寝苦しい毛布の重ね掛け、本品1枚に減らせます。発熱中わた「モイスケア」が汗を吸っては熱に変えてくれるから。

  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド0
  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド1
  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド2
  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド3
  • モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド4

モイスケア起毛肌掛け・敷きパッド

●肌掛け

シングル210×145cm、重さ約1.8kg(中綿0.6kg)
ダブル210×180cm、重さ約2.1kg(中綿0.8kg)
素材外面:ポリエステル80%、綿20%/起毛面:綿70%、アクリル30%
中綿:ポリエステル60%、合成繊維(モイスケア)40%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国日本

●敷パッド

シングル200×100cm、重さ約1.6kg(中綿0.7kg)
ダブル200×140cm、重さ約2.3kg(中綿1kg)
素材表地:綿70%、アクリル30%/裏地:ポリエステル80%、綿20%
中綿:ポリエステル60%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国日本

 購入者の3人に1人が複数注文をしている大人気肌掛けです(1996年10月~2019年8月の注文数から換算)。人気の理由は、ずばり「軽いのに暖かい」。
 シングルで1.8kgという軽さなのに、本品を掛けると2~3分で全身がじんわりした暖かさに包まれるのがわかるはず。中わたに使われているのは、発熱繊維の元祖「モイスケア」。睡眠中に体から出るわずかな汗(湿気)を吸って穏やかな熱に変えてくれるのです。本品は中わたの40%にモイスケアを使っています。
 最近はモイスケアを使った肌掛けも増えてきていますが、本品は側生地も違います。肌に触れる面には吸湿性にすぐれた東洋紡の「ハーフコット」を使用。肌ざわりがとてもやわらかい起毛仕上げの特注品です。東洋紡との取り決めで、このハーフコットを使ったモイスケアをつくれるのは布団の老舗、和田哲(明治40年創業)だけです。
 ハーフコットがすばやく湿気を送りこみ、それに反応したモイスケアが発熱したら、この熱を逃がさずため込んでくれるのが、中わたの60%を占める中空繊維の「シュレープ」です。ハーフコット、モイスケア、シュレープの合わせ技によって、朝までポカポカの暖かさがつづきます。
 よほどの寒冷地でないかぎり「本品+掛布団1枚」で十分暖かく眠れるはずですが、寒がりの人や関東以北の寒冷地の方には、「肌掛け」と同じ素材を使った「敷パッド」もおすすめです。
 容量5kg以上の洗濯機でネット洗いできます(肌掛けのダブルのみ容量7kg以上)。

【モイスケア起毛シリーズの洗濯方法】
  • 肌掛けシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
  • 敷パッドシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
  • 肌掛けダブル…容量7kg以上の洗濯機でネット洗い。
  • 敷パッドダブル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。

鈴木ともこさん(漫画家)

 山好きが高じて8年前に東京から長野県松本市の築40年の一軒家へ移りました。近所の方に「味噌汁も凍るわよ」と言われましたが、冬はマイナス10℃まで冷え込むので寒いというより痛い感じ。エアコンは空気が乾いて風邪を引きやすくなるのでひと晩中はムリ。石油ファンヒーターも結露になるし、寝具だけでなんとかしないといけません。これは「吸湿発熱素材」に惹かれて17年の冬に申込みました。登山用の肌着や、燕岳などアルプスの山小屋の布団でおなじみの素材だったことが決め手です。
 期待通りでした。いままで使っていたアクリル毛布より軽くて暖かいし、なによりムレません。ムレは体を冷やしてしまうので、登山においても自宅においても大敵なんです。ムレないから、結果冷えないのね。真冬でも、掛けはこれと羽毛布団だけ、敷きはキャメルの毛布だけで十分。アクリル毛布と羽毛布団を1枚ずつ減らせました。

すずき・ともこ●09年『山登りはじめました』(KADOKAWA)がベストセラーに。女性の山登りブームの立役者となった。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください