冷え性女性たちがこぞって支持する発熱繊維の元祖「モイスケア」の"しみ込む暖かさ"。わずか1.8kgの超暖か毛布。

  • モイスケアの起毛肌掛け&敷パッド0
  • モイスケアの起毛肌掛け&敷パッド1
  • モイスケアの起毛肌掛け&敷パッド2

●肌掛け

シングル210×145cm、重さ約1.8kg(中綿0.6kg)
ダブル210×180cm、重さ約2.1kg(中綿0.8kg)
素材外面:ポリエステル80%、綿20%/起毛面:綿70%、アクリル30%
中綿:ポリエステル60%、合成繊維(モイスケア)40%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国日本

●敷パッド

シングル200×100cm、重さ約1.6kg(中綿0.7kg)
ダブル200×140cm、重さ約2.3kg(中綿1kg)
素材表地:綿70%、アクリル30%/裏地:ポリエステル80%、綿20%
中綿:ポリエステル60%
洗濯方法洗濯機でネット洗い
製造国日本

 購入者の3人に1人が複数注文をしている大人気肌掛けです(96年10月~17年10月の注文数から換算)。人気の理由は、ずばり「軽いのに暖かい」。
 シングルで1.8kgという軽さなのに、本品を掛けると2~3分で全身がじんわりした暖かさに包まれるのがわかるはず。中わたに使われているのは、発熱繊維の元祖「モイスケア」。睡眠中に体から出るわずかな汗(湿気)を吸って穏やかな熱に変えてくれるのです。本品は中わたの40%にモイスケアを使っています。
 最近はモイスケアを使った肌掛けも増えてきていますが、本品は側生地も違います。肌に触れる面には吸湿性にすぐれた東洋紡の「ハーフコット」を使用。肌ざわりがとてもやわらかい起毛仕上げの特注品です。東洋紡との取り決めで、このハーフコットを使ったモイスケアをつくれるのは布団の老舗、和田哲(明治40年創業)だけです。
 ハーフコットがすばやく湿気を送りこみ、それに反応したモイスケアが発熱したら、この熱を逃がさずため込んでくれるのが、中わたの60%を占める中空繊維の「シュレープ」です。ハーフコット、モイスケア、シュレープの合わせ技によって、朝までポカポカの暖かさがつづきます。
 よほどの寒冷地でないかぎり「本品+掛布団1枚」で十分暖かく眠れるはずですが、寒がりの人や関東以北の寒冷地の方には、「肌掛け」と同じ素材を使った「敷パッド」もおすすめです。
 容量5kg以上の洗濯機でネット洗いできます(肌掛けのダブルのみ容量7kg以上)。

モイスケアシリーズの洗濯方法

・肌掛けシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
・敷パッドシングル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。
・肌掛けダブル…容量7kg以上の洗濯機でネット洗い。
・敷パッドダブル…容量5kg以上の洗濯機でネット洗い。

「これだと足先ぬくぬくがずっと続きます。6年ぶりに朝まで熟睡できるようになりました」

三遊亭歌る多さん(落語家)

 永年、真冬でも着物姿で足首をむき出しのまま自宅と寄席を往復してきたせいでしょうか、50歳を超えてから更年期の足の冷えが一気に悪化し、夜寝ていても足が冷たくて目が覚めるようになりました。
 去年(17年)の冬、初めてこれを使ったときは驚きました。これで大丈夫? と不安になるくらい薄くて軽いのに、天日干し直後のタオルケットにくるまっているみたいにぬくぬく。思わず「あー、幸せ」って声が出ました。足先までちゃんと暖まって、それがずっと続くので、6年ぶりに朝までぐっすり眠れました。
 重たい綿布団とアクリル毛布2枚で寝ていたときは、更年期のねっとりした汗で蒸れて寝苦しかったんですが、これは汗をかいても布団の中はサラサラ。冷える夜もこれの上にアクリル毛布1枚で熟睡できます。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動