松本侑子さんのドラマ批評

地上波にBS・CS、ネット配信と、観られるドラマの数がどんどん増える昨今、本当に面白いドラマはどれなのか──。ドラマ批評の専門家や各界のドラマ好きの方々が、「これは見るべき!」というイチオシ作品を紹介します。あなたの琴線に触れるドラマがきっと見つかるはず。

※紹介する作品は、コラム公開時点で地上波・BS/CS・ネット配信などで見られるものに限ります。

>プロフィールを見る

リクエスト

シークレット・ガーデン

2022/06/17公開

名作韓流ドラマで、若き日のヒョンビンの魅力を堪能

 ヒョンビン氏は、いわく言いがたい魅力のある俳優です。
もちろん演技力、美貌、硬質な色気と三拍子揃っていますが、独特の存在感と風格があり、『愛の不時着』(2019年)で世界的なスターになったのも、うなずけます。

 そんな彼を20代、30代、40代と見続けてきた私は、さながら贔屓筋の歌舞伎役者を幼少期から見守ってきたような、歳月の重みと感慨をおぼえています。
 役者には、その人の個性と年齢に応じた「はまり役」というものがあり、そうした役に恵まれる運も、実力のうちではないでしょうか。

 若い頃のヒョンビン氏が「はまり役」を演じたドラマといえば、出世作『私の名前はキム・サムスン』(2005年)と、『シークレット・ガーデン』(2010年)でしょう。

『私の名前はキム・サムスン』は、韓国版『ブリジッド・ジョーンズの日記』(2001年)と言われた女の本音炸裂のラブコメで、共演した先輩女優キム・ソナ氏の体当たりの演技との相性が抜群でした。20代初めの色白で若いヒョンビン氏でなければ演じることのできない生意気さと優しさ、純粋さと強引さが光る役どころでした。

 そして今日ご紹介する『シークレット・ガーデン』でのヒョンビン氏は28歳、演技力に磨きがかかったころの名作です。

 ヒロインは、映画やドラマで、アクションを担当するスタント・ウーマンのキル・ライム(ハ・ジウォン)。彼女は母親が他界し、消防士だった父も殉職したため、家族がなく、デパート店員の親友とアパートに暮らしています。

 そんなライムは、デパートの若手社長キム・ジュオン(ヒョンビン)と知り合います。彼は財閥の御曹司で、頭がよく有能なせいか、自信家で、人を人とも思わない傲慢で身勝手な男です。
 そのためライムと知り合っても、初対面から失礼な態度で接しますが、どういうわけか、彼女のことが妙に気になり、車で家まで送ろうとしたり、彼女が指導者をつとめるアクション・スクールに押しかけて入会したりします。

 二人は、暮らす世界も、金銭感覚も異なり、会うたびに衝突しますが、ある晩、一風変わったお酒を飲んだところ、魂が入れ替わってしまうのです。つまり、男のジュオンの体にライムの心が入り、女のライムの体にジュオンが宿ったのです。

 二人は驚き、戸惑いますが、入れ替わって生活して、相手の暮らす環境に身を置くことで、少しずつ相手のことを理解していき、やがて惹かれていきます。もちろん周囲は入れ替わりを知らないため、おかしな騒動も巻き起こり、ドラマの面白さを盛り上げています。

 男女が入れ替わって、自分が興味をよせている異性の体になった恥じらい、ときめき、そこから生まれるユーモアは、比較的、よくあるパターンです。

※ここから少しネタバレがあります(筆者)

 しかし、このドラマでは、片方の命が危機的な状況になったとき、もう片方が、自分を犠牲にして、相手の体と入れ替わることによって、相手を生かそうとする究極の愛に踏みきり、この作品を感動作たらしめています。

 またジュオンは、閉所恐怖症でエレベーターに乗ることができませんが、なぜそうなったのか、彼には記憶がありません。実は、過去の大事故のトラウマが原因であり、そこにライムも関わっていたのです……。

 ジュオンが、初対面から妙に彼女が気になった理由も、その大事故に秘密があり、謎ときが、過去へ過去へと遡っていきます。記憶喪失、交通事故、不治の病といった韓流定番の仕掛けも満載。ラストシーンで、すべての謎がとける驚きに、唸ってください。

 このドラマでは、ジュオンとライムの運命的な恋に加えて、ライムが好きな歌手オスカー(ユン・サンヒョン)と元カノの未練愛、ライムの親友と社長秘書の明るい恋と3つのラブストーリーも同時進行し、これも見所です。

 ヒョンビン氏は、若い女性になったときの女らしい仕草と表情、そして人間愛に目ざめた男の姿を見事に演じて、本作でSBS演技大賞、百想演技大賞を受賞。

 最終回では、「愛の不時着」でヒョンビン氏が共演し、2022年3月結婚した女優ソン・イェジン氏が本人役でサプライズ出演! サントラも名曲揃いで、その中の一曲「The Man」はヒョンビン氏が歌っています。


※松本侑子さんのZoom講座「『アンの愛情』を英語で楽しもう」が開催されます。
日時:7月24日(日)、9月11日(日)、9月25日(日)各13時半~15時
主催:中日文化センター(カタログハウスのサイトの外に移動します)

今回ご紹介した作品

シークレット・ガーデン

DVD発売中ほか、以下の配信サービスでご覧いただけます。
Amazonプライムビデオ/Netflix/ABEMA/Paravi/U-NEXT/GYAO!/Hulu

情報は2022年6月時点のものです。

筆者一覧(五十音順)

もっとドラマ批評を読む

相田冬二

映画批評家

池田敏

海外ドラマ評論家

今祥枝

映画・海外TV批評家

小西未来

映画・海外ドラマライター

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

辛淑玉

人材コンサルタント

田幸和歌子

フリーライター

寺脇研

映画評論家・元文部官僚

ペリー荻野

コラムニスト

松本侑子

作家・翻訳家

村上淳子

海外ドラマ評論家

週刊テレビドラマTOPへ