暖かさは20万円以上の高級品レベル。販売歴20年以上のロングセラー羽毛布団。

  • ミンシャン羽毛合せ布団1画像を拡大
  • ミンシャン羽毛合せ布団2上掛けのマス目18分割に対し、肌がけは30分割なので肌沿いがいい。画像を拡大
  • ミンシャン羽毛合せ布団3家庭での洗濯に備え、かさ張る上掛けはファスナーで分割できる。画像を拡大
  • ミンシャン羽毛合せ布団4シングル1枚にこんなにたっぷり羽毛が詰まっている。画像を拡大
  • ミンシャン羽毛合せ布団1
  • ミンシャン羽毛合せ布団2
  • ミンシャン羽毛合せ布団3
  • ミンシャン羽毛合せ布団4

ミンシャン羽毛合せ布団

シングル 縦約210×横約150cm
【上掛け】約1.8kg(羽毛0.45+0.45kg)
【肌掛け】約1.0kg(羽毛0.3kg)
セミダブル 縦約210×横約175cm
【上掛け】約2.0kg(羽毛0.5+0.5kg)
【肌掛け】約1.2kg(羽毛0.4kg)
ダブル 縦約210×横約190cm
【上掛け】約2.2kg(羽毛0.55+0.55kg)
【肌掛け】約1.4kg(羽毛0.5kg)
クイーン 縦約210×横約210cm
【上掛け】約2.4kg(羽毛0.6+0.6kg)
【肌掛け】約1.6kg(羽毛0.6kg)
素材 側生地/ポリエステル80%・綿20%、羽毛/ダウン93%・フェザー7%
洗濯方法 容量6kg以上洗濯機でネット洗い
(クイーンサイズの肌掛けは浴槽で手洗い)
製造国 日本

暖かさは20万円以上の
高級品レベルで、価格は1/4。
これぞ高品質低価格の
お手本です。

暖かさの決め手は
「ダウンボール」の大きさです。

布団用の羽毛(ダウン)には、高価格なグース(ガチョウ)と低価格なダック(アヒル)の2種類があります。グースのほうが高い理由はダウンボールが大きいから。本品の羽毛のダウンボールはダックにもかかわらずグースなみに大きいので、空気をたっぷりため込んで、グースに匹敵する保温力を作ります。

本品のミンシャンダック
本品のミンシャンダック
一般のダック
一般のダック

本品と一般ダック(メーカー従来品)の羽毛布団から、ダウンボールを無作為に取り出して撮影。

こんなにたっぷり!
シングル1枚に1.2kgの羽毛を使用

厳寒の地で育ったから、
大きさと密度が違います!

本品のダックは中国有数の厳寒地、ミンシャン山麓育で放し飼いにされて育ちました。冬の氷点下の寒さに耐えるため、ダウンボールが自然と大きく育つのです。本品にはこの大きなダウンボールを93%使用しています。

厳寒の地で育ったから、大きさと密度が違います!

保温力テストで高級品同様
の暖かさを実証。

日本体育大学の人工気候室で保温力テストを実施。羽毛量が本品と同クラス(1.1~1.2kgのシングル)の20万円前後のグース2種と本品を比較したところ、保温力はほぼ同等の結果に。ミンシャンダックの暖かさが高級グースに匹敵することが実証されました。

保温力テスト

保温力テスト

本品
4万5480円 ミンシャンダック
寝床内温度 29.56℃
A社
23万2848円 ポーランド産グース
寝床内温度 28.66℃
B社
21万6000円 ハンガリー産グース
寝床内温度 29.95℃

室温8℃、湿度50%の人工気候室内で3種の布団を掛け、それぞれ80分後の測定値。

さらなる暖かさを追求した
「2枚合わせ式」。

体温をたっぷりため込む羽毛を1枚の布団に詰め込まず、上掛けと肌掛けの2枚に分けて詰めました。体と布団の間、上掛けと肌がけの間に二重に体温がたまるので、保温効果が高く体温を逃しません。冬は2枚重ね、春秋は上掛けのみ、夏は肌掛けのみという具合にオールシーズン使えます。さらに肌掛けのキルティングは細やかな30分割なので、肩口やお腹などに心地よくフィットします。

上掛け羽毛900g18分割 肌掛け羽毛300g30分割

私は、「ミンシャン®羽毛合せ布団」の
ココが気に入っています。

橋谷能理子 さん

橋谷能理子さん
(フリーキャスター)

軽いとか暖かいとか、ちょっと言えない。もぐり込むと3分で眠ってしまうから(笑)。

 昨年(18年)の秋、10年使っていた羽毛布団からミンシャンに替えたら、寝心地が格段にアップしました。2枚合せで体に沿うので、もぐり込むと肩口から足先まですぐにポカポカ。3分で意識がなくなります。
 以前使っていた1枚ものの羽毛布団は、値段はミンシャンの倍近かったのに、これほどはフィットしなかった。真冬は上から毛布で押さえていましたが、いまはもういりません。ミンシャンをふんわり体にのせるだけで熟睡です。

室井佑月 さん

室井佑月さん
(作家)

4万円ダックでこんなに暖かいなんて、これまでの20万円グースの立場はどうなるの(笑)。

羽毛布団の暖かさは価格に比例すると洗脳されてきたけど、去年、通販生活で申込んだこの4万円ダックはホント暖かい。暖かさは2枚重ねのせいもあるね。薄い肌掛けの肌沿いがいいせいか、柔らかいいせいか、肩口から暖かい空気が逃げない。肩口のスースーがない。肩こりの私向き。

唯川恵 さん

唯川恵さん
(小説家)

軽井沢に越して以来、冬の朝に肩口が冷えて目が覚めなかったのは初めてでした。

 17年前に軽井沢へ移住したとき、羽毛布団は奮発しました。ポーランド産で20万円はしたと思う。それでも軽井沢の冬は厳しくて、毎冬肩の冷えに悩まされました。カサがあってふかふかのせいか、寝返りのたびに肩口の隙間から冷気が入って、朝、肩が冷えるというより、痛い感覚で目が覚めるんです。
 これに買い替えて正解でした。首にも肩にも隙間ができないし、体によく沿うから布団の中は肩のあたりまでホカホカしている。夜中に肩がひやっとするたびに、寝ぼけながら布団をつかんで首元に引寄せることがなくなりました。

桜木紫乃 さん

桜木紫乃さん
(作家)

アクリル毛布2枚がいらなくなりました。このスッキリした熟睡感は30代以来。

 以前はネット通販で買った2万円の羽毛布団の上にアクリル毛布を2枚掛け、掻い巻きを着て寝ていました。重かったですけど、北海道暮しなのでそれがふつうだと思っていたんです。
 7年前にミンシャンに変えて、睡眠の何もかもが変りました。もぐり込むと数分で肩口から足指の先までポカポカに暖まって、すぐに寝ついてしまう。夜中に寒さで目が覚めないし、毛布2枚がいらなくなって寝返りもラクに打てるから、自分の体まで軽くなったような感覚です。どんなに疲れていても、週の半分は朝まで熟睡できるようになりました。

ミンシャン羽毛合せ布団は
通販生活でしか入手できません。

ミンシャン羽毛合せ布団

ミンシャン羽毛合せ布団

シングル

税込45,480(送料660円別)

セミダブル

税込59,980(送料660円別)

ダブル

税込65,880(送料660円別)

クイーン

税込79,990(送料660円別)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください