時代の老いるショック

104

『在職中に使っていた赤い革の名刺入れ、けっこうお洒落で気に入っていたが、今は診察券入れにしている』

るるる・62歳

103

『“先着〇名様無料進呈”のチラシに釣られ早朝から並ぶ両親の気が知れないと思っていたが、ついに私もデビュー! 気持ちがわかる』

しんゆうママ・60歳

102

『「国鉄」「電電公社」と言ってから「JR」「NTT」と言い直すのが常態化している』

マコちゃん・70歳

101

『スマホの自撮りのやり方を教わっていたら、突然みにくいババアの顔が画面に現れてビックリ! それが自分だと気付いてさらにビックリ!』

R・S・75歳

100

『美術館に行ったら70歳以上は入場料半額。受付で証明のマイナンバーカードを出そうとすると「あ、いいです」とあっさり。クヤシイ』

眠り猫・71歳

99

『犬の散歩中、交差点で犬に行き先指示される。ついていくしかない』

バーバラ・76歳

98

『電車やバスの中で「アァーッアッ!」と声を出してアクビするのが平気になった。それどころか良い気持ち』

寝る子は育つ・60歳

97

『歯科医で歯石と黄ばみを取ってくれた。「こんなに綺麗になりましたよ」と鏡を渡されるが映った顔のシミとシワの多いこと! 歯を見る余裕はなかった』

はもはだも・77歳

96

『スマホをどこに置いたか忘れた時は、家の電話からかけて鳴らす。着信履歴は自宅ばかり』

菜畑・76歳

95

『高校時代を知っている甲子園球児が、プロ野球の監督になっていて老いるショック』

前園です・43歳

94

『若い頃はお酒を飲んだら、朝までぐっすり眠れた。今や、夜中に何回かトイレに走る。あの熟睡感が恋しい』

non・46歳

93

『映画館では前方真ん中の席で鑑賞していたが、今は上映中のトイレが心配で、後方ドア近くの席に座る』

シドロモドロフ・61歳

92

『娘(3歳)と児童館で借りたレジの玩具にビックリ。支払いは「現金、クレジットカード、電子マネー」の選択式。ポイントカードとエコバッグを持っているかも確認される』

もものおねえちゃん・37歳

91

『絆創膏、頭痛薬、足がつった時の漢方薬、風邪薬……化粧ポーチはもはや救急箱。かろうじて眉ペンだけ入ってます』

ひろきのバァバ・64歳

90

『中2男子にミスチルの話をしたら「あの懐メロ的な? ウチのおばあちゃんが好きだったって」と、何の迷いもなく言われた。せめて、お母さんが、であってほしかった』

マッキー・67歳

89

『代々うちの家系は髪が薄い。孫(男)が髪をいじってくるたび「お前もな……」と思う』

アメリカンじいじ・65歳

88

『職場の研修会で会費を集めに回ったら、新卒新入社員くんが「お金がない!」と慌てている。「立て替えておくよ、私もよく昔、先輩に助けてもらってね……」と喋っているそばから「あ、すぐ返します。PayPayでいいですか」と爽やかにスマホで払っていった』

ティエン・53歳

87

『読書好きで小説等は図書館で借りている。手もとに置きたくて買うのは膝関節を治すとか健康に関する本ばかり』

アラフィフですが・47歳

86

『最近かわいい! と思って調べたアイドルが全員年下でした。もう自分より年下しかデビューしない年齢なんだなと実感しました』

しらたまざいぜん・22歳

85

『セミナーで配付された資料にショック。年代別の体力や記憶力の数値が79歳までしか載っていなかった』

千里の十三番さん・83歳

84

『若い頃は立ったままサッとズボンが履けたのに、今は壁によりかかって転倒に気を付けて履く。靴下はイスに座って履く』

ムーラションヌ・70歳

83

『最近、テレビのCM(物語風)が、最後まで見ても結局なんの宣伝なのか分からない』

バブル・70歳

82

『役場から介護保険証と毎月の引落し明細が届いた。「母は去年亡くなったのに」と不審顔の夫(65歳)が、自分のだと知ってショックを受けていた』

ハリーの心・62歳

81

『歯医者に行く前日は診察券に保険証、財布、ハンカチと念入りに整え、当日はもう一度チェックして出発。以前は行く直前に用意していたのに』

M・Y・75歳

80

『ペットを飼うときはまず寿命を調べるようになった。先に死なないように』

カワイタスク・43歳

79

『20歳頃と比べ、眼の大きさが半分くらいになった。写真を見ると別人のようです』

neko・62歳

78

『洋服を選ぶ基準の最優先が「太って見えないか」になった。前は「好きなデザインか」だったのに』

アラフィフですが・47歳

77

『胸部レントゲン撮影、以前は「ネックレスや金具の付いた下着は着けていませんか」だったのに、最近は「こう薬や絆創膏を貼ってませんか」と聞かれる』

もよ・58歳

76

『主人(73歳)は靴屋に行くと、「これ何文?」と聞く』

ジャイアント馬場は十六文・55歳

75

『洋服を買いに行ったとき、年寄りっぽいのは嫌なので若い人の売り場へ。体型はもちろんデザインも無理でした』

ともたん・69歳

74

『定年退職後、家に居るようになった。キッチン家電が急に歌ったり喋ったりすることに驚いてオタオタする』

保健委員・63歳

73

『元号が令和になって4年目。ついつい令和の前は昭和だったような気がしてしまう』

チャリ子・54歳

72

『笑うと上の入れ歯が落ちてきてしまう。人ごとだと思っていたが笑えない哀しい事実』

ザ・チコちゃん・75歳

71

『先生は「先に生まれる」と書くのに、私が先生と呼ぶ人は皆、年下の人ばかりなった』

かよゴン・67歳

70

『年金をもらうのが最大の楽しみだったが、いざ支給されると税金をひかれた後の残高の低さにびっくり』

おかん・65歳

69

『写真の整理をしていたら、息子が私達夫婦の若い頃の写真を見て「これ、誰?」と本気で聞いてきた』

まあちゃん・69歳

68

『先日中学校を卒業して、バイトができるように。今までは欲しいものがあったら「まだ働けないから」と両親にねだっていたのに、できなくなってしまいました』

ゆうさく・15歳

67

『昔は新しいものにすぐに飛びついていたのに、今は怖くて携帯もガラケーのまま。スマホにして使いこなせなかったらと足がすくんでしまう』

F・Y・57歳

66

『大学生さんに「名前に【子】がついてるの珍しいですね。」と言われた。時代を感じる』

あき子・43歳

65

『友人主催のオールディーズライブへ。楽屋をのぞくと、全員が「ヅラ」をはずしてくつろいでいた』

みりんぼし・66歳

64

『40年ぶりに人生ゲームをした。昔は「どん底」になっても笑い飛ばしていたが、妙に落ち込み素直に楽しめない自分がいる』

念仏申すお婆・63歳

63

『衣料品売り場で「とっくりはどこだ」と後輩社員がお客様に聞かれてオロオロ。タートルネックだと教えた。チョッキはベストだと付け加えておいた』

はんほん・46歳

62

『若い頃はお父さん似(細目でハンサム)と言われたが、近ごろ鏡の中には太目の母親が映っていると気付く』

やっぱり親子・64歳

61

『試着室に入ったら前からおばさんも入ってきたので「どうぞ」と言って出たらおばさんも出た。私じゃん!』

アゲハ・60歳

60

『20年ぶりにギターを購入したが、老眼で弦をペグに通せなかった』

にゃんきち・53歳

59

『新聞記事のスクラップ帳が500冊以上ある。孫に「これ読むと勉強なるぞ」と渡そうとしたらネットで明治の記事も読めるからいらないと言われた』

ハマさん・75歳

58

『指の力が衰えて袋を開ける時は必ず鋏を必要とするように。台所のすぐ手に取れる場所に置くようになった』

潤子・65歳

57

『脱炭素、2050年目標実質ゼロとかニュースになってるが、俯瞰するしかない』

婆餡庵の雪・82歳

56

『以前は点滅信号で駆け足をしていたが、最近は点滅したらわざとゆっくり歩く。信号待ちで休憩したいから』

しびれ・67歳

55

『冬はトイレで脱ぐものが多すぎて(ズボン、スパッツ、タイツ、パンツ)、間に合わないかもと焦る。出る時も履くものが多すぎて時間がかかる』

短髪おばさん・77歳

54

『髪の毛が抜けるだけでもさびしいのに、その髪が白髪だったときのショックといったら』

シュークリーム・47歳

53

『昔はヘアスタイルが気になり帽子をかぶれなかったが、今は帽子をかぶらないと外出できない』

コスモス・74歳

52

『目にメガネ(老眼)、耳に補聴器、口にマスク。3種の神器が煩わしい』

カズコ・65歳

51

『カラーテレビ、買い替えたいと言ったら、子供から「カラーって何?」と聞かれた』

N・M・61歳

50

『洋服のウエストをどう見せるのが正解かわからない。この上着の場合はズボンの中に仕舞うのか? 出すのか? 昭和的に見えないようにと考え過ぎてしまう』

いくしろ・51歳

49

『最近、続けざまに家電を買い替えた。その都度「これが人生最後の電子レンジかも」などと思う』

ミネちゃん・67歳

48

『庭木の手入れをするのに脚立に上ったら、怖くなって2段しか上がれなかった』

昔おてんばだった・77歳

47

『老人が床に落ちた物を拾うのを、若いときは膝を曲げればいいのにと見ていたが、今や自分が膝を曲げずに拾っている』

マイちゃん・79歳

46

『4歳の孫に、「ユーチューブの〇〇〇見たい」と言われた。何をどうすれば良いか分からずうろたえた』

もう化石・72歳

45

『子どもの頃、父親のくしゃみの音が大きいのが疑問だったのに、気づけば自分も大きなくしゃみをしている』

オーランド・48歳

44

『ネット上で生年月日を記入する時、スクロール式だとたまらん! 生年がいくらスクロールすれどもでてこない』

昭和生まれ・69歳

43

『若い頃から歩くのは遅いので、年をとっても変わらないだろうと思っていたが、幼稚園に向かう親子連れに抜かされたのはショックだった』

ゆぬーぴー・60歳

42

『老いてからの1年の凄い落差に驚きます。去年歩けた10000歩が今1000歩』

ふくばあ・81歳

41

『知人(男性・20代半ば)から彼女がキャビンアテンダントをしていると聞き、「スチュワーデスさんなんだ」と言ったら、分からなかったみたい』

H・T・53歳

40

『40代のときに買ったネックレスの留め金が小さくてなかなかとめられず、バス(1時間に1本)に乗れなかった』

のりちゃん・80歳

39

『階段の踊り場に何の意味があるのかと思っていたが、近ごろは上りきれずに一息つけるありがたい場所だとわかった』

短髪おばさん・77歳

38

『洋服ダンスの中で、喪服が幅を利かせるようになってきた』

素面・63歳

37

『スーパーに行くだけの生活になってしまった。ついつい毎日同じ服になってしまう。まるで制服……』

こってウシ・59歳

36

『財布が小銭で満杯です。お札で支払ってお釣りをもらいます。小銭を出すのが面倒なので』

H・K・78歳

35

『近頃何事もはかどらない。朝御飯作って食べて歯磨きして、少しテレビを見てるとお昼。作って食べて歯磨きして少しテレビ見て、また夕飯作って食べて歯磨き。少しテレビ見て1日が終わる』

のんちゃん・72歳

34

『旅行の支度で舞い上がっていたら、化粧品より薬の数量が多かった。高揚感が急低下した』

菊千代侍・62歳

33

『昔は主人と大型電器店に行くと見るものすべてにワクワクしていたけど、最近は使途不明の商品ばかり。唯一分かるテレビ売り場で映し出される映像をボーっと見てしまう』

あずき・59歳

32

『昔から、年寄りじみた物言いだったので周囲から「若年寄」と言われていたが、気づいたら「若」が取れ、今はただの年寄りになっていた』

かつおぶーしー・50歳

31

『ガソリンスタンドの料金表がどうも血圧値に見えてしまう』

ゆっきーよ・59歳

30

『自分の誕生日、人生も折り返しだなと思い歳を2倍したら平均寿命を越えていることにショックを受けた』

トリーノ・50歳

29

『81歳の父はすぐ『今は昭和でいうと何年だ?』と聞いてくる。もしかすると平成のことは忘れているのかもしれない』

もうすぐ昭和100年・44歳

28

『サイズ的にはOKでも、膝が出るスカートを履くと痛々しくなってきた』

くまくま・49歳

27

『女子高生が車内で話しているのが聞こえてくるが、流行語や省略語ばかりでさっぱり分からず外国に行ったみたい。いや、宇宙かも……』

宵猫・72歳

26

『スキー板やブーツ、もう絶対に使うことはないけど捨てられない』

のぶさん・65歳

25

『“コアラのマーチ”の絵柄が老眼でよく見えない。もはや年齢に見合わないおやつなのかも……』

ゆみこ・55歳

24

『なんの違和感もなく、ロシアをソ連と言っていた』

アキコ・51歳

23

『再放送のドラマを見ていると、『この役者さんはまだ生きてるか』と気になってスマホがもっぱら生存確認ツールになっている』

M・F・78歳

22

『定期的に届く無料ファッションカタログ、センスが良くなったなァ前は欲しいものがなかったのにと楽しく見るうちに気付いた。いつの間にかミドルシニア向けに切り替わってる!』

