池田敏さんのドラマ批評

地上波にBS・CS、ネット配信と、観られるドラマの数がどんどん増える昨今、本当に面白いドラマはどれなのか──。ドラマ批評の専門家や各界のドラマ好きの方々が、「これは見るべき!」というイチオシ作品を紹介します。あなたの琴線に触れるドラマがきっと見つかるはず。

※紹介する作品は、コラム公開時点で地上波・BS/CS・ネット配信などで見られるものに限ります。

>プロフィールを見る

リクエスト

AND JUST LIKE THAT.../
セックス・アンド・ザ・シティ新章

2022/04/25公開

海外ドラマの金字塔SATC。50代になった主人公たちに”突然”訪れる人生の転機

©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

 日本で海外ドラマ好きの女性が増えたことに最も貢献したのは『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998~2006年)だ。前後して『24 -TWENTY FOUR-』(2001~10年)や『ゴシップガール』(2007~12年)が果たした功績も大きいが、以前から海外ドラマを見続けていた筆者(初老のおっさん)にとって、「日本の若い女性もついに海外ドラマに夢中になったか」と驚いたのは『セックス・アンド・ザ・シティ』だった。

 ニューヨークで暮らす大人の女性4人(番組開始時点で全員独身)を主人公に、都会での男女の出会い・恋愛を主要なテーマとし、ファッションやナイトライフなど、とびきりおしゃれな要素を満載。なおかつ女性と仕事・家族・社会の関係という真面目な問題にも迫り、日本の女性たちからも共感を呼んだヒット作だ。

 しかし番組の後半、4人のうち、シャーロット(クリスティン・デイヴィス)、ミランダ(シンシア・ニクソン)が結婚し、後に作られた映画版第1作でキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)も結婚したことでテーマは完結したように思ってしまった。そんな『セックス・アンド・ザ・シティ』をドラマ版から17年ぶり、映画版第2作から11年ぶりに復活させた続編が『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』。

 主人公の女性たちがいずれも50代となり、セックスはテーマにしづらいのではと疑ったが、この続編の原題は『And Just Like That…』だけ。意味は「あっという間に」「突然に」というもので、50代になっても人生に“突然”訪れるあれこれを描くという作り手たちの意図は明確。筆者と同世代の人々に新たな感動を誘う秀作だ。

©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

 まずキャリーに大事件が起きる。見てのお楽しみなのでふれないが、彼女は人生をリセットせざるを得なくなる。生活の心配をする必要がないほどリッチでも、大人だからこその孤独や老いとどう向き合うかが新たなテーマだ。辞職して大学院に入ったミランダは中年の危機に直面してか、アルコールに依存しそうになる。4人で最もとぼけたシャーロットも養子と実の娘が思春期で、子育ての問題に悩む。しかし前作と同様、ニューヨーク生活のおしゃれさ(衣装を担当するのは従来のパトリシア・フィールドの弟子筋のモリー・ロジャーズ)、笑えるシモネタ(セックスの要素をゼロにしなかったのは賢明)をラッピングすることで、シリアスにし過ぎない手つきは絶妙で、コメディという表現形式を最大限に活用している。

 前作以上にクローズアップされるのは健康の問題。たとえばマノロ ブラニクのハイヒールを溺愛するキャリーは“突然”、腰痛になってしまう(原因はハイヒールのせいではないが)。確かにこれまでキャリーは歩いていて転ぶシーンが多かったが、めげずに立ち上がるのが彼女のチャームポイントだった。入院中のベッドでもおしゃれなのが彼女らしいし、シャーロットもミランダもそばにいて微笑ましい。

 一方で“攻めた”部分も多く、コラムニストだったキャリーはポッドキャスト(編集部注:スマホやPCで聞ける音声番組)の世界での再活躍を、ミランダは人権問題の弁護士をそれぞれめざす。白人中心という点で保守的だった前作と異なり、アフリカ系の教授、ヒスパニックのコメディアン(しかも男女のいずれにも属さないと考えるノンバイナリー)、インド系の不動産業者など、米国のダイバーシティ(多様性)を反映した新女性キャラが次々と登場するのは刺激的だ。

©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

 前作のファンが不満を感じる部分もある。一番残念なのはかつての4人組の1人で最もセックスへの関心が強かったパワフルキャラ、サマンサ(キム・キャトラル)の不在だ。キャリー役のパーカーとの不仲説など噂は尽きないが、一方、台詞や小道具でサムが健在であることは示される。大人の女性の友情という本作最大の宝石は、まだ輝いている。

 好評を受け、すでにシーズン2の製作が決定。大人の物語なら“不倫”“離婚・再婚”というモチーフも掘り下げてみてほしいが、何が“突然”起きるか分からないのが人生であり、ニューヨークの街角なのである。

予告編

今回ご紹介した作品

AND JUST LIKE THAT.../セックス・アンド・ザ・シティ新章

U-NEXTにて見放題で独占配信中

情報は2022年4月時点のものです。

筆者一覧(五十音順)

もっとドラマ批評を読む

相田冬二

映画批評家

池田敏

海外ドラマ評論家

今祥枝

映画・海外TV批評家

小西未来

映画・海外ドラマライター

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

辛淑玉

人材コンサルタント

田幸和歌子

フリーライター

寺脇研

映画評論家・元文部官僚

ペリー荻野

コラムニスト

松本侑子

作家・翻訳家

村上淳子

海外ドラマ評論家

通販生活のドラマさんTOPへ