熟したトマトもスパッ。抜群の切れ味は熟練職人が研いだ極薄刃から生れる。

  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」0刃先が0.2ミリだから、こんなに薄くトマトが切れる。画像を拡大
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」1本品の刃先の角度は超鋭角の「15.7度」。同価格帯の一般品7種と比較して、もっとも鋭かった。画像を拡大
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」2刃離れがいいから鶏皮、太巻き、具だくさんサンドイッチもきれいに切れる。画像を拡大
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」3やわらかいシュークリームやいちご大福も潰れない。画像を拡大
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」4※2年間有効の無料研ぎ直し券つき(1回限り)。画像を拡大
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」0
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」1
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」2
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」3
  • 超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」4

マック

超極薄刃包丁「極閃-ごくせん-」

万能包丁全長30cm、刃渡17.5cm、重さ160g
ペティナイフ全長23cm、刃渡13cm、重さ75g
材質刃/超硬質モリブデン、クロム、バナジウム
柄/積層合板
製造国日本

※無料研ぎ直し券(1回・2年間有効)つき

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
鋼(フッ素樹脂加工)鋼(フッ素樹脂加工)ボール紙
包丁の刃は薄ければ薄いほど食材に抵抗なく入り込み、スパッと切れる。本品の刃先はわずか0.2ミリしかない。機械で研がれた競合品の半分以下の薄さ。むろん、切れ味はピカイチである。

 刃先が薄ければ、刃先の角度も鋭くなる。本品の刃先は15.7度(画像2枚目参照)。同価格帯の一般品7種と比べてもっとも鋭かった(岐阜県工業技術研究所で測定)。
 皮つきの鶏肉だろうと、ふわふわのロールケーキだろうと、刃先がスーッと入って一息で切れてしまう。
 つくったのは、刃物の街として知られる岐阜県関市に工房を構えるマック(1965年創業)。
 ふつう刃先を薄くするほど刃はもろくなってしまうが、刃先の1ミリ上を“ほんの少し”厚くなるように研ぐことで、「薄い」と「丈夫」を両立させている。
 この刃先の厚さの微調整は機械研ぎではとうていできない。刃に水をかけながら手先の感覚だけで研いでいく繊細な研ぎは、マックでも武藤春光さんと小林克人さん、2人のベテラン職人さんにしか任せられないそうだ。
 刃先以外はフッ素樹脂加工なので汚れがつきにくく、肉の脂も水洗いだけでほとんど落とせる。
 かぼちゃや骨付き肉などの硬い食材は、刃こぼれすることがあるので不向き。
※購入後2年間はメーカーの無料研ぎ直しサービスつき(1回限り。片道送料のみご負担)。


テスト条件

本品と、全国販売されている同価格帯(5,000円台〜9,000円台)、同素材、同サイズ(全長29センチ〜32センチ、刃渡り16.5センチ〜19.5センチ)の一般品7種の小刃角度をレーザー顕微鏡で測定。競合品は21.0度〜39.3度のところ、本品は15.7度だった(16年10月6日実施)。(検査機関:岐阜県工業技術研究)

「キャベツ半玉の千切りがあっという間。スライサーよりも細く早く切れます」

愛用歴4年 中山美保さん(大分市・59歳)

 たしかに、刃をトマトに軽く当てただけでスパッと切れてしまう。これまで経験したことのない切れ味です。
 わが家では夫も息子も大の野菜好きで朝晩に山盛りのサラダをつくりますが、この包丁だと軽い力でキャベツがサクサクと切れてしまう。半玉分を千切りするのがあっという間だから、手首も疲れません。スライサーを使うよりも細く早く切れて、食感もいい。スライサーはすっかりお蔵入りです。
 ほぼ毎日使っていますけど刃こぼれはなし。月に1度、研ぎ器で5回くらい研ぐだけで切れ味は落ちません。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください