さすが元祖メーカー、550mlの新鮮ヨーグルトが5時間でつくれる。

  • ヨーグルティアS0
  • ヨーグルティアS1
  • ヨーグルティアS2
  • ヨーグルティアS3
  • ヨーグルティアS4
  • ヨーグルティアS5

タニカ電器

ヨーグルティアS

サイズ高さ18.8cm×幅・奥行16cm、コード長さ180cm
重さ約760g
容量1100ml
消費電力30W
設定温度25℃〜70℃(誤差±3℃)
付属品ガラス製内容器2個・レシピ・専用スプーン
製造国日本

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料電源コード・プラグの材質梱包材
コードプラグ
ABS、PP、PETガラス、PPPVCPVCポリ袋(PE)、段ボール

CO₂排出量情報

消費電力使用時間CO₂排出量電気代目安
30W週1回5時間、1年間使うと260.7時間3.05kgCO₂約211円

 昭和46年からヨーグルトメーカーをつくり続けているタニカ電器の最新機種をピカイチに推す。編集部で調べた限り、後発メーカーのヨーグルトメーカーは6機種(中国製1機種、韓国製5機種)あったが、いずれも500ml前後のヨーグルトを発酵させるのに7〜9時間かかっていた。
 それに対して本器の発酵時間は5時間。この性能差は「発酵温度をほぼ均一に保つ」ための元祖の設計から生れてくる。

市販のヨーグルトをタネ菌として使えるので経済的。

 550mlのヨーグルトをつくるための材料 は、「牛乳500ml」「タネ菌=市販のヨーグルト50g」だけ。ガラス製の容器に牛乳とタネ菌を入れたら、「40℃」「5時間」に設定してスタートボタンを押す。5時間後には新鮮なヨーグルトの出来上がり。
 出来立てヨーグルトは40℃前後と温かいので、冷蔵庫で冷やして食べる。
 もう一つ、競合品6機種の容器はすべてプラスチック製のため、使用前に熱湯消毒する必要があった。それに対して本器の容器はガラス製(2個付属)なので、電子レンジ消毒ができる手軽さも評価した。
 最大1100mlのヨーグルトがつくれる。

メーカーについて

 画像6枚目はタニカ電器のヨーグルトメーカー第1号(昭和46年発売)。50年にわたって発酵機能の改良を重ねている。
『ヨーグルティアS』の「専用種菌」はこちら

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください