• 基本機能に絞った設計。縫い速度は無段階調節で最低速は毎分60針なので初心者でも安心。
  • 縫い速度は無段階調節。最低速は毎分60針なので、自分のペースで安心して縫える。
  • 釜には故障の少ない垂直半回転釜を採用。
  • 職業用ミシンにも搭載されている90Wモーターを採用。
  • 別売で専用フットコントローラーもあります。

発売から21年。初心者にも上級者にも愛される、基本性能に優れた一生もの。

初心者でも怖くない超低速縫い。中・上級者は高速でスイスイ縫える。

ミシン初心者、ミシンごぶさた読者にとって、ここまで頼もしいミシンはまず見つからないはず。わが国を代表するミシン技術者、山崎範夫さん(アックスヤマザキ)の傑作機です。

初心者の障壁となる「ミシンは怖い」は、本機の超低速縫いを体験すればただちに消えます。手縫いのような毎分60針のゆっくり縫いができるので、ポケットの曲線も針をひと目ひと目追いながら落ち着いて縫えます。

低速で厚い生地を縫おうとすると、ふつうのミシンではパワーが足りず、立ち往生したり、上糸と下糸との絡みが緩くなって縫い目が弱くなりがちですが、本機は厚地になればなるほどモーターの馬力が出る設計。ジーンズの裾上げや布が重なる襟部分もラクラクです。

職業用ミシンと同じ垂直釜を使っているのも縫い目の締まりが強い理由。腕前が上がったら、なめし革や帆布バッグ、コーデュロイのスカートといったお店顔負けの作品にも挑戦できますから、どうぞお楽しみに。

分厚い8号帆布を11枚重ねた10mm厚まで、まっすぐに縫える。

「透けるほど薄い着物の正絹でも縫い縮みしないし、刺繍が入ったぶ厚い帯でも針は止まらない……なかなかやりますね」

松下純子さん(服飾デザイナー)

着物の色や柄には、現代にないハッとさせられる魅力がありますよね。着ないでタンスに眠らせておくなんてもったいない! と思って考案したのが「着物リメイク」です。貴重な生地を切り刻まないように着物の反物の幅をそのまま生かして、初心者の方でもかんたんに縫える「直線縫い」だけでつくれるようにしています。

通販生活の編集部からの、初心者に人気というこのミシンのモニター依頼は渡りに船でした。ちょうど着物リメイク教室の生徒さんにおすすめできるいいミシンがあればと思っていたところ。辛口でチェックしました(笑)。

まずは難易度の高い「正絹の胴裏」から。着物の裏地に使われるほんのり手が透けるほど薄い生地なので、ミシンで縫うと縫い縮みが起こりやすい。でもこのミシンは縫い縮みもなく、安定したきれいな縫い目でした。

リメイクしたいけど諦めてしまうことが多い刺繍が入った帯も縫いました。ぶ厚くて、パワーがないミシンだと針が立ち往生しますからね。結果ですか? 6mmの刺繍部分もザクザク進んで、クラッチバッグをつくる間、目飛びせずに縫ってくれました。「やるなぁ」と思わず声が出ましたよ(笑)。

まつしたじゅんこ/1974年、横浜生まれ。アパレル会社勤務を経て05年にWrap Around R.を設立。著書『型紙いらずの着物リメイク』シリーズ最新刊は『1枚の着物でセットアップ』(河出書房新社)。

松下さんが本機でつくった着物リメイク作品。

松下さんが本機でつくった着物リメイク作品。
(左)正絹でつくったVネックのブラウス。(右)帯地を使ったクラッチバック。

山崎範夫の電子ミシン90は通販生活でしか入手できません。
本品を見た人はこちらの商品も見ています
あなたが最近チェックした商品