動物性油脂ゼロとは思えないおいしさ。国産野菜の旨みだけで肉入りスープに負けないコクが出る洋風だし。

田耕邦子

9種類の野菜畑のブイヨン

内容量1袋100g
賞味期限製造日より2年
保存方法常温保存、常温便
原材料たまねぎ、じゃがいも、にんじん、セロリ、ゴボウ、蓮根、ホウレンソウ、小松菜、にんにく、食塩、砂糖(ビートグラニュー糖)、酵母エキス、醤油、胡椒、馬鈴薯澱粉
アレルギー表示原料小麦、大豆
表示義務添加物なし
製造責任者田耕邦子
製造国日本

原材料と栄養分析値

原材料
栄養分析値(1袋100gあたり)
カロリータンパク質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当
204kcal7.9g0.3g42.5g16700mg42.4g

環境情報

本体容器の材質梱包材
袋/PE・アルミ・PET段ボール
自然食研究家が開発した顆粒だし。野菜まるごとの滋味が旨みの源。

 自然食研究家、田耕邦子さんが開発した化学調味料を使わないだしシリーズ。こちらは洋風メニューに使えるブイヨンです。
 脂質は、小さじ1杯(5g)につき約0.02gとかなり控えめ。03年秋に販売を開始して以来、洋風料理の油分が気になる方から支持されています。
 コクをつくり出しているのは、タマネギ、ジャガイモ、人参、セロリなど9種の国産野菜。丸ごと乾燥させ、水分をとばしてから粉末化しているので、旨みがギュッと凝縮しています。市販のブイヨンがコク増しのために使う動物性油脂や肉エキスは一切入っていませんから、動物の脂独特の臭みやクセがなく澄んだ味わい。満足感はあるのに脂っこくないあと味です。
 旨みが濃いので、パスタやスープに使うと調味料を控えても味がバシッと決まりますし、チャーハンなどの炒め物もコクが出るので、炒め油を少なめにできます。カレーならルーを減らしても十分満足です。クセがなくどんな素材とも合うので、洋風献立はもちろん煮物やあんかけなど、和洋中さまざまな料理に応用可能。淡白な味付けに深みとコクを与えてくれます。
 調味料として入っているのは、酵母エキスや沖縄の海水塩、埼玉産の本醸造しょうゆなど天然由来のものだけ。まずは100mlのお湯にこのブイヨンを小さじ半分ほど入れて、味わってみてください。ライバル品との違いが感じられるはずです。食塩相当量は小さじ1杯(5g)で約2.1g。

原材料

一次原材料産地
加工地
生産者
製造元
二次原材料産地
加工地
食塩沖縄公表不可(編集部確認済み)海水沖縄
砂糖(ビートグラニュー糖)北海道公表不可(編集部確認済み)甜菜北海道
醸造エキス大分興人酵母日本
デキストリン日本
たまねぎ(エキス)愛知公表不可(編集部確認済み)たまねぎ北海道
じゃがいも(粉末)北海道公表不可(編集部確認済み)ジャガイモ北海道
醤油埼玉公表不可
(編集部確認済み)
丸大豆日本
小麦日本
食塩日本
にんじん(粉末)北海道公表不可(編集部確認済み)にんじん北海道
胡椒大阪公表不可(編集部確認済み)胡椒インドネシア
セロリ(粉末)大阪公表不可(編集部確認済み)セロリ長野・愛知
馬鈴薯澱粉北海道公表不可(編集部確認済み)ジャガイモ北海道
ゴボウ(粉末)大阪公表不可(編集部確認済み)ゴボウ日本(主に九州)
蓮根(粉末)大阪公表不可(編集部確認済み)蓮根日本(主に山口)
ホウレンソウ(粉末)大阪公表不可(編集部確認済み)ほうれん草日本(主に熊本)
小松菜(粉末)大阪公表不可(編集部確認済み)小松菜日本(主に熊本)
フライドガーリック兵庫公表不可
(編集部確認済み)
ニンニク青森
菜種油福岡

「これを使うと『どこのブイヨン?』と必ず聞かれるんです。動物性の臭みがないから、シンプルな料理こそおいしい」

 「野菜だけでできたすごくおいしいブイヨンがある」と勧められて以来、もう13年以上愛用しています。
 主宰する料理教室でこのブイヨンのスープを出すと必ず「だしは何?」と聞かかれるんですよ。コクと旨みは肉に負けないのにあと味はすっきり。これを使うと動物性のもの、特にビーフブイヨンには独特の臭いが残ることがわかります。
 卵焼きや八宝菜など和でも中華でも合うので、とても重宝しますね。ちょっと味が足りないときに少量入れるだけで味が決まるんですよ。似たようなブイヨンを試食したこともありますが、人工的な旨みが足されていて全くダメ。これからもこちらにお世話になるつもりです。

愛用歴13年 大久保 博子さん
(76歳・大阪府)

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください