今祥枝さんのドラマ批評

地上波にBS・CS、ネット配信と、観られるドラマの数がどんどん増える昨今、本当に面白いドラマはどれなのか──。ドラマ批評の専門家や各界のドラマ好きの方々が、「これは見るべき!」というイチオシ作品を紹介します。あなたの琴線に触れるドラマがきっと見つかるはず。

※紹介する作品は、コラム公開時点で地上波・BS/CS・ネット配信などで見られるものに限ります。

>プロフィールを見る

リクエスト

ランドスケーパーズ 秘密の庭

2022/04/18公開

仲睦まじい夫婦が、実は殺人犯?! 実在の事件を映像化した英国クライムサスペンス

©Sister Pictures Limited 2021. All Rights Reserved.

 夫婦のことは、夫婦にしかわからない。とはよく言われることだが、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオリヴィア・コールマンと『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・シューリスという、英国の演技派俳優が犯罪者夫婦を演じるドラマ『ランドスケーパーズ 秘密の庭』を観ると、しみじみとそう思う。

 2014年に殺人罪で有罪の判決を受けたスーザンとクリス(クリストファー)のエドワーズ夫妻。彼らはスーザンの両親ウィリアムとパトリシアを殺害して家の庭に埋め、15年もの間、何食わぬ顔で生活していた。両親の財産を食い潰し、2人が生きていると偽装して年金も着服していたという極悪非道な犯罪である。ドラマはフランスでひっそりと暮らしていた2人が、クリスが金の無心をしようとイギリスにいる継母に電話したことから警察に通報され、イギリスに帰国するところから始まる。

 実際には何が起きたのか? を追うミステリーとしての面白さは当然ある。スーザンは父親から性的虐待を受けており、母親はそれを知っていたが黙認した毒親だったことも明かされる。無罪を主張するスーザンとクリスの言い分に正当性があるのか、あるいはないのか。それを追うだけでも全4話を一気に楽しめてしまうのだが、本作は非常に風変わりな映像表現とアプローチで、じっくりと犯行動機と夫婦の内面を掘り下げることに重きを置いている。そこから浮かび上がるのは、この夫婦の特異ではあるが非常に強い絆、愛情だ。

 ハリウッドと映画の世界に魅了されている2人。スーザンは懐事情も顧みず、古い映画のポスターやスターのサイン、写真や雑誌などを法外な値段で購入している。何か困ったことが起きた時の対処法は、往年のクラシック映画の世界に逃げ込むこと。スーザンの一番のお気に入りは、ゲイリー・クーパー主演のフレッド・ジンネマン監督による西部劇『真昼の決闘』(1952年)だ。強くたくましいクーパー演じる保安官と同じ世界に生きる自分を、スーザンはしばしば妄想する。一方のクリスは劇中、繰り返しスーザンのことを「フラジャイル(壊れやすい)」と形容する。妻は自分が守られなければならないもろくか弱い存在であり、彼女を守ることに崇高な使命を見出しているようでもある。

©Sister Pictures Limited 2021. All Rights Reserved.

 ところが、物語が進むにつれてスーザンは守られるだけの存在ではなく、彼女もまたクリスを彼女なりのやり方で守ろうとしていたことがわかってくる。社会からはみ出した男女が、肩を寄せ合い支え合って生きている。一瞬、そんなふうに彼らを被害者として捉えてロマンを感じてしまうのだが、それは本作が時にモノクロームの映像に切り替わったり、現実と名画の世界が交錯する映像と脚本の実験的なアプローチの妙でもあるだろう。

 同時に映像が美しく魅力的であればあるほど、2人の愛情がヒロイズム的に強ければ強いほど、現実に起きた事件の生々しさとのギャップに不気味さも。本作には終始一貫して、かように視聴者を困惑させるものがある。コールマンとシューリスの緻密で血の通った役作りは見事で、つい悪い人たちじゃないんだよなあと思わせる。しかし、ドラマは2人に同情的な作りというわけでもない。「犯罪者に善人も何もあるものか」「いやでも、この2人はなぜか憎めないし愛は本物」などと思考は行ったり来たり、揺れ動く。果たして、真実はどこに? 双極性障害であることを公言している、全4話の監督と共同脚本を手がけるウィル・シャープの独創的な世界観に翻弄される。

©Sister Pictures Limited 2021. All Rights Reserved.

 クリエイターは、コールマンの夫で夫婦で設立した製作会社を率いて共に製作総指揮にも名を連ねるエド・シンクレア。3月にノミネーションが発表された名誉ある英国アカデミー賞(BAFTA)のテレビの部(授賞式は5月8日)では、ミニ・シリーズ部門の作品賞、デヴィッド・シューリスのドラマ部門主演男優賞を含む7つの候補になった。世間を騒然とさせた実録犯罪ドラマは、『デス(DES)』や『ザ・サーペント』ほか近年は特にイギリスで量産されているが、一線を画す本作。アートハウス系で映画愛に溢れた作風は、映画ファンこそ楽しめる作りと言えるかもしれない。

予告編

今回ご紹介した作品

ランドスケーパーズ 秘密の庭(全4話)

配信
「スターチャンネルEX」
<字幕版・吹替版>4月1日(金)より配信中 毎週金曜更新
詳細情報はスターチャンネルEXから(カタログハウスのサイトの外に移動します)
放送
BS10 スターチャンネル
STAR1 字幕版
5月16日(月)より放送開始 毎週月曜23:00 ほか
★5月8日(日)第1話 先行無料放送★
STAR3 吹替版
5月18日(水)より 毎週水曜22:00 ほか

情報は2022年4月時点のものです。

筆者一覧(五十音順)

もっとドラマ批評を読む

相田冬二

映画批評家

池田敏

海外ドラマ評論家

今祥枝

映画・海外TV批評家

小西未来

映画・海外ドラマライター

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

辛淑玉

人材コンサルタント

田幸和歌子

フリーライター

寺脇研

映画評論家・元文部官僚

ペリー荻野

コラムニスト

松本侑子

作家・翻訳家

村上淳子

海外ドラマ評論家

通販生活のドラマさんTOPへ