睡眠中の湿気(汗)を吸って素早く熱に変えるから、「アクリル毛布2枚分」の暖かさ。

  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド0モイスケア混わたが600g(シングル)入っているから、これ1枚で毛布2枚分の暖かさ。画像を拡大
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド1寝ている間の汗を熱に変えてくれる発熱繊維モイスケア。画像を拡大
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド2画像を拡大
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド3ハーフコットを採用しているのは本品のみ。だからここまで暖まる。ユニチカガーメンテックの人工気候室でサーモ撮影。(2016年7月19日実施)画像を拡大
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド4掛布団画像を拡大
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド5敷パッド画像を拡大
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド0
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド1
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド2
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド3
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド4
  • モイスケアの起毛肌掛け・敷パッド5

和田哲

モイスケア®の起毛肌掛け・敷パッド

●肌掛け
シングル210×145cm、重さ約1.8kg(中綿0.6kg)
ダブル210×180cm、重さ約2.1kg(中綿0.8kg)
素材パイル面:綿70%、アクリル30%
外面:ポリエステル80%、綿20%
中綿:ポリエステル60%、合成繊維(モイスケア)40%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国日本
●敷パッド
シングル200×100cm、重さ約1.6kg(中綿0.7kg)
ダブル200×140cm、重さ約2.3kg(中綿1kg)
素材パイル面:綿70%、アクリル30%
裏地:ポリエステル80%、綿20%
中綿:ポリエステル60%、合成繊維(モイスケア)40%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PE)
睡眠中の湿気をすぐに熱に変えるから、1枚でも毛布2枚分の暖かさ。

 汗(湿気)を熱に変えるところは『ヒートコットンケット』と同じだが、本品はふっくらとした中わた入りの肌掛け。
 この中わたがすばらしい。東洋紡が発熱力をウールの3倍にまで高めた発熱繊維モイスケアが4割、保温性にすぐれたシュレープ®が6割の割合で詰め込まれている。肌側の吸湿生地、ハーフコットが体から出る湿気を中わたに送り込み、モイスケアが熱をつくり、その熱をシュレープがしっかりため込む。
 だからたった1.8キロ(シングル)の軽い掛け心地なのに、5分足らずで足先までぬくぬく、朝まで全身ぽかぽかがつづく。毛布を2枚も3枚も重ねている寒がりさんは、本品1枚に替えることをおすすめする。
 製品化は寝具の老舗、和田哲。

【モイスケア起毛シリーズの洗濯方法】
  • 肌掛けシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
  • 敷パッドシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
  • 肌掛けダブル…容量7kg以上の洗濯機でネット洗い。
  • 敷パッドダブル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
保温性テスト

室温8℃・湿度50%の人工気候室内で同一被験者に本品1枚、本品(シングル1.8キロ)と同重量のアクリル毛布を2枚重ねたものを順番にかけ、同じ羽毛布団を重ねて、40分間の寝床内温度をそれぞれ測定。寝床内温度はアクリル2枚で27.6℃、本品は30.5℃だった。データは後半20分の平均値(19年8月5日実施)。(検査機関:ユニチカガーメンテック(株))

「マイナス10℃にもなる真冬恒例の"4枚重ね掛け"が2枚で十分になりました」

愛用歴3年 鈴木ともこさん(漫画家)

 10年前、東京から長野県松本市の築40年の一軒家に移ったら、まあ寒いこと。「みそ汁も凍るわよ」と近所の方に言われたのは大げさじゃなかった。真冬は肌掛けと毛布、厚手と薄手の羽毛布団の計4枚を重ね掛けしないと寒くて寝つけませんでした。
 ところがこれは、使っていた毛布より軽いのに、入ると5分くらいで冷えた足先がじんわり暖まる。これと厚手の羽毛布団、2枚でスッと寝つけたのは感動ものでした。布団が軽くなったので、夜中に蹴飛ばして目が覚めてしまうことも、朝、寒さのせいで肩がズーンと重たいこともほぼなくなりました。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください