血圧を測るたびに動脈硬化リスクの目安と言われる「脈圧」を表示してくれる。

  • ソフト加圧血圧計0
  • ソフト加圧血圧計1
  • ソフト加圧血圧計2

日本精密測器

ソフト加圧血圧計

一般医療機器届出番号226AFBZX00161000
サイズ幅12.7×奥行16.2×高さ9.6cm
重さ約331g(本体)
適応腕周22〜42cm
材質ABS・PC
付属品ACアダプター・収納ケース・単3形アルカリ乾電池4本
製造国日本

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
ABS、PCなしPVCPVC段ボール、ポリ袋(PE)

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
4W1日2回2分、1年間使用すると12.1時間0.018kgCO₂約1.3円
「脈圧」とは、最高血圧と最低血圧の数値の差のこと。「上145、下95」の場合は「脈圧50」になる。正常値は血圧の高さにかかわらず「40〜60」で、60を超えると動脈硬化のリスクと深く関わると言われているが、この脈圧を血圧と同時に表示してくれるのが本機である。

 編集部で調べた限り、1万円以下の普及価格の血圧計の競合品は6種(代表的な6メーカー)あったが、測るたびに脈圧を表示するタイプは本機以外には見当らなかった。
 国内製造にこだわる日本精密測器(1950年創業)の上腕式血圧計の最新機種である。欧州高血圧学会(ESH)の厳しい測定精度試験に合格している。
 測定方法は、ソフト加圧式。従来品の多くは、「一気に加圧して、そのあとに減圧しながら脈波を読み取って血圧を測定する」タイプが主流だったが、加圧で痛みを感じる人もいた。
 本機の加圧は、徐々に加圧していくゆっくり加圧。測定ボタンを押すと一気に加圧せずに、ゆっくり加圧していく。「測定するのに十分な圧力がかかっている」と機械が判断したら、それ以上の加圧はしないで、減圧に切り替わって血圧を測定するので、痛すぎることがない。
 日本高血圧学会は血圧を2回測定して平均値を取ることを推奨しているが、本機なら2回測るのも苦にならないはずだ。
 画面の表示は写真のように大きいので、老眼でも読み取りやすい。腕帯は二の腕にはめ込んで面テープで留める筒状カフ式。
 2人分のデータを60回分記録できてすぐに呼び出せるので、血圧手帳に記入するのを忘れても、あとからその日の血圧がわかる。
 電源はACアダプターまたは付属の単3形乾電池4本。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください