松本侑子さんのドラマ批評

地上波にBS・CS、ネット配信と、観られるドラマの数がどんどん増える昨今、本当に面白いドラマはどれなのか──。ドラマ批評の専門家や各界のドラマ好きの方々が、「これは見るべき!」というイチオシ作品を紹介します。あなたの琴線に触れるドラマがきっと見つかるはず。

※紹介する作品は、コラム公開時点で地上波・BS/CS・ネット配信などで見られるものに限ります。

>プロフィールを見る

リクエスト

キム秘書はいったい、なぜ?

2022/08/08公開

美男と美女の愛の深まり。夢見心地のラブロマンス。

©STUDIO DRAGON CORPORATION

 韓国の男性スターは、いったいなぜ、あんなに美しくてかっこいいのか?
 もちろん日本にも、イケメン俳優は綺羅星のごとくいるのですが、韓国人俳優の男性的で硬質な美しさは、独特ではないかと思うのです。

 ソウルに行くと、街角で見かける若い男性の姿勢のよさ、背中の広さ、がっしりした肩に、驚くことがあります。
 このたくましい体つきの理由は、どうも徴兵制にもあるらしいのです。

 軍隊の厳しい訓練を経験すると、男性は背筋がまっすぐになって姿勢がよくなり、体は筋肉質に、顔つきは精悍になるというのです。
 たしかに韓国の俳優は、甘い顔だちのやさ男風でも、上半身裸になると、意外なほど鍛え抜いた肉体で、そのギャップに、はっとします。兵役の賛否はともかく、韓国のマッチョ文化の背景には、徴兵制もあるのでしょう。

 韓国人俳優の美しさには、スタッフの技術の高さもあります。
 男性スターが美しく映るように、照明、メイク、衣裳に、女優さん並みの工夫が凝らされています。たとえば、どこにも影の出ないように照明が当てられた陶器のようなすべらかな白い肌、凜々しい美眉、血色のいい艶やかな唇……。これらは繊細なメイク、照明のテクニック、美的センスのたまものでしょう。

『キム秘書はいったい、なぜ?』は、共に30代のパク・ソジュンとパク・ミニョンの大人の色気満載の肉体と美貌を、じっくり堪能するドラマです。
 主人公は、財閥企業の若き副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)。眉目秀麗で頭脳明晰な彼は、世にもまれなナルシストで、常に自画自賛ばかりしている鼻持ちならない男です。

 そんな彼を仕事面で支えるのは、有能な秘書キム・ミソ(パク・ミニョン)。
 彼女は、20歳から29歳までの9年間、私生活を犠牲にして、副会長と会社のために働いてきました。学校時代の友だちは、結婚して子どもがいるころ……。キム秘書は、自分の人生をとりもどしたいと、会社を辞めると副会長に伝えます。

 ヨンジュンは有能な彼女を引きとめようと、昇給、昇格をもちかけますが、退職の決意はゆるぎません。
 キム秘書はいったい、なぜ辞職するのか?

 彼女が、恋愛をして、結婚をしたがっていると知ると、いきなりプロポーズしますが、「私のタイプではありません」と断られてしまいます。
 男として世界一完璧なはずの自分が断られたことにショックを受け、ヨンジュンは、彼女が気になりだします。

©STUDIO DRAGON CORPORATION

 一方、ヨンジュンの兄(イ・テファン)が、海外から帰国。彼は人気作家で、キム秘書は彼の大ファンでした。そんな二人が出会い、兄は、キム秘書に一目惚れをして……。

 ドラマの脚本そのものは、とくに圧倒されて唸るような凝った仕掛けはありません。
 これは主演のスター二人の息をのむような美しさに見惚れながら、夢のようにゴージャスで甘いロマンス、数々の名キスシーン、美しい衣裳を楽しむエンタメなのです。
 昔のハリウッドの白黒映画のように、圧倒的な美に見とれて夢見心地になるロマンスとでも言いましょうか。ことにパク・ソジュンの成熟した男の美しさは、特筆すべきものです。

©STUDIO DRAGON CORPORATION

 一方、主演の二人をとりまく会社の人々はコミカルで、笑いを誘います。

 たくましい男性のヤン秘書が出てくると、それまでのラブコメ調の音楽が一転して、チャン・ヒョクなどのマッチョ男優三人が大活躍した時代劇ドラマ『チュノ~推奴~』(2010年)そっくりの力強い曲になり、音楽スタッフのギャグにも、にやり。

 脇を固める俳優陣も豪華です。アイドルグループ2PMのメンバー、チャンソンが、ドケチな会社員を演じるギャップもおかしくて、またにやり。

 キム秘書をめぐって、副会長の恋のライバルとなる兄を演じたイ・テファンは、ソン・イェジン主演ドラマ『39歳』(2022年)に、魅力的な年下の男性シェフ役で出演していました。

この『39歳』を兵役前最後のドラマとして、彼は、2022年6月27日から、軍隊生活に入ったそうです。復帰後の作品を楽しみに待ちたいと思います。


※松本侑子さんのテレビ出演
「ダークサイドミステリー」マリリン・モンロー
放送日時:NHK・BSプレミアム 2022年8月8日(月)23時~24時、NHK・BS4K 2022年8月8日(月)17時~18時

予告編

今回ご紹介した作品

キム秘書はいったい、なぜ?

DVD
『キム秘書はいったい、なぜ?』
コンプリート・シンプル 全2巻
DVD-BOX:5,500円 (税込)
BD‐BOX:6,600円 (税込)
発売元: NBCユニバーサル・エンターテイメント
配信
以下の配信サービスで視聴できます。
Amazonプライムビデオ/Netflix/U-NEXT/TELASA/dtv/ABEMA/FOD/appleTV+他

©STUDIO DRAGON CORPORATION

情報は2022年8月時点のものです。

筆者一覧(五十音順)

もっとドラマ批評を読む

相田冬二

映画批評家

池田敏

海外ドラマ評論家

今祥枝

映画・海外TV批評家

小西未来

映画・海外ドラマライター

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

辛淑玉

人材コンサルタント

田幸和歌子

フリーライター

寺脇研

映画評論家・元文部官僚

ペリー荻野

コラムニスト

松本侑子

作家・翻訳家

村上淳子

海外ドラマ評論家

週刊テレビドラマTOPへ