まだクーラーの室外機を遮熱していないお宅は、節電のチャンスが残っている。

  • 室外機遮熱シート(2枚組)0
  • 室外機遮熱シート(2枚組)1
  • 室外機遮熱シート(2枚組)2
  • 室外機遮熱シート(2枚組)3

明和グラビア

室外機遮熱シート(2枚組)

大きさ(約)30cm×80cm
重さ約520g
材質表面/PVC、中間層/ガラス繊維・PVC、裏面/ポリエステル
付属品取り付け用マグネット16枚つき
製造国日本

環境情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
PVC、ガラス繊維なし紙、PVC

 クーラーの室外機に直射日光が当って高温になると、熱を外へ逃がしにくくなって部屋が冷えにくくなる。つまり電気を多く食う羽目になるから、ぜひ専用シートで遮熱してほしい。
 競合品は日光をハネ返すアルミをウレタンに接着した「ひと夏使い捨て式」が主流だが、おすすめは床材などの建築資材で知られる明和グラビア(1953年設立)の非使い捨て式だ。
 アルミに替わって、遮熱剤入りPVCと強度を高めるガラス繊維入りPVCを熱成形で1枚化してあるから、遮熱面が太陽熱や風雨ではがれる心配はない。 JIS規格に基づいた耐候テストでは「人工光源を2000時間照射した後も変化なし」の結果が出たから、3シーズンは使える計算だ。
 約2ミリの薄さながら、遮熱力は写真3枚目の通り十分。付属の板マグネットで、本品を天板に貼りつけて使ってください。
 2枚組でお届け。

遮熱力のテスト条件

室温20±2°Cの環境下で本品使用時と未使用時に、上方50cmからランプ光を照射させた時の温度比較を測定した(熱線受光体=黒画用紙の約5mm上に試料を保持し、試料側からランプ光を照射して裏面の熱線受光体の表面温度をサーモカメラを用いて経時的に測定した)。位置を入れ替えて5回測定した平均値を算出(23年5月26日実施)。

耐候性のテスト条件

・J I S規格(B 7751/放射照度及び放射露光量の測定方法)に基づき、紫外線カーボンアーク灯を用いて本品に2000時間照射。変色・変形がないかテストをした。
・気象庁が発表した道府県庁所在地と東京の日照時間の平年値(1991〜2020年の平均)をもとに、7〜9月の日照時間の全国平均を計算すると約516時間。これをひと夏とすると、約3.8年は使える。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください