コータリさんの要介護5な日常

<毎月第2・4火曜更新>2011年、突然のくも膜下出血により要介護5となった神足裕司さん(コータリさん)と、妻の明子さんが交互に綴る「要介護5」の日常。介護する側、される側、双方の視点から介護生活を語ります。

連載第37回「海外での体験」

新しいことを始める時乗り越えなければならないことがあるのは、今のボクも健常な人も同じ。

神足裕司(夫・介護される側)

人と話すのは楽しい。

 ハワイからの帰りの飛行機でこの原稿を書いている。
 要介護5の体になってからも、ありがたいことに色々なところへ旅に出た。海外や国内、その時々の苦労話はきりがない。けれど、それと比べものにならないくらいなハッピーな体験も多い。

 車椅子に乗っていると話しかけられる回数が倍増するような気がする。「Good morning」「Have a nice day」は目が合えば当たり前。まあ、普通だってあたりまえか。道を聞かれたり「どこへ行くの?」「何か助けることはある?」行き交う人が普通に声をかけてくる。
 意外なのは道を聞かれる回数がすごく多かったことだ。妻は昔から海外でも日本でも道を聞かれたり、写真撮影なんかも頼まれるタイプの人間なんだけど。車椅子になったらボクも、特に海外で増えた。車椅子=現地の人と見られるのかもしれない。
 人と話すっていうのは楽しいもんだ。
 スタバでお茶をしていたら隣に座ったおばあちゃんに「ツーリスト?ここに住んでるの?」を皮切りに「なんで車椅子なの?」「いつから?」なんて延々と30分以上話し続けていた。「なんで車椅子になったの?」なんてなかなかゆきずりの人に、日本では聞かれることなんてない。

 今回ハワイに行ったら是非やってみたかったことに「Apple Vision Pro」の体験があった。
 日本でも6月28日に発売になったばかり。最初のうちは日本での体験は大変だろうと、ハワイでApple Storeに予約した。こちらでは、アプリも説明も画面も全て英語だ。第一この「Apple Vision Pro」 には、リアルリモコンが標準ではついてない。(日本で発売されているみたいだ)全てHMD(ベッドマウントディスプレイ・頭部に装着するディスプレイ装置)の中でハンドトラッキング(空間に架空の自分の手が現れて、自分の手を動かしたのと同様に動く)がリモコンがわりだ。リモコンという観点が古い。空間コンピュータニング(現実空間とデジタル空間を融合させる技術の総称)なのである。

Apple Vision Proを体験中の神足さん(写真・本人提供)

 左手が麻痺しているボクは、左手を使ってつまんだり、引き伸ばす動作をしたり、そんなことが苦手だ。リアルリモコンのVRの時だって同じわけで、左手のリモコン操作が難しいのは同じことのはず。けれど、どうも空間のものを掴んだり選んだりが出来ない。ボクの身体をみて、Apple Storeの担当者もVision Proの中を iPadに写し、最大限のフォローをしてくれている。

 中々できないなあ。MetaのVRゴーグルに出会った時だって「神足さんにはできないかもね」そんなことを言われたが、なんとか使いこなしている。

 新しいことを始める時、乗り越えなければならないことがあるのは、この身体になってから、さらにハードルが高くなった。でもね、健常な人だって、努力が必要なことがたくさんあるし、今のボクだって同じだ。憧れて体験したかったVision Proだもの、次回はもう少しできるようになると思う。
 今回は同行の娘にチュートリアルの部分から変わってもらい、体験した。
 8Kの画像は今までのVRとは比べ物にならないほどの美しさと臨場感だ。違う世界に没入できる。
 娘なんて恐竜が首を振ったら、思わずのけぞっていた。自分の今いる世界なのか架空の世界なのか、わからないくらいだ。

 ただ、今まで発売された国では爆発的ヒットには至っていないらしい。まず値段が高い。3500ドルだから日本円では約59万円。
 今までのHMDに比べたら10倍近い値段だ。それと、一般の方にもハンドトラッキングは中々ハードルが高いとの噂。普及版のローコストのものが出るとも聞いたけど、8Kであったとして、どこを削って安くするんだろうか?
 いい体験をした。日本でも落ち着いた頃にまた体験してみたい。
 そうそう、Apple Storeの優しい熱心なプロモーターが「あなたが今使っているinsta360 X3というカメラも、X4なら8 Kに対応していますよ。よかったですね」と手持ちの360度カメラの後継機種なら大丈夫だと教えてくれた。いやはや、文明の進歩についていくのは、お金がかかる。

 今回の旅も飛行機の予約から、レンタカー、ホテルの予約とバリアフリーにするために大変努力してもらった。その辺りができていなくては、要介護5の旅は安心できなかっただろう。
 詳しくは次回に続く。

Apple Vision ProとApple Store前での一枚(写真・本人提供)

7月23日更新です。

神足裕司

こうたり・ゆうじ●1957年広島県生まれ。大学時代からライター活動を始め、グルメレポート漫画『恨ミシュラン』(西原理恵子さんとの共著)がベストセラーに。クモ膜下出血から復帰後の著書に、『コータリン&サイバラの介護の絵本(文藝春秋)』など。

神足明子

こうたり・あきこ●1959年東京都生まれ。編集者として勤務していた出版社で神足さんと出会い、85年に結婚。1男1女をもうける。

コータリさんと明子さんへの応援メッセージ、取り上げてほしいテーマをお寄せください。

ご意見・ご感想はこちら

バックナンバー

コータリさんの要介護5な日常TOPへ戻る