木霊・49歳

21

『胸元にレースのついたおしゃれタンクトップ、肌着が過って見えていると思われるのではと不安で着られない。昔は気に入っていたのに……』

ちゅん・55歳

20

『大学生になったら急にプリクラを撮ることが恥ずかしくなりました。小中高とあんなに撮り続けていたのに、『ババァがプリクラ撮っていいのだろうか』と引け目を感じてしまい、全力で盛りにいけないのです。精神の老いを感じます』

お湯・19歳

19

『モノマネ番組の3分の1くらいは、出演者が誰を真似しているのか分からないので楽しくない(若い歌手らしい)。スタジオのタレントたちは大爆笑しているのだが』

リトルトゥース・60歳

18

『町内に美容室は一軒。隣近所のおばちゃん達の髪型はみな同じになった』

H・S・65歳

17

『ニュースでよく耳にする“ ダイバーシティ”、お台場の街ことだと思っていた。妻に聞いたら「海底都市じゃないの?」と言っていた』

江戸っ子・81歳

16

『スターバックスでの注文はいつも緊張する。事前に頭の中で注文を復唱し、さりげなさを装う自分にションボリ』

眠り猫・68歳

15

『プロ野球の監督に年下しかいないことに気付いた時、自分も歳をとったなと感じたが、今や国会議員にも年上が数人しかいない』

すなやん・78歳

14

『不動産のセールス電話、「分譲・投資マンション」から「看護師常駐物件」に変わってきた。年齢付きの個人情報が流出しているらしい』

エアチェック・65歳

13

『「3密、壇蜜、せんみつ」とダジャレを言いたいのを日々グッとこらえている。「せんみつ」とはもちろん、せんだみつおさんです』

シースー・64歳

12

『ラジオでいつも懐メロが流れている時間帯、久々に聞いたら意外にワクワクする曲が続く。番組が変わったんだねえとダンナと話していて気付いた。私が好きな曲がもう懐メロと呼ばれていることに』

るー・53歳

11

『初めてのスーパーで自動精算機と格闘する私。「ここのはちょっと面倒よね!」とかなり年上の方に慰められた』

かちわり・62歳

10

『レストランやトイレで動きの遅いご年配を見てイライラしていたが、家の洗面所でふと振り返ると、嫁がイライラしていた。わたしも年配か!』

レモンケーキ・60歳

9

『電車で女学生に初めて席を譲られた。子どもではなく女学生だったのがショック。とっさに適当な言葉がでず固辞してしまった』

シークン・65歳

8

『歌手の横文字名についていけない。男?女?グループ?個人?これは曲名?』

H・S・73歳

7

『恥ずかしい、パスタって言うのは』

ようちち・49歳

6

『テレビで見るカッコイイ男性はすべて、 “弟だったらいいのに”と思うようになりました。昔は“彼氏だったらなー”と思っていたのに』

あきぴょん・53歳

5

『親戚の元コギャルが老眼になっていた。眼鏡をずらして目を見開きながら文字を見ている』

フランク・雑多・57歳

4

『ゴミ出しのルールを守らないマンションの住人がいる。「最近引っ越してきた30代の男の人らしいよ」と聞いて、「ったく、最近の若いやつは」と言った自分にショック。このセリフ、しかも30代に向けて……』

白米・56歳

3

『カラオケに行って、誰かが「はい、今から一時間は昭和の歌限定コーナー!」なんて言ってくれるとホッとする』

パプリカ・54歳

2

『昨年、野球の話をしていて、「大洋の筒香(つつごう)選手ってメジャー挑戦したんだよね」と言って周囲をポカンとさせてしまった。大洋ホエールズ、もう誰も知らないですね』

ほたる・54歳

1

『「ちり紙」が通じない。だから「ちり紙交換」も通じない。20代の子に「ちり紙となにを交換するのですか?」と質問された』

ようちち・49歳