動物病院やホテルで効果は実証済み。夏のペット臭、生ゴミ臭を無臭化する。

超小型脱臭器

オー・フレッシュプラス

サイズ8.9×4.2×5.4cm
重さ100g
適応面積最大8畳
材質ABS
消費電力0.7W ※電気代目安14円/月
製造国ハンガリー

※放電板が汚れるとカチカチという放電音がしなくなって、脱臭効果が弱くなります。その場合は、保証期間内は無料で、保証期間終了後は有償(税込6,048円・代引手数料432円と片道送料はご負担)でメーカーが分解清掃します。下記小社電話番号へお問い合わせください。
0120-701-567

コンセントに挿し込むだけでオゾンとラジカルが悪臭成分を分解。

 夏になって室温が上ると、臭い成分は揮発しやすくなります。たとえばペットの体臭やおしっこに含まれるアンモニアは冬の2倍以上揮発すると言われているので、ペットの臭いに悩んでいるお宅は、この夏、ぜひ本器を試してみてください。動物病院やホテルで採用されている強力脱臭器です。
 本器のもともとは、ゴミ処理場で悪臭対策に使われている大型のプラズマ脱臭装置。悪臭を分子レベルで分解するしくみはそのまま、家庭のコンセントに差して使えるように小型化してあります。
 本器をコンセントに差すと、

  1. 微量のオゾンとラジカルを放出し、空気中の悪臭分子に結びついて分解→無臭化する。

  2. 空気の対流で本体を通過した悪臭分子が、放電板上のプラズマに触れて分解される。
  3. さらにプラズマ放電の光に反応する「光触媒フィルター」が脱臭力を高めてくれる。

 オゾンをじわじわ放出するので即効性はないですが、数日で効果を実感できるはず。タバコや生ゴミ、介護の臭いも脱臭してくれます。
 適応面積は8畳まで。電気代は1ヵ月で約14 円。10日間試してみて脱臭効果が感じられないときは返品してください(返送料はご負担ください)。
 メーカーはオゾン機器専門の増田研究所(1987年創業)。増田研究所製の家庭用脱臭器で、光触媒フィルターが入っているのは本品だけです。

「診察室に残りやすい患部の臭いが収まりました」

玉川千歳さん(ちとせペットクリニック院長)

 ペットクリニックには炎症で患部が強烈に臭う動物たちが来院します。次に診察室に入った別の飼い主さんが臭いを気にされないか心配で、獣医学科時代の同窓生に「肛門腺の分泌物の臭いが気にならなくなった」と、これを教えてもらい使い始めました。
 安全上、窓を開けて換気ができないので臭いがこもりがちでしたが、4、5日経った頃から、重症の動物が来た翌朝にシャッターを開けたとき、空気が入れ替わったように臭いを感じなくなりました。病気の原因を正確に診断するためにも、診察室に慢性的な臭いが残らないのは助かります。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動