松本侑子さんのドラマ批評

地上波にBS・CS、ネット配信と、観られるドラマの数がどんどん増える昨今、本当に面白いドラマはどれなのか──。ドラマ批評の専門家や各界のドラマ好きの方々が、「これは見るべき!」というイチオシ作品を紹介します。あなたの琴線に触れるドラマがきっと見つかるはず。

※紹介する作品は、コラム公開時点で地上波・BS/CS・ネット配信などで見られるものに限ります。

>プロフィールを見る

リクエスト

アビス

2022/05/20公開

サスペンス×ファンタジー×ラブコメ?!アン・ヒョソプのファン必見のファンタジックミステリー

Netflixシリーズ『アビス』独占配信中

 第1回でご紹介したドラマ『社内お見合い』にハマって、出演俳優たちのファンとなり、社長秘書役を演じたキム・ミンギュさんの日本初ファン・ミーティング(5月14・15日に東京で開催)のチケットをゲット!
 そして『社内お見合い』の社長役アン・ヒョソプさんの他の作品も見たいと思い、選んだのが『アビス』(2019年)。これまた傑作で、オススメです。

 主人公は、化粧品会社の御曹司チャ・ミン。彼は人一倍優しい性格で、かつ頭のいい秀才ですが、見た目が今一つのため、初恋の女性コ・セヨンにもフラれ続け、モテてたことがありません。
 しかし美女との結婚が決まり、幸せの絶頂のとき、美しい婚約者が、「やっぱり、こんな顔の人とは一緒に暮らせない」と言い出した上に、ミンが用意した新居を勝手に売り払い、大金を持ち逃げして行方不明に。
 ミンは絶望するあまり、高層ビルの屋上に立っていたとき、宇宙船が誤って彼にぶつかり、死なせてしまいます。

 宇宙人は、死人を生き返らせる不思議な玉アビスで、ミンを生き返らせたところ、彼はハンサムな男性(アン・ヒョソプ)になって目をさまします。
 アビスは、死んだ人を、生前の魂の姿で生まれ変わらせるため、心のきれいなミンは、美しい男性になったのです。

 一方、彼の初恋の女性コ・セヨンは、検察の特捜部に勤め、やり手の検事として、連続殺人事件の捜査にあたっています。
 そんなセヨンが、ついに犯人特定の核心に近づいたとき、それに気づいた犯人によって、目隠しをされて、実行犯が誰なのかわからない状態で殺害されてしまいます。

 初恋の女性セヨンが惨殺されたと知ったミンは、ショックをうけ、宇宙人からもらったアビスで、彼女を生き返らせます。

 すると、生前のセヨンは、すらりとしたモデル体型でしたが、一転して、背の低い、ふつうの容姿の女性に変わっていました(ドラマでは「ふつうの容姿」という設定ですが、演じるパク・ボヨンさんは、小柄で可愛らしい女優さんです)。

Netflixシリーズ『アビス』独占配信中

 生前のセヨンは、気が強く、男性に対して高飛車な一面もあったため、その魂に応じた姿に生まれ変わったのです。しかし、ややこしいことに、彼女の先輩検事だった女性イ・ミドと瓜二つの姿になったのです。

 その本物のイ・ミドは、今は検事を辞めて弁護士になり、米国に行きました。そこでセヨンは、弁護士イ・ミドになりすまして、警察と検察に出入りし、生前の自分が捜査していた連続殺人犯を見つけるため、さらには自分を殺した犯人を捜すため、元同僚だった検事や親しい刑事たちの協力を得て、危険な捜査に乗り出していきます。

 このように、死んだ人が、自分を殺した犯人を探すという、ふつうはあり得ない奇想天外なミステリーの面白さ!

 このセヨンが、検事時代の捜査経験を生かして、名推理と勇気で難事件に体当たりしていく痛快さ。一方の相棒のミンは、御曹司で金持ちのため資金は潤沢で、頭の回転が早い。そんな小柄なセヨンと長身のミンのデコボコ・コンビが力を合わせて、猟奇殺人事件に挑んでいくうちに、やがて恋が芽生え、後半は、ほのぼのラブストーリーに……。

Netflixシリーズ『アビス』独占配信中

 ちなみに前半は、猟奇殺人の連続で、血まみれの死体が出てきて、ホラーが苦手な私は怖かったのですが、怖さ以上に、毎度のどんでん返しに圧倒されて、全16話、楽しみに観ました。

※以下、内容に関するネタバレを含みます(編集部注)

 たとえば、セヨンを殺した真犯人は一度死ぬのですが、あろうことか、アビスで生き返ってしまい、別人の姿になったため、捜査対象から外れて、ミンとセヨンに再び危機が迫ります。さらに捜査する側にスパイがいて、犯人と通じているため、ミンとセヨンの動きがすべて相手に漏れて、手に汗握る場面も多々あります。セヨンが生まれ変わった顔の女性弁護士のイ・ミドの本物が戻ってきて、イ・ミドが2人いることになり、滑稽な騒動も巻き起こります。こうした予想もつかない展開の連続で、練りに練った脚本がすばらしいのです。

 ホラーとファンタジー、サスペンスとミステリー、最後はラブロマンスと、盛りだくさんの作品と言えましょう。

 傑作ドラマには、必ず名脇役がいます。本作では、セヨンの捜査に協力するパク刑事(イ・シオン)の男気(おとこぎ)と人情、検察内部の腐敗した権力にも負けない正義感が見どころです。
 主役のアン・ヒョソプさんは、撮影時は20代前半。どこかまだ男の子らしさの残る初々しい表情も魅力的です。

今回ご紹介した作品

アビス

Netflixで独占配信中

情報は2022年5月時点のものです。

筆者一覧(五十音順)

もっとドラマ批評を読む

相田冬二

映画批評家

池田敏

海外ドラマ評論家

今祥枝

映画・海外TV批評家

小西未来

映画・海外ドラマライター

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

辛淑玉

人材コンサルタント

田幸和歌子

フリーライター

寺脇研

映画評論家・元文部官僚

ペリー荻野

コラムニスト

松本侑子

作家・翻訳家

村上淳子

海外ドラマ評論家

週刊テレビドラマTOPへ