ちょっと信じられないくらい「腰が沈み込まない」のに、たった2.5キロしかない超軽量敷布団です。

  • 腰痛対策敷布団「エルゴスリープ2.5」0
  • 腰痛対策敷布団「エルゴスリープ2.5」1
  • 腰痛対策敷布団「エルゴスリープ2.5」2
  • 腰痛対策敷布団「エルゴスリープ2.5」3
  • 腰痛対策敷布団「エルゴスリープ2.5」4

通販生活の腰痛対策布団

エルゴスリープ®2.5

サイズシングルのみ:195×95×厚さ約4cm
重さ約2.5kg
素材ポリエステル100%
洗濯方法ドライクリーニング
※ご家庭での水洗いはできません。
製造国日本

※代金引換、曜日・時間帯指定配達不可。

環境チェック情報

ホルムアルデヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下×紙、ポリ袋(PE)

 マットレスに代表される腰痛対応寝具と言えば、「重い」「厚い」の重厚長大が当り前でした。ところが帝人フロンティア(1982年創業)の本品は、「綿布団の半分以下の2.5キロ」「厚さはわずか4センチ」しかないのに、腰が沈み込まない硬めの弾力。一晩中、腰がグッと支えられる寝心地がつくれるので、腰痛党布団派のみなさんからのお申込みが年々、増える一方です。

体重が集中する腰部分は2枚重ねの高密度で「とくに硬め」。

 わが国を代表する素材メーカーの一つ、帝人フロンティアが開発した画期的な新素材「アーセル®」が中綿としてぎっしり詰まっています。
 アーセルは画像5枚目のように、網の目状になっているポリエステル繊維で、これを絡ませて高密度に詰め込むことで、体圧分散性、耐久性、弾力性が高まっています。
 さらに体重が集中しやすい腰部はとくに硬めの寝心地です。1センチ厚のアーセルを熱圧縮で3ミリ厚にして本品に一体化して補強してあるので、体重が重い人でも、腰がグッと下から支えられる寝心地を実感できるはずです。当然、ヘタりにくさも合格です。

たったの2.5キロだから、高齢女性でも上げ下ろしがラク。

 高齢になるほど、敷布団の重さは大問題になっていきますから、重さ約2.5キロの本品なら、布団の上げ下ろしもラクだし、天日干しするのもラクです。
 一般的なシングルの綿布団10種の重量は4.5〜6.3キロでしたから(編集部調べ)、本品はほぼ半分の重さしかありません。
 サイズはシングルのみで、側生地は通気性のいいポリエステルメッシュ。洗濯はドライクリーニングで。

「若いころにぎっくり腰をしているから、重い敷布団は持ち上げたくない。」

愛用歴7年 平賀安雄さん(88歳・坂戸市)

 布団の上げ下ろしは私の担当なのですが、80歳を超えたころから、綿の敷布団が重く感じてきました。若いころからぎっくり腰の癖があるので、再発がこわくてこれを申込んだところ、なるほど軽い。軽いのに畳の上にこれ1枚で寝ても、腰が沈み込んだり、畳の硬さが感じられることはありません。起きたときの慢性的な腰のだるさも感じません。


「ホント、軽いですね。こうやって持ち上げるときも「ヨイショ」となりません。」

愛用歴3年 小野垣美恵子さん(65歳・仙台市)

 軽いところはもちろん気に入っていますが、朝起きたときに腰がとてもラクです。10年前から腰痛と付き合っているのですが、以前の綿布団のときは、目が覚めても、布団の上でしばらく丸くなっていないとなかなか立ち上がれなかった。でもこれは寝ているときも起きたときも腰がラク。目が覚めて、すぐに立ち上がれます。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください