手順書、検体採取セット(チャック袋、集塵袋)、返送用封筒
製造国日本
取扱説明書

※検体採取のために掃除機が必要です。
※検査申し込みと結果確認にスマートフォンまたはパソコンが必要です。
※結果が出るまでに検体到着から1週間程度かかります。

 ダニは2〜3ヵ月の生涯で約500匹の子ダニを残し、それぞれのダニは毎日5〜6個のフンをします。このフンや死骸が乾燥して砕けると、アレルギー症状を引き起こす「アレルゲン」になりますが、10㎛(マイクロメートル)と小さいため、布団のなかにどれくらいダニアレルゲンがあるのかは専門機関で検査しないとわかりません。 本品は、掃除機を使って布団の塵を採取して郵送するだけで、あなたの布団にどれくらいダニアレルゲンが蓄積されているかを調べてくれる検査キットです。

 検査は、世界保健機構(WHO)や厚生労働省が環境評価の対象としているDer 1(フンに含まれるタンパク質)を測定する方法で行われます。WHOの定めるダニアレルゲンの汚染基準では、室内の塵1gあたり2㎍/gを超えるとダニアレルゲンに感作されるリスクが高くなり、10㎍/g以上で気管支ぜんそくが悪化する可能性があるとされます。検査結果では、このDer 1量を数値で確認できます。

 専用の集塵袋をお使いの掃除機(マキタのターボでも使用可能)のノズルにセットして、検査したい場所を30秒、掃除してください。集めた塵を袋ごと返信用封筒に入れて郵送すると、約2週間後に専用のウェブページから検査結果を見ることができます。検査結果は、ダニアレルゲン量(Der 1量)と3段階のランクで表示されますから、ダニアレルゲンの汚染度がひと目でわかります。アレルギー症状の心配がある人は、マスクや手袋を着用のうえ、採取作業を行ってください。

 開発は、名古屋大学発の健康ベンチャー企業、株式会社ヘルスケアシステムズ(2009年創業)。共同開発にダニアレルゲン研究の第一人者・白井秀治先生(環境アレルゲンセンター センター長)を迎えています。

共同開発者白井秀治先生のコメント

 お部屋の中にどれだけダニアレルゲンがあるのか? という不安を抱えた方にとって、ダニアレルゲン量を客観的に把握できるこのキットは、現状把握と対策に役立つものと考えます。今までダニ対策に取り組まれてきた方はもちろん、ダニアレルギーを予防したい方の状況把握のためにも、本キットの普及を期待しています。

しらい・ひではる●環境アレルゲンinfo and care株式会社代表取締役。ダニ対策や環境整備に関わる取組みをしてきたダニアレルゲンのスペシャリスト。環境アレルゲンセンター センター長。NPO東京アレルギー・呼吸器疾患研究所に所属し、環境アレルゲンの評価や対策に関わる研究等の学術活動も行う。テレビ出演や新聞取材記事多数。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください