冬のベストセラー、ヒートコットンケットの真夏版は、軽い、ムレない、クーラーの冷気を防いでくれる。

ロマンス小杉

コットンクールケット

サイズ(シングルのみ)縦約190×横約140cm
重さ約770g
素材表面/綿90%・ポリエステル10%
裏面/綿50%・レーヨン50%
生地芯材(地糸)/ポリエステル99%・ポリウレタン1%
洗濯方法洗濯機で弱水流ネット洗い。
製造国日本

環境チェック情報

ホルムアルテヒド測定値家庭洗濯可能梱包材
20ppm以下ポリ袋(PE)
冬の間、ヒートコットンケットを愛用して、「柔らかいコットンの肌触り」に満足してくださっている方が大勢申込んでくださいました。

 表面を起毛させて肌触りをさらに高めているところ(起毛パイル)と、体温を溜め込むために全面にヒダヒダをつけてあるところは冬用と変りません。重さは770グラムで、軽いところも同じ。
 肌に触れる面は、コットン90%(残りの10%は強度をつくるポリエステル)です。むろん、「発熱するヒートコットン」ではなくて、肌触りの柔らかいコットンを薄手に織ってあります。
 体に掛けてみると、ムレをほとんど感じません。
 外側はコットン50%+レーヨン50%の短いパイル。身体から出た汗(ムレ)を内側のコットンが吸い取っては外側のレーヨン層に逃がしていくからです。
 それでいてヒダヒダが体温をほどよく溜めてくれるので、寝冷え対策には十分でしょう。
 ムレが溜まりやすい首元と足下は風が通りやすい透かし編みにしてあるので、余分な熱と湿気を逃がしてくれます。
 6年前から冬用の『ヒートコットンケット』を愛用されている枚方市の井山道子さん(67歳)も「私の体感的にはムレはほぼゼロ」とおっしゃっています。
「ヒートコットンケットの体に沿ってくれる感触が気に入っていたので夏号を見て飛びつきました。体に巻きついてくれるような感覚は冬用と同じですが、暑苦しさは感じないところに感心しています。首まで全身にくるまっていても、汗のムレを感じない。30℃を超えた日に寝室のクーラーを使い始めましたが、これにくるまっているとほんわか暖かい薄膜に包まれているような感じで手足の冷えも感じません」(6月6日電話取材)
 メーカーは『ミンシャン羽毛布団』と『ヒートコットンケット』で冬寝具のヒット作をつくってきたロマンス小杉。本品は久々に登場した夏のヒット寝具です。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください