ろ過式フィルターの時代から静電気フィルターの時代へ。

  • 浄水器ナノセラム0
  • 浄水器ナノセラム1
  • 浄水器ナノセラム2
  • 浄水器ナノセラム3
  • 浄水器ナノセラム4
  • 浄水器ナノセラム5
  • 浄水器ナノセラム6
  • 浄水器ナノセラム7

通販生活の浄水器

浄水器ナノセラム®

サイズ幅13.5×高さ21.5×奥行15.5cm
ホース長さ1m
重さ約1.53kg
ろ過流量2リットル/分
材質本体/コポリエステル・ABS・ステンレス・ポリプロピレン
フィルター材質/活性炭・グラスセルロースファイバー
JIS基準12物質除去確認済
付属品浄水原水切り替えノズル、ホース
製造国日本

※フィルター寿命目安は18ヵ月です。
※交換のタイミングは本体のLED赤ランプ が点灯してお知らせします。
※使用済みフィルターは送料小社負担で回収します。
※3年間無料修理は本体のみです。

ナノセラム浄水器の取りつけについてのお問合せはこちらへ

ナノセラム浄水器 お客様相談窓口
電話 0120-69-7266(通話料無料)
受付時間 10:00〜18:00(土日祝も営業)
メールアドレス houmon@cataloghouse.co.jp
※訪問取りつけサービス(有償)のご相談も承ります。
※水道工事は承っておりません。


取りつけ方・フィルターの交換方法は動画でもご紹介しています。

環境チェック情報

主要材料経口部分・食品接触部分使用材料梱包材
コポリエステル、ABSABS、ステンレス、PP、ポリオレフィン、活性炭、セルロース繊維段ボール、ポリ袋(PE)

これまで普及してきた国産のろ過式フィルター(活性炭式、中空糸膜式、セラミック式)では除去できなかったのが、細菌類よりサイズが小さいウイルス類でした。
「どうすればウイルス類も吸着除去できるのか」
―その答えが本品です。

本器のフィルターは静電気フィルター「ナノセラム®」です。

 これまでの主流だった「ろ過式」ではなく、「静電気」の力で細菌類、ウイルス類を除去します。
 フィルター素材はグラス・セルロース繊維です。その一本一本には極小のナノアルミナ繊毛(長さ0.1㎛)が生えており、つねにプラスの静電気を帯びています。
●水道水の旨み成分(マグネシウムやカルシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル)は水中ではプラスの電気を帯びているので、フィルターをラクラク通過していきます。
●一方、細菌類、それより小さいウイルス類は水中ではマイナスの電気を帯びる性質があるので、必然的にナノアルミナ繊毛に引き寄せられて結合(除去)されてしまいます。
 細菌類だけでなくウイルス類も除去できる、この静電気フィルター技術は米・アルゴナイド社の特許技術で、米国の第三者機関、BCSラボラトリーズ社テストでも、そのウイルス除去能力は確認されています。
 これまでもウイルス類を除去する静電気式の海外製浄水器は輸入されていましたが、販売価格は10万円を超えるものばかり。本品「ナノセラム」の誕生によって初めて、3万円台でウイルス類を除去できる浄水器が販売可能となりました。

本器の浄水フィルター「ナノセラム®」の技術は、NASA宇宙技術殿堂入りのすぐれ物。

 アルゴナイド社(米・フロリダ州)の浄水フィルター「ナノセラム」はいま、各国の一流機関でぞくぞく採用されています。たとえば、
 EPA(米国環境保護庁)が河川のウイルス検査用フィルターに。パスツール研究所(仏)が水道水のウイルス検査用フィルターとして。ベノット・ルイジーノ・スプマンテ社(伊の著名なワイン醸造所)が雑菌・不純物のフィルターとして採用などなど。
 開発者のフレッド・テッパーさん(1934年生れ)は、1998年にナノ金属粉末を使った宇宙船燃料の開発に成功して一躍、注目を浴びた人。以後、2002年に「浄水フィルター・ナノセラム」の開発に成功。「ナノセラム」の静電気式浄水技術は2005年にNASA宇宙技術殿堂入り。
 カタログハウスはそのテッパーさんから直接、ナノセラムフィルターの日本販売権を獲得できたため、念願の 「細菌だけでなくウイルスも除去できる高品質低価格の浄水器」を実現できました。

ナノセラムの水のまろやかさはミネラルウォーターとほぼ同じ。

 味覚分析装置の製造で知られるインテリジェントセンサーテクノロジー社(2002年設立)の最新の味覚センサー「TS-5000Z」で本器の水、ミネラルウォーター(代表的な国産品2種)と水道水を分析しました。
 結果は表の通りで、本器の「まろやかさ」「うま味」はミネラルウォーターに匹敵するという結果が出ました(水道水の値を100%として、検査値を数値化)。

まろやかさうま味
ナノセラム133%101%
国産A社141%99%
国産B社117%97%
水道水100%100%
本品のコストは500ml当りたった11.2円(18ヵ月)。19ヵ月めからはなんと4.5円。

料理と飲料に1日3.3ℓ(1ヵ月100ℓ)として試算。

編集部調べ
(2020年11月27日)
1ヵ月当り100ℓとして500ml当り
ナノセラム当初18ヵ月2,231円(※1)11.2円
ナノセラム19ヵ月以降898円(※2)4.5円
国産ミネラルウォーター大手3社
500mlペットボトル
14,100円〜22,000円71円〜110円
ウォーターサーバー
主要3社平均
11,396円57円

(※1) 本体+フィルター39,800円÷(フィルター寿命18ヵ月)=1ヵ月当り2,211円。水道料金1ℓ0.2円、1ヵ月分20円として加算。
(※2) 19ヵ月以降は本体費はなし、フィルター代のみ15,800円÷18ヵ月=1ヵ月当り878円。水道料金1ℓ0.2円、1ヵ月分20円として加算。

ちょっとコワイ話日本の水道水は世界一おいしくて安全だとききますが、100%安心できますか?
「水道水は安全でも、たとえば検査を受けていないマンションの受水槽は全国にまだ80万基も残っています」

奥村明雄さん(一社・全国給水衛生検査協会会長)

 たしかに厳しい安全基準で管理された日本の水道水は安全です。しかし蛇口から出てくる水はどうでしょうか。水道局が管理しているのは、道路の下を通っている配水管までで、配水管から自宅に引き込む給水管の管理は建物管理者の責任になります。
 マンションや雑居ビルの受水槽では、容量10立方メートルを超える大規模受水槽は年1回以上の清掃と検査が義務づけられている一方、水道法で義務がない10立方メートル以下の小規模受水槽となると、国内80万基のほとんどが検査を受けていません。
 何年も放置された受水槽は内壁にサビが出ていたり、藻が生えていたりします。19年2月に兵庫県で起きたノロウイルスによる集団食中毒は、受水槽への汚水流入が原因でした。

おくむら・あきお●京都大学卒業後、厚生省、環境庁などを経て現職。貯水槽の検査と清掃の重要性を発信している。

あまりコワがらなくていい話厚生労働省健康局水道課の「水質汚染事故の発表」によると、03年以降のノロウイルス事故は次の通りです。

  • 2003年3月17日 新潟県 井戸水
  • 2003年6月10日 石川県 井戸水
  • 2005年3月16日 秋田県 簡易水道
  • 2013年5月9日 大阪府 簡易専用水道
  • 2019年2月5日 兵庫県 簡易専用水道
※簡易専用水道は10立方メートルを超える受水槽を持つ設備のこと。

新型コロナウイルスは水道水にも侵入するのでしょうか。

「新型コロナウイルス等の予防」に関する東京都水道局の見解(ネットからの抜粋)。
 コロナウイルスに分類されるウイルスに対しては、一般的に、塩素等による消毒の効果が高いため、適切に塩素消毒されている水道水が原因となって新型コロナウイルスに感染することはない、と考えられます。
 また、予防の観点から手洗いは水で洗うだけでも一定の効果があります。石けんでよく洗ってから豊富な水量で洗い流すと、より大きな効果があることが確認されています。

受水槽検査についてのお問合せは、全国給水衛生検査協会(044-270-4375)まで。

テスト条件

細菌除去テスト条件……米国P231規格によるRT(大腸菌群)除去テストにおける初期値。(検査機関:米国第三者機関BCSラボラトリーズ)
ウイルス除去テスト条件……米国P231規格によるMS2(腸管系ウイルス)除去テストにおける初期値。MS2はEPA指針による代替ウイルス。(検査機関:米国第三者機関BCSラボラトリーズ)

JIS12物質除去テスト条件……JISの定める試験法JIS S3201に基づき、5000ℓ通水後の除去テストを実施。総トリハロメタン、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、 ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、2-MIB、CAT、溶解性鉛、遊離残留塩素の除去率は80%以上、濁りはろ過流量50%以上だった。(検査機関:(株)兵庫分析センター)

「雑味がなくてまろやか。わが家の水道水が、千曲川氾濫以前の信州の水に戻りました。」

愛用歴1年 山本麗子さん(料理研究家)

 2年前の台風で市内を流れる千曲川があふれたあと、水道水のカルキや雑味が気になるようになりました。それで一時、ウォーターサーバーを使っていましたが、水代が1ヵ月4000円もしたので昨夏、ナノセラムに乗り換えました。カルキも雑味もなし、スーッとのどに入ってきて、舌の上にほのかなやさしい味が残ります。まさに信州の水の味です。


「下北沢の水道水が、とても柔らかくなりました。この違い、常温のほうがよくわかる。」

商品チェック 大山拓朗さん(茶師十段)

 50年近く、下北沢の水道水を飲んで生活してきました。これまで臭いも、味も、水道水への不満はなかったのですが、ナノセラムを通した水を飲んで驚きました。ひとことで言えば「柔らかい」、そのうえ舌の付け根の両側にほんのりと甘みを感じる。こんなに味が変るとは想像以上でした。冷やせばおいしくなる水は多いけれど、これは常温でおいしい。

お気に入りリストに移動


ログイン

ご確認ください