「桐」素材の「すのこ」が生み出す通気性が評価されて、いまや和風ベッドの代表作品に。

  • 桐の畳めるベッド「桐優」0使い慣れた布団をのせればすぐに使える。画像を拡大
  • 桐の畳めるベッド「桐優」1高さ24センチだから立ち上がりやすい。ベッド側面の取っ手を引き上げればラクにたためる。画像を拡大
  • 桐の畳めるベッド「桐優」2総桐の美しさが評価されて名旅館の特別室でぞくぞく採用。画像を拡大
  • 桐の畳めるベッド「桐優」3軽量(13.5キロ)だからラクに畳める。画像を拡大
  • 桐の畳めるベッド「桐優」4画像を拡大
  • 桐の畳めるベッド「桐優」0
  • 桐の畳めるベッド「桐優」1
  • 桐の畳めるベッド「桐優」2
  • 桐の畳めるベッド「桐優」3
  • 桐の畳めるベッド「桐優」4

桐建材

桐の畳めるベッド「桐優」

使用時サイズ幅95×奥行200×高さ24cm
収納時サイズ幅95×奥行18×高さ114cm
重さ約13.5kg
耐荷重100kg
素材桐(中国、植林)、ナイロン樹脂(キャスター)
製造国日本 ※桐材は中国産。

※畳の上で使用するとベッドの跡がつくことがあります。
※組み立て不要の完成品

環境チェック情報

主要材料部分/板材名原木原産国植林か自然林ホルムアルテヒド測定値(平均値)梱包材
中国植林0.1mg/ℓ段ボール紙
総桐の折りたたみ式ベッドは、めったに見当らない。

 人気の理由は、調湿効果にすぐれた総桐のすのこ型。すのこ型は珍しくありませんが、「総桐」とつくと、とたんに希少価値。敷布団の湿気をすばやく逃がしてくれる素材ですから。
 高さ24センチは膝や腰に痛みがあって立ち上がりがつらい読者に支持されています。
「使い慣れた敷布団をそのまま使える」ことも人気の理由の一つ。寝心地はいつもと変りません。
 重量は約13.5キロ。ベッド側面の真ん中の取っ手に手を掛けて持ち上げれば、高齢の女性でもラクに折りたためます。キャスターつきなので移動もラク。
 マットレスはついていないので、ふだんお使いの敷布団を敷いて寝てください。
 完成品でお届けします。大型商品なので、送料は2200円。
 70歳以上の人は、送料無料でお届けしたときに配送員が開梱設置します(商品お申込み時にお申し付けください)。

「夜中のトイレに起きたときに、低いからフラつかずにすみます」

愛用歴3年 関 維一さん (80歳・熊本市)

 3年前まで畳に布団の生活でしたが、股関節の手術をして以来、起き上がるのに苦労するようになってこのベッドに変えました。夜中に何度もトイレに起きるから、この低さは安心できる。深く腰を掛けても両足が床について、ベッドのヘリを両手でつかみながらスッと立ち上がれる。それから梅雨でも布団が湿気ない。木工をしている友人から「桐は湿気を吸う」と聞いていたけど、ホントだった。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください