ガス台に"小さなかまど"を再現。高熱で一気に炊き上げた、おねばたっぷり羽釜炊きご飯の旨み。

  • かまどご飯釜0
  • かまどご飯釜1
  • かまどご飯釜2
  • かまどご飯釜3
(約)直径22×幅25×高さ19cm、重さ約3.6kg
(約)直径17×幅21×高さ16cm、重さ約1.9kg
共通材質:陶器、鍋敷・しゃもじ(PP)つき、中国製
使用木材の種類と産地鍋敷(枠)…桐・中国・天然林

※電磁調理器では使えません。
※保温はできません。
※食洗機使用不可。

 ご飯の味にこだわるってガス火で炊いている人は多いですが、ピカイチは土鍋よりもおいしく炊けるこの「ご飯釜」です。丸っこい土鍋のようですが、小さくても構造はかまどそのもの。かまどと羽釜が一体になった蓄熱性の高いこの二重構造がおいしさの理由です。熱を逃がさぬようガス火を覆った「かまど」に「羽釜」を入れて炊くので、羽釜の中は火を点けて10分で約100℃の高温に。
 この短時間沸騰がミソで、お米の細胞が壊れずに糊(おねば)化するからお米の旨みをめいっぱい引き出せるのです。いわゆる「はじめチョロチョロ、中パッパ」の状態。
 あとは火を消して20分、「赤子泣いても蓋取るな」でじっと待つだけ。羽釜を囲んだかまどの余熱と蒸らしでおねばが対流し、お米ひと粒ひと粒に浸み込むため、米粒がピンと立ったご飯に炊き上がります。
 使い始めは水加減で失敗することもあるかもしれませんが、コツをつかめばわが家好みにおいしく炊けるはず。
 考案者は「ご飯博士」の名で知られる江川和徳さん(新潟県食品技術研究会会長)。かまど構造の競合品も出回っていますが、本品はふきこぼれ防止の内蓋をあえてつけていません。その分、羽釜に空間をつくっておねばを対流しやすくしてあるのが江川さんのこだわりです。
 製品化は、新潟県三条市のクリヤマ(1977年創業)。

【愛用者の声】

天野眞理さん(大阪府)

 うちはもう6年これで炊いたご飯。適度な弾力があって、噛みしめるごとにお米の甘みがじ わぁと口に広がります。おいしさは電気炊飯器とは別物です。
 私以上にこのご飯のファンなのは高校生の娘と中学生の息子。塾から遅くに帰ってきても、このご飯だと食欲が出るみたい。ご飯の味につられて野菜のおかずもたくさん食べてくれます。

カート画面に移動

お気に入りリストに移動