• 基本機能に絞った設計。縫い速度は無段階調節で最低速は毎分60針なので初心者でも安心。
  • 縫い速度は無段階調節。最低速は毎分60針なので、自分のペースで安心して縫える。
  • 釜には故障の少ない垂直半回転釜を採用。
  • 職業用ミシンにも搭載されている90Wモーターを採用。
  • 別売で専用フットコントローラーもあります。

発売から21年。初心者にも上級者にも愛される、基本性能に優れた一生もの。

初心者でも怖くない超低速縫い。中・上級者は高速でスイスイ縫える。

ミシン初心者、ミシンごぶさた読者にとって、ここまで頼もしいミシンはまず見つからないはず。わが国を代表するミシン技術者、山崎範夫さん(アックスヤマザキ)の傑作機です。

初心者の障壁となる「ミシンは怖い」は、本機の超低速縫いを体験すればただちに消えます。手縫いのような毎分60針のゆっくり縫いができるので、ポケットの曲線も針をひと目ひと目追いながら落ち着いて縫えます。

低速で厚い生地を縫おうとすると、ふつうのミシンではパワーが足りず、立ち往生したり、上糸と下糸との絡みが緩くなって縫い目が弱くなりがちですが、本機は厚地になればなるほどモーターの馬力が出る設計。ジーンズの裾上げや布が重なる襟部分もラクラクです。

職業用ミシンと同じ垂直釜を使っているのも縫い目の締まりが強い理由。腕前が上がったら、なめし革や帆布バッグ、コーデュロイのスカートといったお店顔負けの作品にも挑戦できますから、どうぞお楽しみに。

分厚い8号帆布を11枚重ねた10mm厚まで、まっすぐに縫える。

「ミシン初心者の生徒さんでも厚い手織り布で洋服やバッグを縫うことができます」

米田芳子さん(新座市・みはらておりひろば主宰)

96年から織り物教室「みはらておりひろば」(新座市)を主宰しています。生徒さんが自分の好きな糸で手織り布を織ったあと、服やバッグに仕立てるためにはミシンが不可欠です。うちには10代の若者から80歳の高齢の方まで幅広い年代の方がいらっしゃるので、扱いやすい『山﨑ミシン』をオープン当初から使っています。

操作ボタンが少なくてシンプルな設計なので、ミシン初心者の生徒さんでも1日で使いこなせるようになります。いままでミシンに触ったことがなかった生徒さんでも、ひと針ひと針目で追えるくらいのゆっくりスピードですから、怖がることなく安心して縫えるみたい。初心者はベストやボレロから始めてもらいますが、みなさん1時間もあれば仕上げられます。早い方だと1週間程で、自分で手織りした布でバッグを縫えるようになります。

これってすごいことで、手織りの布は織り糸が太いから、ふつうの布の3倍くらいの厚みになってしまうので、じつは縫うのがとっても難しいんです。でもこのミシンは超低速でも厚い布にザクッザクッと針が貫通していくのがすばらしい。針が立ち往生することもないし縫い目も乱れません。厚地でも縫い締りは文句なしで、ためしにぐっと左右に引っ張ってもしっかり縫い合さっています。

私がもう一つ評価しているのが、22年使って修理は1回だけということ。9年めに縫い目が飛ぶようになり、電源の接触も悪くなったので買い替え覚悟で通販生活さんに電話をしたら、「メーカーに部品がありますから、修理できます」って。1週間程で修理が終わりました。ええ、いまも現役です。

山崎範夫の電子ミシン90は通販生活でしか入手できません。
本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品