寺脇研さんのドラマ批評

地上波にBS・CS、ネット配信と、観られるドラマの数がどんどん増える昨今、本当に面白いドラマはどれなのか──。ドラマ批評の専門家や各界のドラマ好きの方々が、「これは見るべき!」というイチオシ作品を紹介します。あなたの琴線に触れるドラマがきっと見つかるはず。

※紹介する作品は、コラム公開時点で地上波・BS/CS・ネット配信などで見られるものに限ります。

>プロフィールを見る

リクエスト

バックナンバー

2022/05/19韓国

ラケット少年団

寺脇研

2022/05/05韓国

イカゲーム

寺脇研

2022/04/26韓国

未成年裁判

寺脇研

筆者一覧(五十音順)

もっとドラマ批評を読む

相田冬二

映画批評家

池田敏

海外ドラマ評論家

今祥枝

映画・海外TV批評家

小西未来

映画・海外ドラマライター

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

辛淑玉

人材コンサルタント

田幸和歌子

フリーライター

寺脇研

映画評論家・元文部官僚

ペリー荻野

コラムニスト

松本侑子

作家・翻訳家

村上淳子

海外ドラマ評論家

通販生活のドラマさんTOPへ

寺脇研さんのプロフィール

てらわき・けん●映画評論家、映画・演劇プロデューサー、落語評論家、元文化庁文化部長 1952年福岡市生まれ。1975年文部省(現・文部科学省)入省。その一方で同年から映画評論家、80年代から落語評論も。2006年文部科学省を退官し京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)教授として映画学科、マンガ学科を担当。『戦争と一人の女』(2013年)から映画製作も始め『バット・オンリー・ラヴ』(2016年)、『子どもたちをよろしく』(2020年)、『なん・なんだ』(2022年)、最新作は『天上の花』(2022年末公開予定)。